【詳述】エネルギーフィールドとは?エネルギー体とは?種類と役割、ケア方法。

執筆者:れなさん


エネルギーフィールドとは?エネルギー体とは?

エネルギーフィールドとは、私たちの肉体の外側を覆う、エネルギーの領域のことを指します。幾重にも層になっており、それぞれに呼び名と性質があります。オーラ体、エネルギー体などとも言います。

真の健康を手にするためには、エネルギーフィールドに気を配ることは不可欠です。



エーテル体

最も肉体に近い層は、エーテル体です。近いというよりも、エーテル体は肉体と重なるように存在しています。シャンバラやテロスなどの5次元社会の住人は、このボディのみ(肉体のボディ無しで)存在しています。


物理世界で生きる人たちからは見ることはできず、触ることもできません。エーテル体の人同士は触れることができ、物質的な質感を感じます。霊視のできる人はこのボディが視えることがありますが、いつでも視えるわけではありません。



アストラル体

エーテル体の外側にあるのは、アストラル体です。幽体、感情体ともいいます。

アストラル体はもう人間の形はしておらず、肉体を覆うタマゴ型のオーラフィールドです。肉体の外側10センチくらいまでの範囲にあります。


感情体と言われるように、感情の影響を受けやすく、すぐに逆立ったり色が変わったりします。

オーラ視のできる人が視ているのはもっぱらこのアストラル体で、その時の気分で色もころころ変化するものなので、霊視しても実はあまり意味がありません。その人のオーラカラーを特定する手がかりにはならないのです。オーラソーマのポマンダーを使っても簡単に変化します。


他人のアストラル体と混ざることはない。

「他人のアストラル体と混ざりやすい。混ざると不快になったり気分が悪くなったりする」などとよく言われていますが、はたから見て混ざったように見えているだけで、実際に他人のアストラル体が自分のアストラル体に混ざりこんでいたりはしません。

怒っている人がそばにいるとたしかにこちらも気分を害しますが、それはアストラル体が乱れた・汚れたからではなく、単純にその人の姿や怒鳴り声などで気分を害しているだけです。人ごみの中で疲れを感じるのも、アストラル体が云々ということではなく、もっと物理的な影響にすぎません。


アストラル体の「ケア」は治癒効果がある。

オーラソーマのポマンダーなどでアストラル体をケアすると、多少なりともそのカラーごとの疾患の回復を促進します。霊感の強い人ほど効きやすいです。


赤いオーラのケア:体力の回復、冷え性改善、PMSの軽減、倦怠感の軽減、筋肉痛の回復を早める、ケガや傷の回復を早める。低級霊からの保護。

オレンジオーラのケア:便秘の改善、婦人科系の病気の回復を早める、大腸・小腸疾患の回復を早める、倦怠感の軽減。うつ病の軽減、エーテルギャップ(極度の消耗感)の回復。

黄色いオーラのケア:胃腸の病気の回復を早める、ストレス性疾患の回復を早める、皮膚疾患の回復を早める、脳がシャキっとする(≒カフェイン効果)。

緑オーラのケア:心臓、肺の病気の回復を早める、ストレス性疾患の回復を早める、脳波をしずめる(リラックス、睡眠導入)。

青いオーラのケア:のど疾患の回復を早める、芸術的感性を刺激する、脳波をしずめる(リラックス、睡眠導入)。

藍色オーラのケア:眼精疲労軽減、目や耳の疾患の回復を早める、チャネリングを円滑にする、瞑想状態を深める、うつ病の軽減。

紫オーラのケア:頭痛の軽減、瞑想状態を深める、うつ病の軽減、脳波をしずめる(リラックス、睡眠導入)、脱毛疾患の軽減。

ピンクオーラのケア:PMSの軽減、性機能の改善、性病の回復を早める、精液の分泌を潤沢にする、美肌。


ただし、劇的な効果があるわけではなく、また体感の強弱にはかなり個人差があります。小さな子供などはよく効きますし、お酒に酔いやすい人、霊視ができる人、催眠術にかかりやすい人なども効きやすいでしょう。効果の実感が乏しい人は、ポマンダーを使ってもあまり意味がないということです。

レッドポマンダーによるプロテクションは、気疲れや感情の乱れから守るものではなく、低級霊やサイキックアタックからの防御です。(すべての低級霊やサイキックアタックを防げるわけではありません。)

オーラソーマ・ポマンダー以外のアストラル体ケアのアイテムとしては、アロマオイル、各色のパワーストーン、エネルギーワーク、ブレスワークが挙げられます。食事も影響します。



メンタル体

アストラル体の外側には、メンタル体があります。精神体、カラーナボディなどとも呼ばれます。

精神体の名のとおり、その人の精神を強く表します。物欲が強い人や攻撃性の強い人は赤っぽい色を、精神性の高い人や芸術活動を好む人は青っぽい色を、という具合です。


感性が多彩だとメンタル体も色彩豊か。

多彩な感性をしている人はオーロラのように色とりどりのメンタル体を見せます。もちろん、やれることや好きなことが増えるにしたがって、このメンタル体は大きく色彩豊かになっていきます。