【詳述】第6チャクラとは?活性化方法と効果。アロマ、パワーストーン、音楽、関連病気。

身体の中心軸にある「見えない器官」であるチャクラ。「第3の目」とも呼ばれ、多くのスピリチュアリストの神聖視の対象ともなっている第6チャクラの詳細を、役割や活性化の方法、滞っているときに患いやすい症状などについて詳しく解説していきます。

サイキック能力を持っていない人は第6チャクラが不活性なので、ぜひチェックして高めていきましょう。



第6チャクラ

色:ロイヤルブルー

部位:ひたい(第3の目)

サンスクリット語名:アージュニャーチャクラ

チャクラケア方法:下記の石を第6チャクラに置き、10分くらい静かに横になる。下記のアロマ精油を配合したキャリーオイルを第6チャクラ周辺に塗り込む。レイキなどのエネルギーヒーリングを第6チャクラに5分くらい流す。

対応するクリスタル:ラピスラズリ、アジュライト、タンザナイトなど

対応するアロマ精油:ローズマリー、ヘリクリサム、タイムなど



第6チャクラを恒常的に活性化する方法

第6チャクラの活性化方法については、様々なメディアが記述していますが、そのほとんどはその場しのぎの一時的な活性方法にすぎません。それではサイキック能力を会得したりする本格的な効果は期待できないのです。もちろんそれでは、アセンションに近付くことも出来はしません。

このページでは、第6チャクラを恒常的に活性化させる方法についても詳しく解説します。



座禅瞑想をすることで第6チャクラは活性化する。すなわち「第3の目」が開き、サイキック能力が開花する。

第6チャクラを恒常的に活性化したいなら、座禅瞑想をしましょう。

目を閉じて静かに座り、頭を空っぽにする時間を作ることで、第6チャクラが活性化されます。「第3の目」が開き、サイキックが開花します。

もちろん、1日やるだけでは意味がなく、1日30分以上、それを週に5日くらいは行い、3ヶ月くらいは続けましょう。ただ目を閉じているだけでは意味がなく、頭の中を無にすることが重要です。これは一見難しいことのように感じますが、延々と数を数え続けているだけでも「無の境地」には達することができます。多少何かを考えてしまうことがあっても、気にせず数かぞえに戻りましょう。完全に無でなくてはならないわけでもないのです。

第6チャクラの活性は、サイキックの開花という形でわかりやすく表出するので、取り組みやすいでしょう。



霊視や霊聴が芽生えても、そこで座禅瞑想をやめないで!

座禅瞑想を数週間も続けると、霊視サイキックが開花するはずです。これで浮かれてしまう人は多いですし、座禅修行のゴールを霊視だと教えているスピリチュアリストは多いのですが、これはまだ30点くらいの段階です。

さらに座禅瞑想の習慣を続けると、霊視が影を潜め、霊聴サイキックが開花します。守護霊や天使たちの声が聞こえるようになるのです。

ここでも浮かれずさらに座禅瞑想の習慣を続けると、まぶたの裏に青白いモヤモヤとした光を視るようになります。映画や写真のような具体的なヴィジョンは(ほぼ)視えることはなく、ただただ青白いモヤモヤだけが視えます。座禅瞑想開始直後は何も視えず、7分くらい経って青白いモヤモヤが視えはじめたなら、それはこの第3段階のものと言えます。

ただし、青白いモヤモヤの段階に達するためには、座禅瞑想を繰り返すだけでは不充分です。正義感や誠実さ、奉仕の精神(利他的な心)なども培えていないと、青白いモヤモヤの段階には達しないでしょう。総合力が要るのです。



質素な生活に慣れよう。バックパッカーの人はこれが得意。

2つ目に、「質素に慣れる」という課題も第6チャクラを活性化します。

断捨離をしてもまた新たに色んなものを購入していたのでは意味がなく、最低限の家具や衣服だけでも不満に感じないようになる必要があります。

ブランドにこだわらず、必要な質を持った安いものを選んで買えるようになったり、お金を使わずに手作りしたり貰ったりして工面する工夫も大切です。

これも、バックパッカーのような旅をすることでかなり鍛えられます。

寺ごもりでも鍛えられますが、1週間程度の体験では不十分です。



一人で時間をつぶすことが上手になろう。

3つ目の課題は、「孤独に強くなる」ということです。

退屈な時間を一人で過ごす、何かの作業を一人でこなす、テレビやBGMを掛けずに静かに過ごす、といったことで、第6チャクラは活性化します。

親から自立して一人暮らしをしたり、恋愛に依存せずに独り身の生活で不安を感じずに過ごせるようになることも、第6チャクラの活性に関連します。

人を嫌いになる必要はありませんし、必ず一人暮らしをしなければならないということでもありません。



スピリチュアリストの不正や嘘を見抜けるようになろう。

4つ目は、洞察力を身に着けることです。

たとえば、スピリチュアリストの本やブログを見たとき、すべてをそのまま鵜呑みにするのではなく、うさんくさいところがないか冷静になってチェックをします。「質素であるべき」と書いているいるのに厚化粧をしているスピリチュアリストなどは信用ができません。

推理小説など読みながら犯人を予測したりすることも洞察力のレッスンになります。なぞなぞやクイズ番組で懸命に考えることも然りです。必ずしも正解に至らなくても、自分なりの答えを導き出そうとするプロセスで、洞察力は磨かれます。



仏教寺修行のようなことを家庭の中でやってみよう。

仏教の寺修行は、第6チャクラの活性を強力に促すものが多いです。

座禅瞑想、粗食、快楽や物の少ない静かな環境、禅問答、あまりしゃべらない生活、どれも極めて第6チャクラ的です。ただし、1日や1週間程度だけ寺修行をしてもあまり意味は