インディゴチルドレンの適職は?仕事選びの手引き。

インディゴチルドレンには、仕事に悩む人が多いです。 特に、社会の不誠実さ、ブラックさに胸を痛めて仕事に悩む、仕事選びに悩むことが多いでしょう。


インディゴチルドレンの適職は?やはり気質に左右される。

インディゴチルドレンの適職といっても、やはり個々の気質に左右されます。インディゴチルドレンにも様々な人がいますから、「インディゴチルドレンは皆この仕事が向いている」と言い切れるものではありません。


誠実すぎるインディゴチルドレンは、サービス事務が向く。

「社会の不誠実さに嫌気がさす」「ブラックな労働が苦しい」といったことに苦悩する誠実なインディゴチルドレンは、サービス事務が向きます。 役所で書類を出してあげたり、郵便局で郵送物を受け付けたり、図書館で貸し出し手続きをしたり、といったことです。 営業や宣伝をするのではなく、ものを売るのではなく、お客さんの手伝いをしてあげるような仕事です。誇張した宣伝文句でものを売らなくてよいので、心が痛みにくいです。 また、人に何かしてあげること自体は、楽しく感じられるでしょう。


優秀すぎるインディゴチルドレンは、独立が向く。

「上司が馬鹿に感じてイライラする」「同僚に足を引っ張られてばかりで辛い」「なぜこんな簡単なことを、皆はだらだらとやるのか?」こうした感覚に苦しむ優秀なインディゴチルドレンは、独立が向きます。 ひととおりスキルや人脈を得たなら、独立するとよいです。自ら会社を立ち上げたり、フリーランサーとして活動するのです。すべての作業を自分でやらねばならず、すべての責任がかかってきますが、そのほうが楽に感じるでしょう。


明確な特技があるなら、特殊職が向く。

音楽が大好きで仕方ない、スポーツの鍛錬が楽しくて仕方ない、伝統芸能に興味が強い、というふうに際立った特技や趣味があるなら、安定志向にならずにその特殊職を目指すのが向きます。何かの道に真剣に取り組むなら、その道でかなり高い実力に達するでしょう。親は「特殊職は難しいからやめなさい」と言うかもしれませんが、あなたなら難しい道でも職を得られる可能性はあります。


人が嫌いなら、農業が向く。

「人が嫌い」「人と関わりたくない」といった非常に厭世的な人も少なくないでしょう。 その場合、農業が向きます。林業など、自然にかかわる仕事が向きます。



ADHDの人の適職は?

「ADHDの人はインディゴチルドレン」「インディゴチルドレンにはADHDが多い」などという情報を見聞きし、「インディゴチルドレンの適職は何か?」と検索したでしょうか? たしかに「ADHDの人はインディゴチルドレン」と書くメディアは多いのですが、それは真実ではありません。 ADHDが多いのはクリスタルチルドレンのほうで、インディゴチルドレンがADHD気質というわけではありません。 ADHDの人は、「インディゴチルドレン向きの適職」を探すのではなく、「ADHDの適職」を参考にするほうがよいです。 一般的には、芸能界やエンターテイメント業界、または変化の多い仕事が向きます。 ずっとデスクにかじりつくような仕事は向きません。小さなミスが許されない仕事は向きません。沈黙していなければならない仕事は向きません。 Youtuberなども気質としては向きます。 ADHDの人は、労働が難しいことからFXや株、起業など興味を持つ人が少なくないのですが、それらはADHDの人に向きません。自制心の強い人ではないため、たとえ一時的に大儲けすることがあっても、それは長続きしなさそうです。 ビジネスを志す場合、よほど冷静で知的なパートナーを付けたほうがよいです。あなたをしかってくれるような人を選んでください。



バブル世代の上司に服従しなくてよいです!

インディゴチルドレンは、バブル世代の人々の価値観に対して、何かと違和感や反感を感じるでしょう。十代後半でアルバイトに出たとき、会社の不誠実さに憤りを感じたりしたでしょう。 しかし、お金を得たいがために、次第にその不誠実さやバブリーさに適応し、いつしか自分も、そのやり方を善だと思ってなぞるようになってきたのではないでしょうか? インディゴチルドレンの使命は、「バブル世代の価値観を壊すこと」にあります。 上司が不誠実なことをやって繁盛しているとしても、それに服従するのはよくないのです。あなたの会社に大きなブランド力があるなら、もっと誠実なやり方に切り替えてください。それでも会社は倒産せずに、事業を続けられるでしょう。 飲み会ばかりの社風を変えてください。タバコ臭いオフィスを変えてください。 天下りや無能な上司をやめさせてください。 いえ、必ずしもこうした会社改革を全うしなくてもよいのですが(それはとても大変です!)、バブル世代の人々の考える、利益主義、超資本主義、大手企業主義的な価値観は、正しいものではないことを理解してください。それは追従すべきものではないのです。 ビジネス書、自己啓発なども、正しくない意見が多いです。鵜呑みにしないでください。



プチプラの企業に勤めることが向きます。

インディゴチルドレンは、プチプラの企業に勤めることが向きます。 1つ1つの商品に対して、あまり大きな利益をとろうしない企業です。 たとえば、しまむら、GU、ちふれ、キャンメイク、吉野家、てんや、スーパーのプライベートブランド商品の開発、カスタムパソコンの会社(ドスパラのような)、などです。 または、ネット企業によくみられるような、広告収入型の企業も向きます。消費者が料金を払うのではなく、広告協賛企業からお金をとる事業スタイルです。 消費者をだますことが少ないので、仕事を不愉快に感じることが少ないでしょう。 そして、このような企業を世の中に増やしていくことも、大切です。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon

芸術家応援プロジェクト!

イエスの子らよ 匿名希望

匿名希望さん

ジャンル:小説、児童文学

関連サイト:特設ページ

​SNS:なし

 
>>芸術家応援プロジェクト!とは?

© 2017 by 運命の人が当たる!365日誕生日占い スピリチュアルWiki