インディゴチルドレンは迫害に遭いやすいです。

インディゴチルドレンのことを「うらやましい」と感じている人が多いようです。 たしかにインディゴチルドレンは優秀な人が多く、うらやましくも感じます。 しかし、彼らは幸せな人生を送るタイプとも言えません。精神的に大人で、それを超えて達観しているため、世間から理解されず、迫害されやすいです。 正義のために叫んでいるのに、批判を浴びたり攻撃されたりするのです。



真面目な人は嫌われる。迫害されやすい。

インディゴチルドレンは、明るくユーモラスな人が多いです。 しかし、見境なく冗談を言っているタイプではなく、授業や仕事場において、大部分は静かに真面目に取り組んでいるでしょう。 そのうえ、周りがだらしなくざわついているなら、「静かにしようよ!」などと先生の代わりに注意をしたりします。 男の子たちが教室で、野球の真似事などし始めると、「それは窓ガラスが割れるからやめよう!」などと注意したりします。 しかし大衆は幼く、正論を言う彼のことを、疎むのです。いじめたり、嫌ったり、無視をしたりします。 クラスメイトや大衆のだらしなさが気になり、注意の声をあげたいなら、学級委員など少々権力のある立場につくとよいです。多少は、注意をしても疎まれにくくなります。 しかし、学級委員だからといって、注意する人や真面目な人のことを嫌う子たちも多いです。 ときには、周りの子たちに合わせて幼く振る舞うことも必要でしょう。



教育者をやると迫害されやすい。文部省教育は向かない。

インディゴチルドレンは、教師や教育者になりたいと志すことが少なくないでしょう。 教育や道徳に対して、明確な持論があるでしょう。それを子供たちに教えたいと願うでしょうが、迫害されやすいことを覚悟してください。 たとえば、「今の子は勉強しすぎだ。宿題なんかやらなくていい」とあなたが言うなら、多くの保護者から非難を受けるでしょう。 親たちは、子供の頃は宿題の多い学校にうんざりしていたのに、大人になって子を持つと、「子供は猛勉強をして高い学歴をつけるべき」と考える人が多いのです。そして、「勉強よりももっと大切なことをしよう」などという教師や大人を批判し、攻撃します。 あなたが教師をやりたいなら、文部省教育の学校を避けたほうがよいです。 フリースクールの教師や、カルチャースクールで芸術などを教えつつ、こそっと哲学を語るようなことのほうが良いかもしれません。



カウンセラーをやると理解されない。迫害されやすい。

インディゴチルドレンは、人の悩みを聞いたり、解決してあげたりすることを好む人も多いです。カウンセラーの道を志す人も少なくないでしょう。 あなたは、心理学や精神科医学を学んだとき、「これでは問題は解決しないだろう」と感じるでしょう。そして、独自のメソッドで人の悩み相談に乗ろうと考えると思われます。 あなたは、たとえば引きこもりやアルコール中毒の人に、「厳しいことを言ったほうが問題の解決につながるだろう」と感じるでしょう。それがリスクをはらんでいると承知しながらも、患者のためにそれをするでしょう。 しかし、日本人はカウンセラーや医師に対して、「厳しい言葉」を求めていないのです。薬を出して、処方箋を出して、診断書を書いて、「あなたは悪くないですよ」と言ってほしいのです。それで問題が解決しないとしても、そうしてほしいのです。 インディゴチルドレンは多くの場合、正論を言いますが、それは医者やカウンセラーの「セオリー」からは外れており、批判をされ、攻撃されます。 病気にせよ心の悩みにせよ、多くの場合、厳しい言葉や自己努力が必要です。 しかし、それを伝えても迫害に遭ってしまうのです。 カウンセラーのようなことをしたい場合、ブログを書くとよいです。特定の患者に言うのではなく、「誰か」に向けて書くのです。何千人に一人かは、あなたの言葉で救われる人がいます。匿名で書いたほうがよいです。



啓蒙活動にあまり力を入れないほうがよいです。

インディゴチルドレンの使命は、啓蒙にあります。社会改革にあります。私もコラムの中で、「啓蒙の使命を果たしてください」と書いています。 しかし、今の日本の実情を考えると、啓蒙活動にあまり力を入れないほうがよいです。 大衆はそれに耳を傾けないですし、そればかりか、あなたを迫害するからです。 あなたは、「真実を伝えれば世の中は変わるはずだ!」と目を輝かせているかもしれません。 しかし、日本は、「となりのトトロ」という映画が国民的アニメとして愛されているのに、自然愛の希薄な人たちばかりなのです。虫を毛嫌いし、都会のマンションに住もうとします。 およそあらゆる物事において、映画、自己啓発などがすでに真実を訴えており、ほとんどすべての人はそれを耳には入れています。それでも、善く生きようとはしないのです。 日本人大衆はそもそも、「善く生きよう」と思っておらず、快楽や怠惰に夢中なのです。 真面目な行動をすることはありますが、「問題を起こさないために」といったような消極的な動機に基づいており、正義心や良心が希薄なのです。 そのため、啓蒙活動をしても、実りが乏しいばかりか迫害されてしまいます・・・。 啓蒙活動をしてもよいのですが、あまり力を入れすぎないように気を付けてください。 現状の日本は、「ふるさと納税」のように、「利益があるから税金を納めて」というような政策でないと、動きそうもありません。こうした「ニンジンで釣って行動をさせる」というような子供じみた考えで手綱を引くほうが、合っているようです。

当サイトは面白かった?ブラウザのブックマーク登録も忘れずに♪

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon

芸術家応援プロジェクト!

イエスの子らよ 匿名希望

匿名希望さん

ジャンル:小説、児童文学

関連サイト:特設ページ

​SNS:なし

 
>>芸術家応援プロジェクト!とは?

© 2017 by 運命の人が当たる!365日誕生日占い スピリチュアルWiki