top of page
  • れな

アダルトグッズの選び方

日本も、アダルトグッズを所持する人の割合が増えています。

バイブやローターなどのことです。

しかし、満足度の高いものを所持している女性はそう多くないようです。

アダルトグッズの選び方について解説します。



バイブは丈の長いものを選んだほうが良い。

まずバイブについてです。

女性の心理として、バイブを選ぶ際はつい可愛らしい外見のものを手に取ってしまいがちです。しかし、鑑賞が目的ではないので、その基準はやめましょう。

バイブはペニスの代替品です。

あなたが指で膣内をオナニーするとき、ペニスよりも短く細いことに物足りなさを感じているでしょう。つまり、ペニスのように丈の長いものを選ぶことが大切です。

挿入部分の丈の長さが15センチ以上はあるものを選びましょう。

振動能力のあるものを選んだ方がなお良いです。

細かい振動は膣に大きな快感を与えてくれます。

5,000円くらいの予算はみておきましょう。



ローターはある種なんでも良い。

対してローターは、あまり質や形状にこだわることもありません。

乳首やクリトリスを振動できれば充分なので、サイズの小さなものでよいですし、高機能である必要もないです。リモコンなども必要ないです。

作りが単純なので、安いものなら200円くらいで売られています。

型落ち品やセール品でもよいでしょう。



電マは別に持っていなくてもよいです。

電動マッサージャー、いわゆる「電マ」に憧れる人も多いかもしれません。

しかし、電マは別に持っていなくてよいです。中途半端なのです。

電マは幹が太すぎて、膣に入れることができません。そして振動でクリトリスを刺激するだけならローターのほうが安くて使いやすいです。

部屋に置いておける、という利点もありません。ホテルに置いてあるぶんには「マッサージ用かな」とも感じますが、女性の部屋にこれが置いてあると、オナニーしていることがばればれです。

電マを買うなら、バイブとローターを購入するほうがよいです。バイブとローターを持っているなら電マは要りません。



実店舗に行くならボディガードをつけて!

実店舗で品物を見ながら購入したい、と希望する人は多いでしょう。

しかし、アダルトグッズのお店には、女性一人で入らないほうが良いです。不審な男性にストーカーされてしまったり、変なものを売りつけられてしまったり、店主に変なことを誘惑されてしまったりする懸念があります。

恋人やセックスフレンドに付き添ってもらいましょう。

恋人やセックスフレンドでない男性に付き添いを依頼するなら、彼は興奮してあなたを押し倒したくなるでしょう。それが男性心理であることを、肝に銘じてください。

恋人やセックスフレンドでない男性に付き添いを依頼する場合、「彼とならセックスしてもいいな」と思える男性を選ぶべきです。



媚薬には手を出さないほうが良いです。

媚薬や性的感度を高めると謳う薬などは、手を出さないほうがよいです。

実際にはほとんどの効果のないものばかりで、高額であってもでたらめなものが多いです。



男性を喜ばせたいならコスプレ衣装を。

恋人やセックスフレンドを喜ばせるために何かアダルトグッズを購入したいなら、コスプレ衣装が良いです。男性は、非日常的なこうしたセクシー衣装を喜びます。

極端なほどに丈の短いスカートのものが良いです。セックスの相手にしか見せないものですから、パンティが見えてもよいでしょう。

あなたが童顔なら、学生服も男性を喜ばせます。


最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page