インディゴチルドレンの恋愛傾向は?ツインレイ(運命の人)はいる?

インディゴチルドレンとは、宇宙人の魂を持つ人のことを言います。もっぱらスピリチュアル用語であり、他の場所で聞かれることはまずありません。 インディゴチルドレンが特殊な気質の人であることは有名になってきました。英雄、救世主といったイメージから、「社会適応しにくい人」といったイメージに変わってきているのではないでしょうか。 恋愛に悩むインディゴチルドレンは多いです ※スターシード、スターパーソン、スターチャイルドなどは皆、インディゴチルドレンと同義語です。


インディゴチルドレンは大衆とは恋愛観が異なる。

インディゴチルドレンには様々な定義がありますが、ここでは「宇宙人の魂を持つ人」を想定します。そして、宇宙人の魂を持つ人の中でも、ロイヤルブルー(インディゴブルー)のオーラを強く持つ人のことを想定します。 インディゴチルドレンは先進的な価値観を持ち、恋愛観についてもこれまでの地球人・日本人のものとは異なる傾向を見せます。それはかなり事実です。



インディゴチルドレンは結婚したらがない?それは事実。

まず、インディゴチルドレンは結婚をしたがらない人が多いです。このような噂はよく見かけますが、それは事実と言えます。すべてのインディゴチルドレンがそうであるわけではないですが。 1980年代生まれは、未婚の男女が多いという統計結果が出ていますが、これは、1980年代生まれのほとんどがインディゴチルドレンであることが無関係ではないでしょう。 インディゴチルドレンは、能力的には優秀な人が多いです。充分な知性があり、女性でも働くことを苦にしません。自分で月収20万円も稼げるならば、嫁姑問題や親族のしがらみに耐えてまで、他人に嫁入りしたいとは思わないのです。シングルのほうが気楽だなと感じます。 男性も、別に自分で家事や身の回りのことはできるため、女性を娶りたいと感じません。 結婚という制度を冷静に見つめ、そこにメリットが多いと感じないため、結婚したがらない人が多いのです。 インディゴチルドレンたちの多くはアセンション文明からやってきていますが、アセンション文明でも結婚という概念はありません。男女は恋愛をしますが、一対一で束縛しあうようなことはしませんし、生活を一人の異性に依存したりしません。 皆で助け合って暮らします。シェアハウス生活のような感じです。



インディゴチルドレンは一途を偽ることを嫌う。

多くの男性は、大好きな女性を手に入れるために、「君だけを愛するよ」「君だけを愛しているよ」と言います。それは偽りなのですが、相手を手に入れたいのでそう言います。 しかしインディゴチルドレンは、「君だけを愛しているよ」などと言うことを嫌います。 人が一途ではいられないことを彼らはわかっており、それなのに一途を誓うようなことは心苦しく、耐えられないのです。大好きな女性を得るためだとしても、「君だけだよ」と嘘ぶくことは嫌います。 多くの女性が一途に愛されたがっていることはわかっています。 自分にそれは無理だと思うため、「なら僕は、無理に恋愛はしなくていいや」と、あっさりしています。出来るだけ誠実さを貫きたいのです。 そして、ある女性と親密になったときに、「僕、人が一途でいるのは難しいと思っているんだ。僕は君に好意を持っているけれど、他の女性にも好意を感じてしまうと思うんだ。たとえば、ガッキーに誘われるようなことがあれば、僕はセックスしてしまうと思うんだ」などと、自分の本心を赤裸々に語ったりするでしょう。 こうして本音を口にしたことでその女性が去っていくなら、それは仕方ないと思っています。 そして、自分の恋愛観に理解を示してくれる女性とだけ、恋愛をします。 このような傾向が、たしかにあります。 若いうちは、どうしても恋愛やセックスが経験したいので、巷の男性と同じように嘘を言ったり駆け引きしたりして女性をつかみ取ることもあります。



インディゴチルドレン男性は女性を押し倒さない。

多くの男女において最初のセックスは、彼がちょっと強引に彼女を押し倒す、といった感じで始まるでしょう。 女性側も、そのようにセックスをリードされるのを待っているような感があります。 しかし、インディゴチルドレン男性はこうしたセックスを嫌います。 相手女性の同意も得ずに強引にセックスを始めるようなことは、相手を傷つけそうだから嫌なのです。それは不誠実で、悪いことだと感じます。だから、しません。 つまり、あなたがインディゴチルドレン男性とセックスがしたいなら、待っているだけではそれは始まらないでしょう。女性であるあなたのほうから、「セックスがしたい」と伝えたり、セクシーにキスをしたりする必要があります。 あなたがセックスの欲求を伝えれば、彼は喜んであなたとセックスをするでしょう。性欲はあるのです。



インディゴチルドレンにもツインレイ(運命の人)はいる。

インディゴチルドレンは遠い惑星の出身の人ですが、ツインレイ(運命の人)も同じ時代の地球にいます。 しかしインディゴチルドレンにとってもツインレイは、「女性がつかみとるもの」です。男性側がツインレイ女性に気づいて口説いてくることは、まずありません。 やはり趣味や感性には似たところがあり、意気投合しやすいです。 そして、セックスの(性器の)相性は良いです。 ツインレイの相手は普通、遠い町に生まれ育っています。 しかしインディゴチルドレンの場合、隣の県や市にツインレイの相手が生まれ育っていることもあります。大きな旅の試練を超えなくても、ツインレイに出会って恋愛できることがあります。 大きな旅の試練を、すでに過去世で卒業できているからです。