top of page
  • れな

エネルギーバンパイアは顔や見た目で見分けることができるの?

エネルギーバンパイア(エナジーバンパイア)の概念を知ったとき、「関わりたくないな」と思うでしょう。出来れば知り合いになる前から見分け、関わらずに暮らしたいものです。

エネルギーバンパイアの人は、顔や見た目で見分けがつくのでしょうか?



エネルギーバンパイア特有の顔というのはない。見た目の特徴もない。

まず、エネルギーバンパイア特有の顔の特徴などというのはありません。

たとえば、「どこどこにホクロがある」だとか「いつも肌を隠す服を着る」だとか、エネルギーバンパイアに共通する見た目の特徴などもありません。



顔や見た目に、ある程度の傾向はみられる。

エネルギーバンパイアに特有の特徴はありませんが、顔や見た目に、ある程度の傾向はみられます。見分けにおいて、ある程度は参考になるでしょう。


目にクマがある。いつも悲しそうな顔をしている。

エネルギーバンパイアの中でも人に心配をかけるタイプの人は、ある程度顔や見た目に傾向が出ます。目にクマがあったり、いつも悲しそうな顔、不安そうな顔をしているような人です。

うじうじしているため、友人や親などが心配をこうむりがちだ、ということは察せられるでしょう。


顔が美人なうえにメイクが濃い。

「美人にはわがままな人が多い」というイメージがあるでしょう。美人のすべてがわがままなわけではないですが、たしかにその傾向はあります。

美人の中でもメイクの濃い人は、人からの注目を欲しがったり、精神性が低い傾向にあります。わがままで周りを振り回したり、マイペースであったり、することが多いです。

肌荒れをメイクで隠しており、つまり食事や生活がバブリーな人が多いです。浪費気質で、家族や恋人は大変な思いをします。


金のネックレスやブランド品など、見た目が派手。

金のネックレスをしていたりブランド品を見せつけていたりなど、見た目が派手な人にはエネルギーバンパイアな人が多いです。

人からの注目を欲しがったり、強欲でぜいたくな人が多いです。また、無神経な人が多いです。


不良、チャラい、ギャル、ギャル男。

不良、チャラい、ギャル、ギャル男というような、見るからにモラルの低そうな外見の人は、やはり精神性が低く、エネルギーバンパイアであることが多いです。

わがままだったりずるかったり、浪費、快楽主義だったりして、周りが迷惑をこうむりやすいことは想像に難くないでしょう。



要は、性格に難のありそうな人。

エネルギーバンパイアを見分ける顔や見た目の特徴とは、要は「性格に難のありそうな人」です。

隠れ魔法使いを探すような話ではなく、単純に、性格の悪そうな見た目の人は人を振り回し気味で、すなわちエネルギーバンパイアです。

性格が悪そうでなくても、うじうじした感じの人も周囲を心配させ気疲れさせ、手間をかけさせたりするため、要注意と言えます。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page