【詳述】第7チャクラとは?活性化方法と効果。アロマ、パワーストーン、音楽、関連病気。

仏教では「魂の座する場」と呼ばれ、あこがれの対象ともなっている第7チャクラ。宇宙意識とつながる、解脱に達するなど、何かと神々しい解説が多いですが、率直に言って、誤った説明ばかりです。

第7チャクラの本当の性質や活性化の方法、滞っているときに患いやすい症状などについて詳しく解説していきます。

薄毛の人は第7チャクラが弱っているので、ぜひチェックして改善しましょう。



第7チャクラ

色:紫

場所:頭頂部(頭上の空間ではありません。つむじの辺りです。)

サンスクリット語名:サハスラーラチャクラ

活性化するパワーストーン:アメジスト、スギライト、チャロアイトなど

活性化するアロマ精油:サンダルウッド、フランキンセンス、ローズウッドなど



第7チャクラを恒常的に活性化する方法。

第7チャクラを活性化する方法について、正しく解説しているメディアはほとんどありません。どこも、ただ神秘的な言葉、神々しい言葉を並べているだけです。

関連するアロマ精油やパワーストーンを挙げているメディアはあるにはありますが、そのようなアイテムを使っても、一時的なケアが出来るだけです。それでは頭痛は治りませんし、アセンションも解脱も宇宙意識も叶いはしないのです。

ゴータマ仏陀は何をしたでしょう?イエスキリストは何をしたでしょう?第7チャクラを恒常的に活性化させることは、そう簡単ではありません。

このページでは、第7チャクラを恒常的に活性化させる方法についても詳しく解説します。



身を粉にするほどの奉仕に打ち込むことで、第7チャクラは活性化する。

第7チャクラを恒常的に活性化するには、奉仕活動に打ち込む必要があります。

巷では、多少でも利他的な行為はすべて奉仕活動扱いされるようなところがありますが、霊的真理で言うところの「奉仕」とは、「身を粉にするほど」の献身を、「利害関係のない赤の他人」に対して、「何年にもわたって続けること」を指します。

たとえば募金は奉仕とは言えませんし、その額が数千万円に達していても資産の大半を注いだわけでもないなら「奉仕」には該当しません(「善行」とは言えますから褒められることではあります)。



信仰的な献身を続けることで第7チャクラは活性化する。宗教の代わりを探すのが難しい。

2つ目の課題は、「信仰」です。

信仰とは、自分が信頼できると決めた師や団体に対して、徹底的に信望し続ける行為を指します。多くの場合これは、宗教信仰によって研鑽されます。肩書きだけ教徒を名乗っていても、教義の実践などをあまりやらないのであればそれは第7チャクラの活性にはなりません。

宗教信仰以外にも、オーケストラの指揮者に徹底的に従って修練することや政治家の後援会に入って後援活動することなどによって培われるケースもあります。

タレントやミュージシャンの追っかけ活動もこれに近いように見えますが、この場合は快楽的な見返りがあるため、信仰とは言えません。



熱心に奉仕している人を助けてあげよう。

一般的に、信仰的課題をこなすには宗教に身を投じる必要があります。しかし現代日本人にとって宗教とはうさんくさいもので、実際に信頼に値する宗教が無いのも実情です。何か代わりのもので信仰的献身をする必要性があるのですが、クラシック音楽に打ち込んで厳しい指揮者や講師に服従するくらいしか、第6チャクラ活性につながるものはないかもしれません。

素晴らしい理念を持った、でも大衆になかなか理解されない政治家の後援活動をしたり、奉仕的なことをしている人を手厚くバックアップするようなことでも、信仰的行為に該当するでしょう。



第7チャクラが弱いと掛かる病気・症状

第7チャクラが弱いと、髪の毛が薄くなります。熟年期には早いうちから頭頂部にはげが出来てしまいます。髪の毛の薄さは容姿に大きく影響するので、恋愛や人前の仕事などで不利な思いをするでしょう。

とはいえ、頭頂部のはげている人が必ずしも第7チャクラの弱い人とは言い切れません。老年期にはげてから第7チャクラを強化しても、髪の毛がふさふさに戻ることはないので、はげていつつ第7チャクラのパワフルな人もいないとも限らないのです。(実際にはほとんどいませんが。)


頭痛を訴える人に対して「第7チャクラが弱っているからだ」と指摘するスピリチュアリストは多いですが、それは勘違いです。第7チャクラには「頭部」というキーワードがありますが、頭部における病気が第7チャクラの停滞に関連しているわけではないのです。脳腫瘍や脳溢血などについても同様です。ぼけも第7チャクラとは関連しません。



第7チャクラを活性化するパワーストーン・クリスタル。

第7チャクラを活性化できるパワーストーン・クリスタルは、アメジスト、スギライト、チャロアイトなど「紫色」の石全般です。薄紫色でも大丈夫です。透明色の水晶石も第7チャクラを少し活性化します。

チャクラケアが目的なら、100円玉程度の小さなサイズの石で充分です。安価なもので充分で、それこそ100円でも買えるでしょう。高級な石を買ったところで、チャクラケアの能力は変わりません。

チャクラケアの方法は、「頭頂部のあたりに紫色の石を置いてじっとしている」それだけです。10分程度で充分です。

パワーストーンを用いて第7チャクラケアをしたいなら、3日に1度くらいは行いましょう。時々ケアをしたところで、あまり意味はないのです。チャクラケアを3,000円、5,000円と高額で提供しているセラピストは、その実情を理解していません。セラピストに頼む必要はないので、こつこつと頻繁にやりましょう。



第7チャクラを活性化するアロマ精油。

クラウンチャクラを活性化する効果のあるアロマ精油としては、サンダルウッド、フランキンセンス、ローズウッドなどが該当します。その他、紫色の花をつける植物は何にせよ有効です。

アロマ精油は、香りをかぐだけではチャクラ活性は出来ません。これらのアロマ精油をキャリーオイルに混ぜ、チャクラ周辺に塗り込む必要があります