top of page
  • れな

エネルギーバンパイアとは?~新手のエネルギーバンパイアのほうが厄介かも?~

エネルギーバンパイアに手を焼いている人は少なくないことでしょう。何か良い対策はないのでしょうか?



エネルギーバンパイアとは?一緒にいることでひどく消耗させられてしまう人。

エネルギーバンパイアとは、一緒にいることで気力や時間をひどく消耗させられてしまう人のことを言います。霊感の強い人は、この影響を如実に感じるので注意が必要です。



エネルギーバンパイアには、2つの種類が存在します。

エネルギーを吸い取るタイプのエネルギーバンパイア。

1つ目は、「エネルギーを吸い取る」人です。この人と一緒にいると、ただお茶をしながらしゃべっていただけなのに、その直後にどっと疲労感を感じ、眠くなってきます。

これが、本来の意味のエネルギーバンパイアです。


依存的な人、霊能者好きに多い。

依存的な性格の人に多く、霊能者やカウンセラーに相談したがる人に多くみられます。グチの多い人などもそうした傾向にあります。



何かと手がかかるタイプのエネルギーバンパイア。

2つ目は、「なにかと手のかかる人」です。

これは、元々はエネルギーバンパイアのことではありませんでしたが、近年のスピリチュアリストはこのような意味でもエネルギーバンパイアという言葉を用います。


粗相の多い小さな子供。かまってほしがる子、欲張りな子、自分でできない子。

たとえば、小さな子供などがわかりやすいでしょう。

あなたがリビングで趣味の絵画を楽しもうとしているのに、「かまって!」「お腹すいた!」「ジュースこぼしちゃった!」といった具合に次から次へと注文をぶつけてきて、あなたは自分のやりたいことができなくなります。さらには、体力やお金、物を消耗させられることにもなります。


プロテクションなどしても防げない。

プロテクショングッズなどでは防げはしません。神や天使に祈ったところで、その子の粗相や身勝手が軽減されたりはしません。

その人と距離を置くか、または地道にしつけを行い、一人立ちさせるしかありません。



お母さん自身も旦那さんに迷惑をかけていないか振り返ってみて。

こうした子を持つお母さんは、あなた自身が旦那さんや自分の親に対して同じような迷惑をかけていないか、振り返ってみてください。手間のかかる子は、だらしない母親のもとに生まれてくることが多いのです。

母親が自立的であればあるほど、献身的であればあるほど、自立的で献身的な魂を持った子が生まれてきます。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page