【詳述】「エデンの園」とは何だったのか?実在したのか?

執筆者:れなさん


アダムとイヴの住んでいた場所「エデンの園」。旧約聖書にもそれが描かれています。

以降、歴史上の文学に、「楽園」として描写されることから、現代人でもエデンの園に憧れている人は多いことでしょう。この言葉に妙ななつかしさを感じる人もいることでしょう。

エデンの園とは何だったのでしょうか?


なお、この解説は旧約聖書に基づくものではありません。チャネリングによって得た情報です。



「ノアの大洪水」の前に地球に存在した、アセンション文明の1つ。

6,000年ほど前に、地球全土を覆い尽くす大洪水があったことはご存じでしょうか?「ノアの大洪水」です。エデンの園は、それ以前の地球に存在していたアセンション文明でした。

アセンション文明ということはすなわち、精神レベルの高い人たちばかりが住む場所だったのです。エデンの園はアセンション文明です。



エデンの園にはセックスの自由があった。

ルネサンス絵画などに描かれるエデンの園では、アダムもイヴも、他の人たちも皆裸です。これは事実で、エデンの園では皆、もっぱら裸で暮らしていました。裸であることに恥ずかしさなど感じていませんでした。

セックスに対しても、恥じらいはありませんでした。私たちと同じように、セックスに対して強い快楽を感じていましたが、しかし背徳心(うしろめたさ)は感じていませんでした。

誰もが日常的に、セックスを楽しんでいたのです。

セックスは結婚したカップルだけが交わすものではなく、誰が誰と交わしてもよいものでした。恋人関係になる必要もありません。セックスはとても自由なものでした。女性同士でセックスする人たちも大勢いました。


エデンの園が後世の人々に「楽園」と呼ばれるのは、そのためです。セックスの自由があったからです。

ノアの大洪水以降の文明では、そのほとんどが、セックスに制限を設けました。配偶者としか交わしてはならない、といったものです。だから皆、エデンの園に憧れたのです。



現代人にとって、エデンの園は楽園には感じられないかも。

エデンの園は楽園でしたが、現代人にとって楽園に感じられるかどうかはわかりません。

エデンの園は、絵画の様子から察せられるとおり、とても原始的な暮らしをしていました。エアコンなどありませんし、車もエスカレーターもありません。

暑さ寒さはガマンしなければなりませんし、重たいものも自分で運ばなければなりませんでした。

たくさんのグルメはなく、たくさんのスイーツもありません。

畑で採れる野菜と、フルーツがあっただけです。


実は、これに近い暮らしが今の地球にもあります。

アフリカの原住民族などほとんどこの通りですし、東南アジアの山岳民族なども近い暮らしをしています。

しかし日本人の中に、東南アジアの原始的な生活を好む人はどれくらいいるでしょうか?「水洗トイレのない村でなんて暮らしたくないわ」と、誰もが言います。

つまり、エデンの園で暮らせたとしても、「不便でうっとおしい」と感じてしまう人が多いでしょう。



エデンの園の労働は1日1時間くらい。

エデンの園にも労働はありました。

しかし、生活に必要なものはちょっとの食料と家くらいなものですから、必要な労働もほんの少しでした。1日に1時間農業をして、そして人が増えたときに皆で家を建てます。女性も子供も日曜大工をします。

1日1時間の農業で、食料はまかなえられるのでしょうか?

エデンの園の人々は、きゅうりの長さがふぞろいでも文句は言いません。キャベツに虫食いがあっても文句は言いません。りんごが個別包装されていなくても文句は言いません。珍しい野菜を食べたがったりしません。このように欲が薄いので、最低限の農業で充分なのです。本来、人の暮らしとはそういうものなのです。欲求が多いから、労働が多くなり、複雑になったのです。

私たち現代日本人にとって、エデンの園から学べる気づきは多いでしょう。


エデンの園のような暮らしで充分だと感じる人が、現代人にも少しはいます。彼らはエコヴィレッジを作って、のんびりと自給自足しながら暮らしています。

しかし、若い女性にエコヴィレッジを好む人が少ないので、このエコヴィレッジ文化も行き詰まるかもしれません・・・。



エデンの園にはセックスがたくさんありました。

労働の時間以外は、およそずっと、異性とイチャイチャしていても良いくらいでした。セックスをしなくても、仔犬のように友人たちとスキンシップしていました。肌を重ね合うだけでも気持ち良く、幸せだからです。

しかし、エデンの園にはオモチャはほとんどありません。ファミコンはありませんし、スマホもありません。遊園地やカラオケ、映画もありません。

セックスはたくさんあっても、ホビーは無いのです。

私たち現代人には、ホビーはたく