top of page
  • れな

【詳述】ツインソウルを徹底解説!特徴や出会い方。統合と覚醒。誕生日で導き出せる?

ツインソウルとは?「運命の人」のことではない!

ツインソウルといえば、スピリチュアル用語の中でもひときわロマンチックものとして知られています。「私のことを何から何まで理解してくれていて、私のことを無条件で愛してくれる、唯一無二の魂の片割れ・・・。」そのような説明がなされていることが多く、そのような認識を持っている人が多いことでしょう。

しかし、ツインソウルとは本来、そのような意味ではありません。ほとんどのスピリチュアリストが、ツインソウルの意味を誤解したまま説明してしまっているのです。



ツインソウルとは、12人いる親密なソウルグループの面々。

いきなり衝撃を受けられるかもしれませんが、あなたにとってのツインソウルとは、この広い宇宙の中に11人もいます。あなたを含めて12人のグループということです。

ツインソウルとは、ソウルメイトの1つであり、魂的に結びつきの強い間柄ではありますが、しかし「魂の片割れ」といった唯一無二の関係性ではありません。

ちなみに、皆さんがイメージしているであろう、「運命の人・魂の片割れ」といった意味合いを持つ言葉は、「ツインレイ」が該当します。



ツインソウルとは、成長を助け合う仲間たち。

ツインソウルは、1つのプロジェクトを一緒にこなす12人のグループです。プロジェクトというのは、アセンションをはじめとする霊的成長のことであり、ツインソウルの仲間内で情報共有をしたり、または近しい関係性で生まれてきて助け合ったりします。

「助け合う」というよりは「切磋琢磨」「鍛えられる」ニュアンス。

家族同士がツインソウルで、死んでもまたすぐにその家の赤ちゃんとして生まれてくるようなエピソードが語られるのは、ツインソウル同士の助け合い(切磋琢磨)の物語です。


そうですね、「助け合い」というよりは「切磋琢磨」といったニュアンスのほうが正確で、ツインソウルがあなたの生活をラクにしてくれるようなことは、まずありません。あなたの苦手なことを得意とすることが多いですが、あなたは彼のそのスキルを学ぶことが重要なのであり、ずっと助けてもらうわけにはいかないのです。



「嫌な父親」がツインソウルであることはよくある。

たとえば、なぜかあなたにガミガミ怒ってくる父親なども、あなたのツインソウルである可能性が高いです。

ヒプノセラピー(退行催眠)を受けて、過去世でもその父親と同じような顔の人にガミガミ怒られているビジョンを視て、「私の導き役なのね」と気づき、憎んでいた父を愛するようになる・・・といったエピソードは、ツインソウルの助け合いの物語です。



1976年以降の生まれの人は家族にツインソウルを持たない。

ただし、1976年以降に日本に生まれた人々にとって、家族の中にツインソウルが居ることはほとんどありません。この世代の日本人は、異なる世界の異なるグループから生まれてきています。魂的に、親子の縁はあまり無いのです。

インディゴチルドレンやクリスタルチルドレンは、肉親家族の中にツインソウルを持ちません。



ツインソウルの12人には、連帯責任のプロジェクトがある。

ツインソウルの12人は、それぞれがアセンションや13次元達成の自己成長に励んでいますが、かつ同時に、12人のグループの成長プロジェクトにも励んでいます。それは連帯責任のようなもので、そのため、ツインソウルグループの誰かの成長が遅れているなら、自分の成長は後回しにして、そのメイトの成長のための人生を送ることがあります。


そのためツインソウル同士は、親子や教師のような間柄にあることが多く、ロマンチックな恋仲になることはほとんどありません。ツインソウルとは多くの場合、ロマンチックなものではないのです。



同時に転生しているツインソウルは3~4人程度。

ツインソウルはあなたを含め12人いますが、その12人すべてが同じ時代に地球に転生していることは稀です。大抵の場合、せいぜい3~4人です。その3~4人も、必ずしも近しい間がらに生まれてきているとは限らず、一生の間に一度も会わないことも少なくはありません。

基本的に、「ツインソウルを探してめぐり合う」ということはあまり意味のある作業ではないのです。関わり合うべき関係性である場合、特に努力をしなくても関わり合えるようになっています。同じ親族であったり、田舎の村の同じ集落に住んでいたりするのです。



ツインソウルと恋愛することもあるが・・・。

恋愛という形でツインソウルに導いてもらうケースが、無いわけではありません。しかしその場合、女性にとってそのツインソウルの相手は、「尽くしてくれる王子様」ではないでしょう。

女性にとってツインソウルは、「成長させてくれる相手」であることがもっぱらです。いえ、彼が怒りっぽいとは限らず、優しく優秀な男性であることもありますが、しかし彼と付き合うためにはあなた自身の努力や我慢、精神的な成熟を要することが多いでしょう。研究者で忙しく、デートの時間がほとんど取れない人であったり、バックパッカーでしょっちゅう海外をさすらっていたり、欲のない貧しい人であったりするのです。



依存心の強いうちは、ツインソウルとの恋愛を期待しないほうが良い。

男性に対する依存心が強い未熟なうちは、ツインソウルを探したり付き合ったりするのは控えたほうが良いでしょう。またはひと夏の恋やセックスフレンドのような関係性と割り切ったほうが良いです。

さらには、ツインソウルの場合、「魂の片割れ」というわけではなくほかにもツインソウルメイトが存在します。そのため、あなたにツインソウルの彼を独占する権利があるわけではないのです。他のツインソウルメイトの女性もまた、彼に恋することで自己成長を計画しているかもしれないのです。独占欲の強い人に、ツインソウルとの恋愛やセックスは向きません。



誕生日からツインソウルを割り出すことは出来る?

誕生日によってツインソウルを判断できると説く人がいます。また、誕生日辞典に「運命の人」の誕生日を記述するようなものがあります。

しかし、誕生日ではツインソウルを探り当てることは出来ません。誕生日が同じということもほとんどありません。誕生日や星座は、ある程度相性の良い人を探り当てる目安にはなります。しかし、あなたとツインソウルの相手の相性が良いとも限りません。ツインレイではありませんから、あなたとの相性を考慮したり、相性の良い特質を携えて生まれたりはしないのです。



ツインソウルと出会う方法。チャネラーに鑑定してもらおう。

どうしてもツインソウルに出会いたい場合、あなたの守護存在に尋ねるか、それが出来ないならばチャネラーや霊能者と呼ばれるような人に具体的な情報をチャネリングしてもらうのが良いでしょう。オラクルカードなどを使ったセッションでは正しい情報は得られないのでご注意ください。

もちろん、自分でチャネリングが出来るようになったほうが遥かにベターではあります。



ツインソウルとの「覚醒」?「統合」?

ツインソウルとの出会いについて、「覚醒」や「統合」という概念を説く人がいます。しかし、それはツインソウルではなくツインレイとの出会いについてのものであり、ツインソウルとの出会いに覚醒や統合はありません。

ただし、ツインソウルに関しても、かなり人格が成熟していないと出会うことはないでしょう。

多くの場合、ツインソウルは遠く離れた国に住んでいます。そのため、ツインソウルに出会うためにはあなたが海外旅行を苦にしないような強さを持っていないと厳しいです。もちろんパックツアーではなく個人旅行でなくてはなりません。


ツインソウルの相手があなたの国に訪れることもあるでしょうが、そのタイミングで上手く落ち合うことも、それはそれで至難の業です。やはりチャネリングの出来る人にそのタイミングや場所、相手の特徴、名前などを聞かないことには、どうにも成就しないでしょう。



「出会った途端に不思議な感覚」は起こるの?

「ツインソウルと出会ったら、目を見ただけでわかる」と説く人がいますが、そんなことはありません。ごくまれにそのような人がいますが、それについてもツインソウルではなくツインレイの相手の場合に限るでしょう。

ある程度、霊感が強いなら、「目を見ただけで」という概念とは違うとしても、察知することが出来るケースもあります。目を見ただけで察知できるようになりたいなら、あなたも霊感を磨いておかなければなりません。座禅瞑想を毎日続ければ、霊感は強くなります。



ツインソウルに明確な特徴はある?

なお、「ツインソウルは瞳に特徴がある」「透き通るような瞳をしている」などと書いている人がいますが、ツインソウルの相手は人によって違うのですから、瞳や体に明確な特徴があったりはしません。

また、一般的に男性よりも女性のほうが霊感が強いので、出会ったときにツインソウルだと察知するのはもっぱら女性側のほうです。男性側のほうに気づいてもらうというのは、あまり期待はできません。彼の霊感が強いとしても、男性の霊感は視覚的には働かないので、やはり気づかないでしょう。

このように、いろんな面で、あなたが成熟していないと、ツインソウルには出会えませんし、出会っても気づけないのです。



あなたの精神が成熟しているなら、良い恋愛にもなりうる。

あなたの精神が成熟していて、自立的で優しいレディになっているなら、ツインレイの男性と素晴らしい恋愛になることもありえます。

ツインレイの男性は精神的に成熟していることが多く、あなたの精神が成熟していれば大人びた者同士で非常に良い交流が気づけます。



「運命の人、魂の片割れ」といった、唯一無二のソウルメイトについて知りたい場合は、「ツインレイ」のページをご参照ください。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page