top of page
  • れな

お金は悪いものなの?どう付き合っていけばいいの?

スピリチュアリストや精神性の高い人は、お金との付き合い方に悩んだり戸惑ったりすることが多いのではないでしょうか。

アセンション文明はお金を使わない暮らしだといいます。奉仕とは対価(お金)を貰わない所作だといいます。やはりお金をもらわずに生きるべきなのでしょうか?



霊的な理想は「非貨幣社会である」。が・・・

霊的な理想から言えば、お金というのは不要なものです。

お金をもらわずに人に施せる人間になるべきですし、お金を介在させずにモノやサービスを循環させられる取り組みをすべきですし、お金のない社会へと向かうべきです。

しかし、(現代日本で暮らしているなら)そのことにあまりこだわらなくてよいです。

社会の状況と折り合いを見ながら、進めていく必要があります。



あなただけが無償奉仕すると、あなたは飢え死にしてしまう。

ヨーロッパや東南アジアにおいては、あなたが「私はお金を介在させずに暮らしたい」と意気込むなら、あなたは修道院や僧院に導かれ、その理念を実現させることができるでしょう。

しかし、日本には、そういう環境がないのです。

あなたが「私はお金をもらわずに施す」「お金を払わずに必要なものを得る」と意気込んでも、それは思うとおりにいかないでしょう。そしてやがて、飢え死にしてしまいます。家賃が滞納となり、親や保証人がその迷惑をこうむることになります。

スピリチュアルな本では「あなたが枯渇を恐れずに差し出すなら、あなたは必要なものを得るのです」と説くのですが、それは現代日本ではまともに機能しません。



「欲張らない」という程度のスタンスでよいです。

「無償で施そう」と考えなくてよいです。

「必要なものを無償で得る工夫をしよう(無償で得られるものだけで我慢しよう)」と考えなくてよいです。

日本の現状と照らしあわせて考えるなら、「お金について、欲張らないで暮らす」くらいの感覚で充分です。

しかし、それは実践できるようになったほうが、あなたの人生を幸福にするでしょう。



「お金にブロックがある」の?そういうわけではない。

「お金をもらうことに抵抗がある」と感じている人に対して、スピリチュアル業界ではよく、「お金にブロックがある」と言います。「お金へのブロックを溶かすヒーリング」などが流行っています。

しかし、「お金をもらうことに抵抗がある」と感じている人は、ブロックがあるわけではないです。それはトラウマや心の未熟さなどではありません。

「お金をもらうことに抵抗がある。お金などもらわずにマッサージなどしてあげたい」と感じる人は、非常に優しいのです。奉仕の観念があります。この人は、「ブロックがある」のではなく、「崇高」なのです。


ただし、「技術が未熟だからまだお金をもらうのには抵抗がある」というのは、奉仕精神とは異なります。これは自信の無さや技術・経験の乏しさからくるもので、改善されうるものです。


いずれにせよ、「お金をもらうことに抵抗がある」と感じる人が「お金へのブロックを溶かす」と謳うヒーリングやレメディなど受けても、改善しません。何も起こりません。プラシーボ効果が起こることは、ありますが。


「お金へのブロックを溶かすヒーリング」などを行っているセラピストは、軒並み不誠実で、信用がおけません。近寄らないほうがよいです。他にも効果のない、不誠実な、高額すぎるセッションなど扱っているでしょう。


「人は豊かになって幸せになってよいのです」と語り、豊かになろうとするキラキラしたセラピストは、まるで精神性が高くありませんし、真理を理解してもいません。

「お金をもらうの好きじゃないの」と言ってささやかな活動をするスピリチュアリストのほうが、精神性が高いですし尊敬に値します。


では、「お金について、欲張らないで暮らす」ということを、具体的に解説します。



実家なら月収10万円でも充分に暮らせることを理解しましょう。

多くの人は、「月収20万円は稼がなければ」と考えています。そのために地獄のような受験勉強をしたり、ブラック企業で耐えながら働きます。心を痛めながら不誠実な仕事をこなします。

しかし、その必要はないことに気付いてください。

あなたが実家暮らしなのであれば、月収20万円も要らないのです。

月収10万円もあれば、ケータイ代を払い、新しい服を毎月買い、彼氏と何度かデートする資金があるでしょう。そのうえで海外旅行のための貯金も出来るはずです。


大抵のものは、100円ショップで手に入ります。

スーパーのプライベートブランド商品はかなり高品質です。

ファストファッションの服飾品は充分に可愛いです。



誠実で穏やかな仕事をしましょう。

「月収10万円でもいいや」と思えるようになったなら、仕事選びの基準を変えることができます。

給与は低くてもよいので、ブラックでない、辛くない職場を選ぶのです。あまり多くのことを求めてこない職場を選びましょう。あまりストレスのない職場を選びましょう。

8時間×5日も働かなくてもよいでしょう。6時間×5日でもよいですし、8時間×3日でもよいのです。

そのように働き方を変えることで、あなたの生活には非常に大きな心のゆとりが生まれるでしょう。ストレスや苦痛や疲労や病気や寝不足や不幸の少ない暮らしになります。芸術や趣味に打ち込む時間がたくさんあります。


労働が快適なら、暮らしはかなり快適になるはずです。



男性の収入を気にするのはやめましょう。

「月収10万円で充分だ」といった感性が身に付いたなら、彼氏が高収入である必要はなくなるでしょう。

高収入の仕事をしている人は、ほとんどが不誠実です。彼の軽薄な性格に嫌な思いをさせられるか、忙しくてデートの時間もないでしょう。

高級品を与えてもらえたとしても、彼が誠実でないなら恋愛は楽しくないのです。恍惚しないです。


彼の収入や肩書きなど気にせずに、「感性の合いそうな人」「尊敬できる人」を選んで恋愛をしましょう。

あなたの恋愛は劇的によくなるはずです。あなたは、とても幸せに感じるでしょう。



デートが高級である必要がないことに気付いてください。

本当に魅力的な男性と恋愛するなら、カラオケボックスで歌っているだけでも楽しいです。手をつないでニコニコしているだけでも幸せです。

あちこちレジャーに行くよりも、家でセックスしていたいと感じるでしょう。そしてそれがとても幸せなことだと気づくでしょう。


一般的に女性は、

にこやかで

優しくて

誠実で

不良ではない

セックスの上手な

スキンシップの暖かい

そんな男性とデートしているととても幸せです。


たとえば、誠実でも寡黙な男性と恋愛していても、あまり幸せではないでしょう。


ニートの男性を養う必要はありません。



お金を追わない人のほうが誠実です。

世間は、富裕者を「偉大だ」と崇めます。テレビのドキュメンタリー番組では、一代で財を築いた起業家などを取り上げ、もてはやします。

しかし、お金持ちになろうとする人は軒並み不誠実だということに気付いてください。欲深くいやらしく、腹黒いのです。愛想はよいですが、不誠実なのです。

対して、誠実な人は、「暮らせるだけのお金があればいいや」と考えて、誠実につつましく暮らしています。

恋愛にせよ、友人付き合いにせよ、このような誠実な人と交流したほうがずっと幸せな時間が過ごせます。

そのことに気付いてください。

あなたの人生にストレスは減り、トラブルは減るでしょう。



時給800円の仕事でもよいのです。

外食は780円のランチでも楽しめます。

恋人との恍惚に、高価なレジャーはまるで必要ないのです。


「お金にブロックがある」と悩んでいるあなたの知人に、ぜひこの記事を見せてあげてください。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page