【徹底解説!】チャネリングの練習方法は?コツは?

執筆者:れなさん


江原啓之さんが「オーラの泉」という番組でスピリチュアルカウンセリングをするようになってから、チャネラーや霊能者にチャネリングを依頼する人がとても増えました。

チャネリングは、誰にもわかりえないことを知ることが出来るので、憧れる人が多いのもよくわかります。

しかし、別にチャネラーや霊能者に依頼しなくても、誰もが自分でチャネリングが行えるということ、ご存じでしたか?

チャネリングも、練習することで身に付くものなのです。練習というよりも「修練」というようなニュアンスのほうが正しいでしょうか。


また、チャネリングセッションを円滑に行うための「コツ」については、ぺージ下部で解説します。



チャネリングには様々なものがある。霊視、霊聴、ペンジュラム・・・

チャネリングには様々なものがあります。

霊視、霊聴、ペンジュラム、オーリング、自動筆記などなど。

どれも、生まれつき授かった特殊能力だと思っている人が多いようですが、そんなことはないのです。誰しも、努力を継続しさえすれば、チャネリング能力を得ることができます。



オーリングだけでも習得しておいたほうが良い。情報を選り分けよう。

スピリチュアルなことを深く探求していきたいなら、オーリングだけでも習得しておいたほうが良いです。

というのも、スピリチュアル業界はあまりにも、誤った情報であふれかえっているからです。あなたがオーリングを扱えるなら、スピリチュアルなブログを見るたびに、「このページの情報は正しい?」と守護天使に尋ね、情報の選り分けが出来るようになります。気になるワークショップがあるたびに「このワークショップは信頼できる?」と守護天使に尋ね、無意味な講習にお金を散財することが防げます。気になるグッズがあるたびに「このグッズはこの値段を払うだけの効果がある?」と守護天使に尋ね、無駄な散財を減らすことができます。

(正しいぺージも信頼できる講習会もグッズもほとんどないのですが・・・)



チャネリングを練習するのに霊山にこもる必要はない。

なお、チャネリングを会得する、霊能者になる、ということに対して、「霊山にこもって修行する必要がある」といったことを書いている人が多いですが、それはあまり正しくありません。

たしかに、過去にチャネリング能力を会得した人の中には、霊山にこもって厳しい修行をした人も多いのですが、しかし「霊山にこもる」というのは必須事項ではないのです。

霊山や修験道と言われるような場所は、エネルギー密度が濃いので、チャネリングの訓練をするのに向いた場所だというのは間違っていません。しかし、現代人が日常生活を捨てて霊山に入っていくことは非常に大きなリスクを伴いますし、修練以外の生活があまりにも不便なので、あまり推奨できる方法とは言えそうにありません。



チャネリング講座に高いお金を払っても1日でチャネリングが芽生えたりはしない。

なお、「チャネリング講座」のようなものがあちこちで開催されていますが、1日や数日の講習に参加したところでチャネリングの能力は発達しません。

チャネリングを練習するためのコツや行うためのコツなどは教えてもらうことが出来るかもしれませんが、「それに参加するだけでチャネリングが習得できる」というふうに考えるのは危険です。

さらに、超常現象のテレビ特番などで、カードの絵柄の透視を子供たちに練習させるようなことをよくやっていますが、あのような練習でチャネリング能力が芽生えたりはしません。



座禅瞑想を続けることで、チャネリング能力を得ることができる。

チャネリングを得るために必要な修練は、座禅瞑想です。

座禅瞑想とは、あぐらや正座の姿勢で目を閉じ、心をしずめてじっとしていることを言います。

必ずしもあぐらや正座の姿勢である必要はないのですが、基本的にはそのような取り組みが必要と考えておいたほうがよいです。


座禅瞑想は、「心を無にするものだ」とよく言われます。そしてこの「心を無にする」という境地が難しいために、多くの人々は敬遠してしまうかすぐにやめてしまいます。

たしかに、いくら目を閉じてじっとしてはいても、ずっと会社での人間関係問題についてクヨクヨしていたり、好きな異性のことを考えていたのでは、チャネリングが芽生えることには繋がりません。

「心を無にする」というのはたしかにかなり難しく、座禅瞑想の習慣を何年も続けていても、座禅瞑想の心の状態には至っていない人が多いものです。


「心を無にする」コツは、数をカウントすること。

しかし実は、思いのほか簡単に「心を無にする」コツがあるのです。

それは、「数をカウントすること」です。

姿勢をとって目を閉じたなら、「1,2,3,4,5・・・」と数を数えるのです。必ずしも時計の秒針のように正確である必要はありませんし、テンポが揺れてしまってもかまいません。途中で数がわからなくなってしまってもかまいません。その場合、適当なところから再開するか、また1から数えなおしてもかまいません。

とにかく、「数を数えることに集中すること」がコツです。

それによって逆説的に、悩みや欲望などに心が揺さぶられることがなくなるわけです。すると、脳波が鎮静化していき、いわゆる「瞑想状態」に入ることが出来るのです。

「無であること」よりも、「興奮的な状態を鎮めること」が大切なのです。

そういう意味では、数をカウントしていても、数がわからなくなったときに「あれ?1010だっかかな?1020だったかな?」と細かいことにこだわってしまうと、瞑想状態に入ることは