【詳述】アセンションとは何か?~誤解されてばかりのアセンション~

アセンションに関する情報は、誤ったものばかりです。ため息が出るくらいに、誤った情報ばかりです。

「地球のエネルギー上昇に伴い人の次元が上昇して神聖化する」「アセンションによって運気が上昇する」「超常的なパワーを手にする」といった誘惑的な内容は、すべてあなたを心酔させるためのまやかしです。

アセンションという言葉を現代社会にもたらしたのはイエスキリストなのですが、彼の磔刑後の「昇天(アセンション)」は、地球の波動の力で起きたものでしょうか?洗礼者ヨハネのヒーリングの力で起きたのでしょうか?どちらも違います。イエスキリストのアセンションは、彼の言動によって達成されたものです。

では、イエスキリストは何をしたのでしょうか?スピリチュアルヒーラーとして売れっ子になり、富を築いたのでしょうか?違いますよね。



ほとんどのアセンション情報が故意なでたらめか推測にすぎない・・・。

アセンションについて明確に説明している書物や文献は、非常に少ないです。

なぜ、アセンションについて的確に説明している人は少ないのでしょうか?


それは、アセンションというものが、時代や状況によって、ある程度変化する曖昧なものだからです。


現代、アセンションについて語る、多くのブログや書籍の著者たちは、旧約聖書をはじめとした過去の伝承を元にして、推測により、独自の理論を語っていることがもっぱらです。明確に真実を理解しているスピリチュアリストはほとんどいません。


アセンションを簡潔に言えば、「奉仕と努力で達成する境地」ということ。

ひと昔前までは、アセンションに関する情報もそれなりに誠実なものでした。完全に正確ではないにせよ、概要は的を射ていました。

過去の伝承にせよ、現代人の推論にせよ、共通して見られた特徴としては、

「奉仕的なことをよく頑張った人が、肉体の死を迎えずして、地球上のどこかにある楽園に導かれていく…」

といったところでしょうか。おそらくあなたも、アセンションについてこのようなイメージを抱いており、そして楽園への招待に憧れていることでしょう。


繰り返します。アセンションをざっくりと言えば、「奉仕と努力で達成する境地」です。

だからキリスト教徒は修道院にこもって修行をし、仏教徒は僧院にこもって修行をしたのです。必ずしも修道院的な施設にこもらずともアセンションは可能なのですが、欲と貨幣にまみれた俗社会から距離を取って向上に励まないと難しいものであることはたしかです。

ヒーリングや地球の波動、宇宙の波動の影響で自動的になされるものではありません。レイキをたしなんでいても、それだけではアセンションは出来ません。


一般的に使われているアセンションの意味は、「3次元社会から5次元社会への以降」の意。

まず、「アセンション」という言葉は、日本語に訳すと「次元上昇」となります。次元が1段階でも上昇すれば、それはアセンションなのです。人々は長い長い輪廻転生の中で、13回くらいはアセンションすることになります。

これが、「アセンション」という言葉の本来の意味です。


ただし、現在、スピリチュアリストたちに語られる「アセンション」という言葉は、「3次元社会から5次元社会の移行」といった、長い転生修行の中で1度しか経験しないような大きなステップアップについて用いられていることが多いです。

特に注意書きが無いのであれば、その文章においてアセンションとは、こちらの意味で扱われているでしょう。


そして、この「大きなステップアップ」としてのアセンションにおいても、複数の意味・バリエーションがあるのです。


20世紀まではアセンションの条件を満たすとシャンバラなどに移行させられた。

では、まず最初に、「従来まで(20世紀まで)のアセンション」について、説明しましょう。

この地球上には、私たちの視力では認知出来ない「エーテル界」に、幾つかの文明社会が存在しています。有名なところでは、チベットの奥地の「シャンバラ」や、アメリカのシャスタ山の「テロス」などが挙げられます。


霊的な成長に尽力し、「虹の7色」のスキルを合格ラインまで会得した人だけが、光のボディ(エーテルボディ)を与えられ、それらの5次元都市へと招待されるのです。

世界各地に「神隠し」と呼ばれる不可解な失踪事件が散見されますが、このうちのいくつかは、アセンションを達成して5次元社会へと移行したのです。

以降、「虹の7色」を達成した彼らは、浮世を離れ、5次元文明の一員として、数万年にも及ぶ年月を、そこで過ごします。


ただし、教師としての能力が高い人の場合、アセンションの達成を告げられた後、現世社会に残る(戻る)ことを勧められます。その社会の中で、霊的な教えを説くためです。仏陀(ゴータマ・シッダールタ)などがそれに該当します。



一時的に5次元文明に招待されることはアセンションとは呼ばない。

なお、一時的に5次元文明に招待され、わずかな期間で戻ってきた人達のエピソードがたまに見受けられますが、そういう事例は「アセンション」とは言いません。

「虹の7色」のうちの5つほどをクリアしていれば、一時的な招待を受ける可能は、あります。しかしこれは、たまたま5次元文明の入り口のそばに迷い込んだ人に限られる特例です。家と会社を往復しているだけの人がいきなりシャンバラにテレポートすることはありません。