【詳述】「エデンの園」とは何だったのか?実在したのか?

執筆者:れなさん


アダムとイヴの住んでいた場所「エデンの園」。旧約聖書にもそれが描かれています。

以降、歴史上の文学に、「楽園」として描写されることから、現代人でもエデンの園に憧れている人は多いことでしょう。この言葉に妙ななつかしさを感じる人もいることでしょう。

エデンの園とは何だったのでしょうか?


なお、この解説は旧約聖書に基づくものではありません。チャネリングによって得た情報です。



「ノアの大洪水」の前に地球に存在した、アセンション文明の1つ。

6,000年ほど前に、地球全土を覆い尽くす大洪水があったことはご存じでしょうか?「ノアの大洪水」です。エデンの園は、それ以前の地球に存在していたアセンション文明でした。

アセンション文明ということはすなわち、精神レベルの高い人たちばかりが住む場所だったのです。エデンの園はアセンション文明です。



エデンの園にはセックスの自由があった。

ルネサンス絵画などに描かれるエデンの園では、アダムもイヴも、他の人たちも皆裸です。これは事実で、エデンの園では皆、もっぱら裸で暮らしていました。裸であることに恥ずかしさなど感じていませんでした。

セックスに対しても、恥じらいはありませんでした。私たちと同じように、セックスに対して強い快楽を感じていましたが、しかし背徳心(うしろめたさ)は感じていませんでした。

誰もが日常的に、セックスを楽しんでいたのです。

セックスは結婚したカップルだけが交わすものではなく、誰が誰と交わしてもよいものでした。恋人関係になる必要もありません。セックスはとても自由なものでした。女性同士でセックスする人たちも大勢いました。


エデンの園が後世の人々に「楽園」と呼ばれるのは、そのためです。セックスの自由があったからです。

ノアの大洪水以降の文明では、そのほとんどが、セックスに制限を設けました。配偶者としか交わしてはならない、といったものです。だから皆、エデンの園に憧れたのです。



現代人にとって、エデンの園は楽園には感じられないかも。

エデンの園は楽園でしたが、現代人にとって楽園に感じられるかどうかはわかりません。

エデンの園は、絵画の様子から察せられるとおり、とても原始的な暮らしをしていました。エアコンなどありませんし、車もエスカレーターもありません。

暑さ寒さはガマンしなければなりませんし、重たいものも自分で運ばなければなりませんでした。

たくさんのグルメはなく、たくさんのスイーツもありません。

畑で採れる野菜と、フルーツがあっただけです。


実は、これに近い暮らしが今の地球にもあります。

アフリカの原住民族などほとんどこの通りですし、東南アジアの山岳民族なども近い暮らしをしています。

しかし日本人の中に、東南アジアの原始的な生活を好む人はどれくらいいるでしょうか?「水洗トイレのない村でなんて暮らしたくないわ」と、誰もが言います。

つまり、エデンの園で暮らせたとしても、「不便でうっとおしい」と感じてしまう人が多いでしょう。



エデンの園の労働は1日1時間くらい。

エデンの園にも労働はありました。

しかし、生活に必要なものはちょっとの食料と家くらいなものですから、必要な労働もほんの少しでした。1日に1時間農業をして、そして人が増えたときに皆で家を建てます。女性も子供も日曜大工をします。

1日1時間の農業で、食料はまかなえられるのでしょうか?

エデンの園の人々は、きゅうりの長さがふぞろいでも文句は言いません。キャベツに虫食いがあっても文句は言いません。りんごが個別包装されていなくても文句は言いません。珍しい野菜を食べたがったりしません。このように欲が薄いので、最低限の農業で充分なのです。本来、人の暮らしとはそういうものなのです。欲求が多いから、労働が多くなり、複雑になったのです。

私たち現代日本人にとって、エデンの園から学べる気づきは多いでしょう。


エデンの園のような暮らしで充分だと感じる人が、現代人にも少しはいます。彼らはエコヴィレッジを作って、のんびりと自給自足しながら暮らしています。

しかし、若い女性にエコヴィレッジを好む人が少ないので、このエコヴィレッジ文化も行き詰まるかもしれません・・・。



エデンの園にはセックスがたくさんありました。

労働の時間以外は、およそずっと、異性とイチャイチャしていても良いくらいでした。セックスをしなくても、仔犬のように友人たちとスキンシップしていました。肌を重ね合うだけでも気持ち良く、幸せだからです。

しかし、エデンの園にはオモチャはほとんどありません。ファミコンはありませんし、スマホもありません。遊園地やカラオケ、映画もありません。

セックスはたくさんあっても、ホビーは無いのです。

私たち現代人には、ホビーはたくさんあってもセックスはほとんどありません。

どちらが幸せなのでしょうか?たくさんのホビーには、毎日汗を流して長時間労働するほどの価値があるのでしょうか?セックスなら働かなくても楽しむことができます。

私個人の見解としては、たくさんのホビーに囲まれながら週40時間も働いて暮らすより、セックスと積み木だけの社会のほうが幸せに感じられます。私は遊園地やショッピングモールよりも、セックスが好きです。

私は、オートマチックな家に住みたいがために、最愛の彼を毎日午前様で働かせたいとは思いません。つまり、恋人に年収500万円を求めたりはしません。彼の年収が200万円でも、毎日ゆっくりスキンシップしながら暮らしていたいです。



エデンの園に魔法はありませんでした。

魔法はありませんでしたが、植物のチカラを上手く活用していました。漢方やハーブ、アロマテラピーのような概念です。

彼らは熱を下げる植物や炎症を抑える植物、肌をスベスベにする植物についてよく知っていました。もちろんお金はかけません。周りはコンクリートジャングルではないので、植物は簡単に摘んでこられます。

彼らは、健康や美容にお金をかけませんでした。



エデンの園の人々は、音楽を非常に好みました。

絵も好きですが、音楽のほうが好きです。

絵も好きです。芸術が好きです。

集中力や忍耐力は、芸術を通して培われました。勉強ではなく、スポーツでもありません。

芸術が好きなのは、美しいものが好きだからです。

美しいものが好きなので、誰もがせっせと着飾りました。とはいえ、ショッピングモールでブランドの服を買ってくるわけではありません。花を摘んで、花で着飾るのです。シロツメクサを摘んで、冠を作ります。2日でしおれるので、次から次へとせっせと作ります。

美しいものをとても好みましたが、お金はかかりませんでした。花があるからです。



エデンの園の人々は、争うことをしませんでした。

戦うという概念はなく、争うという概念はありません。

スポーツなどしませんでした。争いたいと思わないのです。格闘技だけでなく、球技もしませんでした。陸上競技もしません。

しかし、体を動かすことは好きでした。

だからダンスを踊ります。芸術的で美しい、体の動かし方です。

もちろん、ダンスに大会などありませんでした。順位を付けるようなことはしません。それでも人々は、どんどん腕を上達させました。ダンスが楽しいからです。ダンスを上達させるために、大会も賞金も必要ありませんでした。



エデンの園の人々は、怠惰ではありませんでした。

義務などというものはほとんどなく、自由でしたが、家でずっとだらだらしていたがる人はいませんでした。だらだらしていると太るからです。美意識が高い彼女たちは、太るのが嫌なので、誰に言われなくとも適度に体を動かしました。農業をして、ダンスをするのです。



エデンの園に法律はありませんでした。

極めて平和で、犯罪も起こりませんでしたが、しかし法律や罰則が厳しかったわけではないのです。住民に良心があったので、法律がなくても犯罪は起こりませんでした。現代日本でも、田舎のほうの人々はそのような感じで暮らしていますね。

従って、政治家というものはなく、特別な権力や既得権益を持つ人もいませんでした。



エデンの園に受験戦争はありませんでした。

それどころか、学校すらありませんでした。

エデンの人々も勉強をしますが、ほんの少しです。

言葉を覚え、足し算引き算、掛け算割り算を覚えるだけです。

精密な機械を造らないので、精密な計算をする必要はありませんでした。だます人はいないので、3けたの計算も必要ありませんでした。

「りんごが15個あります。5人で分けたらいくつずつ?」その程度の計算ができれば充分なのです。だます人がいなければ、簡単な計算を知れば充分なのです。

仕事は農業や日曜大工しかありませんから、歴史を覚える必要はありません。化学記号を丸暗記する必要もありません。

どんなに頭が悪くても、生計に困ることはありませんでした。



エデンの園の子育てはとても楽でした。

子供を習いごとに送り迎えする必要はなく、子供が課金ゲームで借金をこしらえることもなかったからです。5万円のランドセルを買う必要もありません。

子供たちはテレビに夢中だったりはしないので、弟や妹の子守りを進んで手伝ってくれました。

家の壁は真っ白ではなく、ソファーも真っ白ではないので、乳幼児がご飯をこぼしても誰も困りませんでした。

子供の受験や就活に、親が一緒に悩む必要性もありませんでした。



エデンの園の恋愛はとても簡単でした。

男性は女性に料理を求めたりはせず、女性は男性に洒落たプレゼントを求めたりはしなかったからです。

「彼と抱き合いたい」と思ったら、女性たちはその彼に声をかけました。それだけで彼女の恋は叶いました。およそ努力というものは必要ありませんでした。声をかけるだけです。

恋愛はもっぱら女性がリードしました。女性のほうが恋愛欲求が強く、性欲が強いからです。

それでおよそみんなが幸せでした。およそ努力をしなくても、人生にはふんだんなセックスがありました。



エデンの園は女系社会でした。

つまり、女性が男性に服従する、ということはありませんでした。

女性は男性に金銭や扶養を求めなかったので、男性に服従する必要性はありませんでした。女性は男性に依存せずとも、自分で衣食住をまかないました。精神的に自立していましたし、多くを欲張らなかったのでそれは可能でした。

女性は男性に対して、姫様扱いしてほしいとは考えませんでした。

末端社員が社長に服従するのは、お金をもらっているからです。女性が男性に服従するのは、お金をもらっているからです。それがなければ、服従する必要はないからです。誰かが偉ぶっても、無視すればよいだけです。

「もののけ姫」にたたら場という集落が出てきます。女性たちが働く、女性たちが元気な集落です。エデンの園とはあのような感じでした。



エデンの園はお酒を飲みませんでした。

酔うと人に迷惑をかけるので、お酒を飲むのはやめました。

お酒の快楽よりもセックスの快楽のほうがずっと幸せなので、別にお酒を欲しませんでした。

また、セックスは容易に手に入るので、異性を酔わせる必要性もありませんでした。

もちろん、タバコも吸いませんし、大麻も吸いません。



エデンの園は、誰もが幸福でした。

ホビーは少ししかありませんでしたし、食洗器もありませんでしたが、誰もが幸福でした。

それは、他人に苦労を押し付ける人がいなかったからです。怠惰な人はおらず、必要な仕事は皆で率先して協力したので、特定の人だけが多大な苦労を背負うようなことはありませんでした。

争わないので負ける人はおらず、戦わないので痛い人はいませんでした。

そして、セックスの欲求が満たされていたからです。



アダムとイブはなぜエデンの園を追放されたのか?

アダムとイブはなぜエデンの園を追放されたのでしょうか?聖書の記述ではなく、真実はこうです。

イヴはアダムが大好きでした。それは何の問題もなかったのですが、アダムを、アダムのセックスを独占したいと考えたのです。独占欲によって、エデンの園の調和を乱してしまったのです。

それにより、イヴは追放されることになりました。アダムは彼女についていきました。アダムはボディガードのような役目でした。

エデンの園において、セックスは自由でした。しかし、特定の人を独占することは許されませんでした。現代社会では独占することが善ですが、エデンは逆です。



エデンの園はどのように終わりを迎えたのか?

平和で自由な楽園エデンの園は、なぜ滅びてしまったのでしょうか?

エデンの園は、アトランティス文明の科学誤用による災害に巻き込まれて、海の藻屑と消えました。



旧約聖書の内容はすべてが正しいわけではない。

エデンの園というものが気になったとき、その記述は旧約聖書の中に見つけることができます。しかし、旧約聖書の内容のすべてが正しいわけではありません。人間の言葉を話すヘビなど、当然ながらいませんでした。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon

芸術家応援プロジェクト!

イエスの子らよ 匿名希望

匿名希望さん

ジャンル:小説、児童文学

関連サイト:特設ページ

​SNS:なし

 
>>芸術家応援プロジェクト!とは?

© 2017 by 運命の人が当たる!365日誕生日占い スピリチュアルWiki