top of page
  • れな

イルカとは? ~イルカはただの動物じゃない~

「イルカ」についての詳細な説明。イルカは14次元の魂を持つ生き物。イルカはむやみに殺すべきではない。他の惑星でもイルカの形をしている。人間に転生している14次元高次存在もいる。シャチやサメは14次元存在ではない。クジラは15次元の魂が宿る。


ショーをしたり人間と一緒に泳いだり、とても賢い動物であるイルカは、不思議な動物だという噂があちこちで聞かれます。

イルカはその実、単なる動物ではないのです。



イルカには14次元高次存在の魂が宿っている。

イルカは、14次元の魂を持つ高次元の存在です。

14次元の魂が、イルカという動物に肉体転生してきているのです。

しかし、人間の赤ちゃんが生前のことを忘れてしまっているのと同じで、イルカも自分が14次元のアセンテッドマスターであることは記憶していません。

本能的に賢いので、ショーをしたり人間と戯れたりすることが出来るのです。



「イルカを殺してはいけない」という啓蒙団体の意見は正しい。

「イルカを殺してはいけない・食用してはいけない」と警告する啓蒙団体がありますが、その意見は正しいです。

他の動物のほとんどは、1次元の課題を背負って生まれてきているので、人間に食用されたり家畜にされたりするのは宿命のうちの1つなのですが、イルカにはそうした役割はありません。イルカは食べるべき動物ではありませんし、むやみに殺すべき動物ではありません。

グレーのイルカ、ブラックのイルカ、ピンクイルカなどいますが、いずれの種類もです。



イルカと戯れることはモラルある範囲で行ってかまわない。

ドルフィンスイムのようなことは、イルカを困らせない範囲でやってもかまいません。イルカの使命の一つに、人間と戯れることが含まれています。ドルフィンセラピーのようなものがありますが、それもイルカの役割の1つです。

水族館などでショーをやらせることもイルカたちは覚悟のうえで生まれてきていますが、やはり出来るだけ彼らの生態や心地よい生活を尊重してあげるべきです。



他の惑星でもイルカの形をしている。

イルカに宿っている14次元のアセンテッドマスターは、他の惑星の転生時もイルカの姿をしています。そのDNAを地球に持ち込んでいます。

そこは人間に支配される文明ではなく、イルカが主の生命として暮らしています。地球のような多様な生物はおらず、イルカばかりが暮らしています。

やはり水の中で、器用に泳いだり飛び跳ねたりしながら生活し、高い知性を持ちます。交信をテレパシーで行うのも地球のイルカと同様です。

13次元を達成した人間・宇宙人の中で、海が好きだった者たちは、イルカの姿で14次元存在として次の生を生きます。水質管理が彼らの役目です。地球以外の惑星でも水質管理をしています。



人間に転生している14次元高次存在もいる。

イルカ次元にいたアセンテッドマスターの中には。今の地球に人間の姿で転生している人もけっこういます。1976年~1989年に日本に生まれた人の2パーセントほどが該当します。それ以外の世代はごく少数います。

オーラソーマでB033「ドルフィン」をソウルボトルに選ぶ人は、このイルカ次元のアセンテッドマスターの転生者である可能性が高いです。

つまりインディゴチルドレンであり、希少な「ピュアインディゴ」にも該当します。ロイヤルブルーのオーラを強く持ちますが、表現好きなターコイズのオーラも強いため、芸能活動をしたり人前を好む「ドルフィン」は多いです。


パソコン、ITをはじめとしたデジタル機器に強く、そうした業界で活躍する人が多いです。頭も良いです。アキバ系、オタクと言われる人にはイルカ次元の人が多いです。しょこたんこと中川翔子さんもイルカ次元の転生者です。

または、海外旅行など好み、海外の海辺の町でスキューバダイビングのインストラクターなど転々としながら生きる人にも多いです。

優秀さと自由奔放さを併せ持つような人が多いです。あまりモラルが高いとは言えませんが、結果的に人々を啓蒙していることは多く、「オールドソウル」とも良い相性を見せます。



シャチやサメは14次元存在ではない。クジラは15次元の魂が宿る。

なお、シャチやサメは14次元の存在ではありません。が、クジラは15次元の存在です。クジラについてはクジラのぺージで解説します。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page