インディゴチルドレンの特徴や使命を解説。恋愛傾向や適職は?

「私はクリスタルチルドレンかしら?」と感じるとき、クリスタルチルドレンではなくインディゴチルドレンである可能性も高いです。

インディゴチルドレンもまた、現代社会に生きづらさを感じたり、自分は周りの人々とはちょっと違うなと感じたりします。

インディゴチルドレンの特徴や生まれてきた使命、恋愛傾向や働きやすい適職などについて詳しく解説します。



インディゴチルドレンとは?その定義はあいまい。

インディゴチルドレンをどう定義するかは、メディアや個人によって曖昧です。

一般的には「宇宙人の魂を持つ人」のことを差します。ほとんどのメディアはこの意味でインディゴチルドレンという言葉を使っています。


本来のインディゴチルドレンの意味は、ちょっと違いました。

「インディゴブルー色(紺色)のオーラを持つ人」の意味だったのです。

インディゴブルー色のオーラを持つ人には宇宙人が多いので、自然とこの言葉は「宇宙人の魂を持つ人」を指すようになりました。


しかし、インディゴブルー色のオーラを持つ人のすべてが宇宙人というわけではないのです。クリスタルチルドレン(天使や妖精の転生者)にもインディゴブルー色のオーラを持つ人はいますし、生粋の地球人の中にもいます。

特に日本は、仏教思想を色濃く持つ国で、生粋の地球人の中にもインディゴブルー色のオーラを持つ人は少なくありません。仏教の質素で静的な生活は、インディゴブルー色のオーラを伸ばしやすいのです。


このサイトにおいても、基本的には「宇宙人の魂を持つ人」の意味でこの言葉を用います。



インディゴチルドレンは皆優秀?それは間違い!

インディゴチルドレンがどのような人々かについては、「地球の波動を上昇させるためにやってきた優秀な英雄」といった解説が多いです。

しかし、実はそうでもありません。

欧米や諸外国においてはたしかにそのような傾向があるのですが、現代日本ではそうでもないのです。


現代日本では、1976年以降は生粋の地球人は生まれていません。すべてがインディゴチルドレンかクリスタルチルドレンなのです。

1976年から1989年までは、出生児のほとんどがインディゴチルドレンです。

しかしこの世代にもヤンキーやスケバンはいますし、落ちこぼれ、だらしない人、犯罪者、そしておバカなタレントなどもいます。

インディゴチルドレン世代になって急に学力や体力に違いが出てくると大衆はビックリするので、全体の調整をとるために、あまり優秀でない、誠実でないインディゴチルドレンも数多く派遣されました。

1976年~1989年のいわゆる「インディゴ世代」において、出生児の8割くらいはそう優秀でも誠実でもない宇宙人です。スピリチュアルメディアで称賛されている「優秀な宇宙人」は、この世代においても2割程度のものです。


そして、本来は優秀誠実であるはずのインディゴチルドレンでも、暮らしていくなかで堕落してしまう人が大勢います。能力的にはかなり優秀なものを保ち続ける人が多いのですが、精神性においてはほとんど堕落してしまいます。

現代、ブラック企業の社長・管理職の多くは他でもなくインディゴチルドレンであったりします。

インディゴチルドレンの中でもゴールドのオーラを生れ持つ、事業者・政治家・スポーツ選手・タレントになりやすい気質の人々は、大抵は金銭欲や名声欲に負けて精神的に堕落してしまいます・・・。


そのため、「インディゴチルドレンだから優秀」「インディゴチルドレンだから誠実」というふうには思い込まないほうがよいです。



優秀なインディゴチルドレンは「オールドソウル」に多い。

「優秀かつ誠実」という本来のインディゴチルドレンの性質を保って大人になっている人は、「オールドソウル」という魂の人が多いです。

「オールドソウル」は質素で無欲な親御さんの家庭に生れることが多く、あまり欲深くならずに育ちます。質素なものや環境でも平気ですし、手作り品や質素なものをやりくりして問題解決していくことの楽しさを親から教わりやすく、大人になってもあまり富や名声を追いかけません。「月収20万円稼げれば充分だ」と、男性ですら思っていることが多く、それ以下の収入でも別にいいと思っていることもあります。

彼らは欲がないため、純粋な優しさや研究心に基づいて動きます。そのため、非常に誠実な振る舞いをしたり、非常に正確な説を発信します。


優秀なインディゴチルドレンは、「縁の下の力持ち」であることを好みます。人の役に立つことを好みますが、有名になろうとはせず、自分の功績を自慢したりもしません。

「大きな仕事をしたなら大きな報酬を得て当然だ、とは考えない」無欲な人々で、一流レベルの仕事を無報酬や時給1,000円でやっていたりします。そして、そんな彼らの英雄っぷりにはほとんど誰も気づいていません。


インディゴチルドレンは確かに英雄なのですが、このように「無欲で質素な英雄

」で、皆がイメージしている芸能人やスポーツ選手、事業者、政治家のようなものではないです。



覚醒したインディゴチルドレンはどうなる?

インディゴチルドレンが「覚醒」するとどうなると思いますか?

サイキックや超人パワーを手に入れて、魔法で世界を救うのでしょうか?

違います。

インディゴチルドレンが覚醒すると、「お金の要らない社会を作りたいな」と強く感じるようになります。お金というものが、ひどく遠回りで不便なものだと感じます。お金こそが貧富の差を作っており、結局人々を幸せにはしていないことに気づきます。いわゆる、「世を悟る」のです。仙人や仏陀の感性です。


その感性に基づき、自分でも「お金の要らない社会」の創造に向けて少なからずアクションします。

まずは自分が無償奉仕を実践し、衣食住や情報、大切なものをお金をかけずとも皆が得られるように、時間・体力・技術・資産を差し出します。

スピリチュアリストになっても無償でヒーリングや情報提供をしまくっていたり、奉仕社会の重要性を説くことに力を入れます。スピリチュアリストになっても、「開運」だの「運気アップ」だのといった誘惑的な話をしません。

または自給自足、家庭菜園、エコヴィレッジといった概念に強く惹かれ、それを実践しようとします。


覚醒したインディゴチルドレンとは、このような人々です。

有名な占い師や有名なスポーツ選手ではありません。年商10億円の事業者ではありません。


覚醒したインディゴチルドレンが結果的に有名になることはあるのですが、有名であることを心地よくは思っていません。啓蒙などのために壇上に立つことはありますが、「僕は出来れば引っ込んでいたいんです」と言うでしょう。



覚醒したインディゴチルドレンにサイキッカーは少ない?

覚醒したインディゴチルドレンにサイキッカーは少ないです。

優秀なインディゴチルドレンはもともと、非常に大きなロイヤルブルー(インディゴブルー、紺色)のオーラを持ちます。

ロイヤルブルーのオーラを高めると第3の目が開き、霊視や霊聴が発達していくのですが、しかしこれが非常に発達するなら、霊視も霊聴も閉じていくのです。

「オールドソウル」などの優秀なインディゴチルドレンは、座禅瞑想に懸命に励んだりレイキ伝授を受けたりしても、霊視や霊聴は芽生えないでしょう。1度や2度は体験するかもしれませんが、恒常的に霊視や霊聴が働くようにはならないです。

これは、覚醒したインディゴチルドレンの役目が「サイキッカーたちの審判」にあるからです。

霊能者として活躍することはインディゴチルドレンの使命にはなく、そういう活動をする人々を審議するのが、彼らの役目なのです。その審議のために、ペンジュラムは回るようになるかもしれませんが、ペンジュラムは扱いが難しいのであまり触らないほうがよいです。


「スピリチュアリストとしての頂点は、霊能者にはない」ということを理解してください。


霊視や霊聴、サイキッカーに憧れることはかまいません。人として自然なことと言えます。しかし、そうした能力を得ても有頂天にはならないでください。

また、富や名声に盲目しないように充分に気を付けてください。



インディゴチルドレンの使命は?

ここまでお読みになられた方なら、もう理解はできていることでしょう。

インディゴチルドレンの使命とは、「お金の介入しない社会を作ること」にあります。

霊能者になることではないですし、有名人や事業者になることではないのです。

霊能者や有名人、事業者になるプロセスがあってもかまいませんが、その影響力を活用して「お金の介入しない社会を作ること」を目指してください。

たとえばあなたが有名人になるなら、TOKIOのように自給自足の村を営む様子をテレビやYoutubeで流し、大衆がそうした感性を持つように尽力してください。

スピリチュアルブロガーになってもかまいませんが、「奉仕社会の実現」「自給自足の発展」を啓蒙してください。引き寄せの法則や願望成就や開運グッズについて語っていませんか?それでは方向を見誤っています!



優秀なインディゴチルドレン「オールドソウル」の特徴は?

インディゴチルドレン自体は様々な人がいますし、優秀誠実な人ばかりでないので、これの特徴を解説することにはあまり意味がありません。

インディゴチルドレンらしい生き様をしていることの多い「オールドソウル」の特徴を解説します。


  • 男性は、長身で細身な人が多い。190cm近くある。

  • 女性は、非常に美しい顔の人が多い。

  • 家庭が貧困であることが多い。親は貧困でも誠実。怠惰ではない。

  • 親が自然好きであることが多い。都会に住むとしても、公園の前の家を選んだりする。

  • 親が誠実、奉仕的である。

  • 両親の仲が良い。またはあなたが幼いうちに離婚している。

  • ぜんそくをわずらっていることが多い。

  • お酒やタバコが体質的にとても苦手。

  • 読み書き計算の習得が非常に速い。

  • 読書が好きで、本から自分で様々なことを習得していく。

  • いつもニコニコしている。

  • 思考が前向きで、行動的。

  • 学級委員やリーダーを非常に上手にこなす。

  • 頭が良いわりに学歴に興味がない。

  • 芸術の豊かな趣味を持つ。吹奏楽などクラシカルなものが多い。

  • クラスのムードメーカーをこなすが、小学校高学年にもなると周囲が幼稚に感じられるようになり、自分は引っ込みはじめる。

  • 人にものを教えるのが上手い。

  • 人生相談に乗るが上手い。よく相談される。

  • 奉仕すること、献身することを好む。

  • 人情を好む。

  • 流行をくだらないと感じる。

  • ブランドや高級品にあまり興味がない。空っぽだと感じる。

  • 気の合う人が少ないゆえ、友達が少ない。

  • 宗教や神話に興味を持つが、矛盾を感じてげんなりする。

  • スピリチュアルに興味を持つが、願望成就には興味がない。

  • 海外旅行やバックパッカー放浪に憧れる。

  • ゲストハウスや民宿の共同生活的な雰囲気が好き。

  • 宮崎アニメをとても好む。


これらの大半が当てはまると感じるなら、あなたは「オールドソウル」でしょう。

スピリチュアルな事柄が好きでも、巷のスピリチュアルなメディアに軽薄さや物足りさなを感じていることでしょう。



インディゴチルドレンの恋愛観は?風変わりって本当?

インディゴチルドレンは様々な価値観を持った人々がおり、従来の地球人と同じような恋愛観を持つ人も多いです。

ここでは優秀なインディゴチルドレンである「オールドソウル」の恋愛観を解説します。


「オールドソウル」は、「愛する」という感情を非常に重要視します。

女性あっても、愛される恋愛、貢がれる恋愛、尽くされる恋愛ではあまり満足できず、自ら愛する恋愛を探し求めます。

「オールドソウル」は、プレゼントや食事で異性のごきげんとりをすることを好みません。それは「ワイロ」であり、卑しい恋愛戦略だと感じます。

そのため「オールドソウル」の男性は、好きな女性に高価な贈りものをするようなことはあまりありません。「オールドソウル」の女性は、高価なものを贈られてもなびかない傾向にあります。自分が相手を愛していないなら、「ごめんなさい。これは受け取れないわ」と、返してしまったりします。高級品を得ることよりも、誠実さを優先します。


「オールドソウル」男性は優しく優秀なのでモテますが、自分から口説くようなことがあまりないので、お付き合いする数は少なめです。二十歳過ぎまで童貞のまま、ということもあるでしょう。

「オールドソウル」女性はとても美しいのでモテますが、理想が高いので、お付き合いする回数は少なめです。


「オールドソウル」は理想が高いですが、しかし、大きな魅力や尊敬を感じると「好き!」と強く思います。すると、好意を感じる異性は自然と複数人に及びます。

いえ、それは多くの他の人々においても同じことなのですが、ここからが「オールドソウル」らしさです。彼らは、自分が一途ではないことに対して正直です。

一般大衆が「恋愛は一途であるべき」と考えている事実に対して、うやむやにはせず、正直になります。「私は一途ではいられないから、あなたは私の恋人にならないほうがいいわ」「僕は一途ではいられないから、結婚の契りを交わすことはできないよ」と。

彼らは、目の前の恋人に対して誰よりも誠実なのですが、しかし一途を保証することはできないので、「自分は誠実でない」と語ります。

この観念が理解できない人にとって、「オールドソウル」は不誠実で浮気性な人だと感じられます。この観念が理解できる人にとって、「オールドソウル」は、誰よりも誠実な人だと感じられます。


「オールドソウル」同士は互いにこうした観念が理解できるので、最終的には「オールドソウル」同士でくっつくことが多いです。彼らは「僕はずっと一途でいられるとは限らないよ」「私は結婚なんて無理よ」などと口では言いながらも、何十年もラブラブな恋愛をし続けたりします。

結婚という籍を入れず、いつでも離れられるように事実婚や同棲という形を選びつつも、他のカップルよりもずっと愛し合いながら生き続けたりします。

男女ともに、恋愛に対してあまり積極的ではないので、「一途でいることは難しい」と言っていながらも、実際に他の異性と親密な関係になることは少ないです。そして、親密な関係になるとしても、お茶をする程度に留めるでしょう。



インディゴチルドレンの結婚観は?結婚したがらないって本当?

インディゴチルドレンの結婚観については「オールドソウル」のみならず、他のインディゴチルドレンにも共通する傾向があります。

インディゴチルドレンは、あまり結婚をしたがらないです。


人が結婚を求める理由は、足りないものを異性に埋めてもらいたいという依存心・期待心が大きいです。愛しているからではなく、利益のために結婚をしようとします。女性は特にこうした打算的な傾向が強いです。

しかしインディゴチルドレンは、生れながらに多彩なオーラを持つ人が多く、つまり能力が高いのです。女性でも知性は高く、働くことを苦にしないため、別に男性に養ってもらわなくても生きていくことができます。

結婚をして、夫に束縛されたり夫親族にいろいろと制限される苦痛を考えると、お金はそこそこあるのだし、独り身でいたほうが