【詳述】第3チャクラとは?活性化方法と効果。アロマ、パワーストーン、音楽、関連病気。

胃かいようやサラリーマンのストレス胃痛に大きく影響している第3チャクラ。その詳細を、役割や活性化の方法、病気・症状との関連性について詳しく解説していきます。

胃の調子がよくない人は第3チャクラが弱っているので、ぜひチェックして改善しましょう。



第3チャクラ

色:黄色

場所:太陽神経叢(みぞおち)

サンスクリット語名:マニプーラチャクラ

効果的なクリスタル:シトリン、アラゴナイト、ルチルクォーツなど

効果的なアロマ精油:ジュニパー、ベチバー、レモンなど

効果的な音楽:「ミ」の音



第3チャクラを恒常的に活性化する方法。

第3チャクラの活性化方法について検索すると、パワーストーンやアロマ精油の名前が出てくるでしょう。それらはたしかに第3チャクラに関連しますが、物を使った活性化はあくまで一時的な効果があるのみです。

本来のチャクラ活性化とは、行動習慣を改めることで行うものなのです。これを理解しなければ持病や体質の改善は出来ませんし、アセンションに近付くことも出来はしません。

当記事では、第3チャクラを恒常的に活性化させる方法についてもしっかり解説していきます。



知性を磨くことで第3チャクラは活性化する。

第3チャクラを恒常的に活性化させるためには、まず、知的な探求が必要です。

勉強のことですが、ただ単語や年表を暗記するだけではあまり意味がありません。物事の理屈を理解し、それをわかりやすく説明できるような思考力を磨く必要があります。ディベートを繰り返すことでもこの力は伸びます。



視覚タイプの人も、文字の本をしっかり読もう。

読書もこれに役立ちますが、もちろん絵ばかりのマンガなどでは意味がありません。「私は映像で理解するタイプだ」と言う人がよくいますが、それは論理的な思考力が弱いだけです。つまり第3チャクラが活性されていないのです。

また、字ばかりの本であっても、ただ読むだけでは知性はあまり伸びません。そこから教訓をつかみ取るような真の理解が大切なのです。たとえば、中学生くらいで三国志が流行る地域は多いですが、それを読んで武将のカッコよさに陶酔している人々は、どれだけ読書家でも知性がありません。「戦争って不毛だな」と気づくことが、核心を突いた知性です。



計算や論理的な思考力を身に着ける。

算数を学び、損得の計算が出来るようになることも第3チャクラの活性において重要ですが、しかし、人を騙して大儲けできるビジネス力がついても高い知性とは言えません。知性の高い人は、「お金儲けをしても世界は幸せにならない」という節理に気づきます。

こうした思考ができるように頭を働かせることが、第3チャクラの活性に繋がります。



ユーモアのセンスを磨こう。そしてよく笑おう。

第3チャクラには、「ユーモア」という課題もあります。

知性とは真逆のことのように思えるかもしれませんが、ユーモアというのは頭がよくなければ言えません。ユーモアとは一発ギャグのことではなく、たとえば笑点の大喜利でみられるような、「上手いな!」とうなるような知的なジョークのことです。

笑うことでも第3チャクラは活性化されます。これはユーモアの利いたジョークでなくてもかまいません。



真の成功や繁栄、望む現実の具現といった効果はない。

第3チャクラ活性の効果として、「真の成功や繁栄」「望む現実の具現」などといったことを書くメディアがありますが、それは誤りです。第3チャクラを活性化したところで成功や金銭的繁栄などが引き寄せられたりはしません。チャクラとはそのような魔法じみたものではなく、単純に肉体治癒を速めるだけです。

「真の成功や繁栄」「望む現実の具現」といったことに強い興味を持つビジネスマンや起業志望者などは、第3チャクラが弱い傾向にあります。



第3チャクラが弱いと掛かる病気・症状

第3チャクラが弱いと、ストレスがかかりやすくなります。主に胃痛にのしかかるストレスで、ひいては胃炎、胃かいよう、胃がんの原因ともなります。

ストレス胃痛への影響は、第3チャクラがかなり活性化されるまで続きます。笑いによる気分転換が足りないとすぐに胃はダメージを受けるので、笑顔でリラックスした雰囲気を毎日適度に確保できるような生活スタイルを確立すべきです。多くのサラリーマンは日々が緊迫しすぎていてリラックスが足りず、知性が高くても胃痛に陥ります。


人は生活に笑いを求めますが、ユーモアのスキルが足りず自分で自分を笑わせられない人は、どうしてもひょうきんな人を近くに求めます。しかしひょうきんな人には快楽主義者や性格の悪い人が多いため、笑いと引き換えに迷惑をこうむり、リスクを背負いがちになってしまいます。また、笑いを得るための出費も増えてしまいます。


知性の乏しい人は文字の多い本を避けがちで、すると知識や理解力が乏しくなりがちです。これはあなたを、アニメやテレビゲームなど快楽要素の強いものへと向かわせてしまいます。これらを好む人にも快楽主義者や淫乱な人、子供じみた人が多いため、趣味の輪にいると迷惑をこうむりやすくなります。


なお、第3チャクラについて、「自律神経に関連する」と書くメディアをよく見かけますが、自律神経には関連しません。自律神経失調症、統合失調症、うつ病の改善などに、第3チャクラは改善しません。


第3チャクラあたりからは、肉体的な病気よりも精神への影響が大きくなってきます。