インナーチャイルドワークの正しいやり方。自分で出来るし、セラピーは必要ない。

「インナーチャイルドを癒したい」という気持ちがとても強いなら、むしろこの記事は読まずに他の記事を探したほうがよいです。

インナーチャイルドを癒そうとヒプノセラピーや様々なワークに取り組んでみたけれど、効果がなくて疑心暗鬼になっている人は、感じるものがあるでしょう。



インナーチャイルドワークを提供する人が、そもそもインナーチャイルドの真意を理解していない。

インナーチャイルドワーク、インナーチャイルドセラピー、ヒプノセラピーなど提供しているスピリチュアリストが、そもそも「インナーチャイルド」というものの真意を理解していないのです。だからインナーチャイルド界隈は不毛な模索が繰り広げられます・・・。


インナーチャイルドの真意を理解しているのは、アダルトチルドレンを診察する年配の精神科医の一部程度かと思われます。日本には、ほとんどいないです。



インナーチャイルドの本来の意味とは?

「インナーチャイルド」の意味は、時代とともに変わってきています。

もともとインナーチャイルドとは、スピリチュアル用語ではなく精神科における比ゆ用語の1つでした。

アダルトチルドレンという概念があります。親がDVやアルコール中毒であるなどで充分な家族愛を体験できずに育った、メンタルにわだかまりを抱える成人を指す言葉で、これ自体も正式な医学用語ではない俗語です。

DVなどにさらされる前の、「純粋な自己、本来の自己」の意味でインナーチャイルドという言葉が用いられはじめました。「DVなどで屈折する前の、本来の自分のほうを育ててあげよう」という考え方をアダルトチルドレンの医師たちはとり、その説明のための用語だったのです。


やがてこの言葉が、ニューエイジ、精神世界、スピリチュアルの業界で好まれはじめると、DV親の問題にかぎらず、「子供の頃に満たされなかった願望、今でも抑圧された感情」の総称としてインナーチャイルドという言葉が用いられるようになりました。


ヒプノセラピーの霊視体験と結び付けられるようになると、「インナーチャイルドという小人のようなものがあなたの心の中にいる」などと語られるようになり、ヒプノセラピーの体験中に霊視できる存在だ、と語られるようになりました。


スピリチュアルな商売の広がりの中で、「尾ひれ背びれがついていった言葉」なのです。



インナーチャイルドワークとは、まぶたの裏の「小さな子供」を抱きしめることではない。

インナーチャイルドワークとは、一般論としてはヒプノセラピー的なことを行ってまぶたの裏に「小さな子供」を見つけ、それをイメージの中で抱きしめてあげたり光で包んであげたり、プレゼントをあげたりして癒してあげる、というものです。

しかし、このようなことを行っても、実際にはあなたのインナーチャイルド(心の中のわだかまり)は癒すことは出来ません。他のヒプノセラピストに変えたところで結果は同じですし、インナーチャイルドワークの本やワークショップを幾つ当たっても結果は同じなのです。



インナーチャイルドなる妖精は実在しないことを理解して。

インナーチャイルドワークを求める人は、インナーチャイルドなる妖精や小さな子供を、まぶたの裏に視たいと強く憧れているのではないでしょうか?

その気持ちはわかるのですが、上述したように、インナーチャイルドなる妖精は実在しないのです。

一部の想像力豊かな人が、まぶたの裏の霊視映像に小さな子供を描きだすだけです。それは霊視と想像力による妄想、空想の類です。絵に描いたキャラクターのようなもので、誰の心にも住んでいるようなものではないのです。



インナーチャイルドワークの正しいやり方。くすぶっている事柄を認識し、実行しよう。

すると、インナーチャイルドワークの正しいやり方とは、こうです。

まず、あなたの心の中にくすぶり続けている願望や不満、わだかまり、抑圧、怒り・・・それが何であるのか、自分で認識しましょう。それはセラピストに聞くものではなく、自分でわかるはずです。恥ずかしいと感じる事柄が多いため、セラピストとカウンセリングしてもあぶり出すことは困難です。むしろ一人で考えたほうがわかりやすいでです。


たとえば、

「思いきり青春遊びをしたかった」

「モンサンミッシェルに行ってみたい」

「思いきり恋愛をしたい」

「思いきりセックスをしたい」

といったものが多いです。


それがわかったら、物理的に、具体的に、それを実践しましょう。

「モンサンミッシェルに行ってみたいけど忙しいから無理だ」と悶々としているなら、「半年後に10日間の有給休暇をとりたい。日程を調整してください」と会社に進言しましょう。半年も前から言えば、会社も調整はできるでしょう。お盆や正月は避けるとよいです。

そして旅行のためのお金を貯金しましょう。スーツケースを買い、航空券やパックツアーの値段をリサーチしましょう。