【完全攻略!】運命の人と恋愛することはそう難しくない。出会い方のすべて。

白馬の王子様に出会い、愛され尽くされ、幸せな人生を送ることに憧れている人は多いことでしょう。「ツインソウル」「ツインレイ」「白馬の王子様」「運命の赤い糸」そのような言葉がありますが、あなたにとって特別な人というのは、本当に存在しているのでしょうか?


この記事1つで、運命の人に関するすべてがわかります。出会い方がわかります。おそらく、運命の人について世界で最も詳細に解説している記事です。


誰もが、「運命の人」と恋愛をするべきです。



「運命の人」は存在する。運命の人のことは「ツインレイ」と言う。

「運命の人」などというのは存在するのでしょうか?

スピリチュアルな視点から言って、そのような相手は実在します。

人は皆、魂を2つに分かち合ったその片割れが存在し、彼(彼女)との出会いと別れを繰り返しながら輪廻転生を続けています。そのようなパートナーのことを、「運命の人(Twin Ray、「双子の光」の意味)」といいます。

「運命の人」のことを「ツインソウル」や「ソウルメイト」だと思っている人がいますが、それは誤りです。「ツインソウル」というのは12人もいる魂の近親者のことを指す言葉ですし、「ソウルメイト」というのは魂的に縁の深い144名もの人々を指す言葉です。



運命の人は「恋愛の喜び」を経験するために用意された存在。

「運命の人」は、あなたが素晴らしい恋愛を経験するために用意された異性です。

人間にとって恋愛はとても大切なことで、だから男性と女性という2つの性別があります。恋愛は、上手く行うなら最も素晴らしいごほうび(快楽)となるものです。本来人間は、恋愛を上手く行うなら、高級なブランドバッグも豪華なレストランもイルミネーションも、ぜいたく品は何も必要ないはずなのです。理想的な相手との理想的な恋愛というのは、それくらい魅力的なものです。



運命の人は「白馬の王子様」ではない!「あなたを成長させてくれる人」。

とはいえ、女性にとって「運命の人」の男性は、「白馬の王子様」というニュアンスとはやや異なります。「白馬の王子様」というと、あなたのワガママを何でも許してくれて、お金持ちでハンサムで・・・というものですが、「運命の人」の男性というのは、そういう雰囲気のものではありません。

女性にとって「運命の人」とは、「あなたを成長させてくれる人」です。



「赤い糸で結ばれている」というニュアンスは正しくない。

「赤い糸で結ばれた運命の人」といった表現をよくしますよね。しかし、「赤い糸で結ばれている」というニュアンスは正しいとは言えません。

「赤い糸で結ばれている」というと、どう転んでもその彼と出会い、結ばれる宿命にあるような印象を受けます。しかし、「運命の人」との恋愛はそんなオートマティックなものでも簡単なものでもなく、あなたが意識的に努力や行動を起こさないと、つかみとれないものです。

「運命の人」と出会えないまま人生を終える人が99パーセントですし、出会っても恋愛関係に至らない人も多いです。恋愛関係に至ってもすぐに破局してしまうこともあります。

「運命の人」とは、自動的にあなたに快楽や富を運んできてくれる魔法ではないのです。



「運命の人の覚醒」とは?愛の意味に気づき、自立し、愛そうとすること。

「運命の人」は、互いの精神性が成熟したときに出会うことで、強く惹かれあう仕組みになっています。「あなたに尽くしてくれる人」というよりも、「あなたが強烈に惹かれてしまう人」という感じで、だからこそデートやスキンシップをすればものすごい恍惚を感じられるのですが、しかし「尽くしてくれる」「貢いでくれる」というタイプの人ではありません。

父親や母親は、親としての経験値が増えてくると、「子供を甘やかすことは子供のためにはならないな」と気づきます。そして、我が子を容赦なく突き放すようになりますが、「運命の人」として出会う男性も、このような大局的な価値観を持っています。

「運命の人」として出会う男性は、両者が自立している恋愛関係を好みます。つまり、自立した女性を好むのです。女性も賃金労働をすべきだと考えていますし、毎晩のように電話で泣きついてくるようなことは良いことではないと考えています。


よく、「運命の人は覚醒しないと出会えない」といった説明がなされていますが、それはこういうことなのです。お互いが精神的に熟達し、自立に至っていないと、惹かれない仕組みになっていますし、出会わない仕組みになっているのです。まぁ、どちらかが未熟でも惹かれあうことはありますが、しかし恋愛としては長続きしないでしょう。「ワガママを言い過ぎて嫌わてしまった」といった結末になちがちなのです。

女性にとっては特に、金銭的・精神的自立がなされていないと、「運命の人」の男性と結ばれることは困難でしょう。「人生(生計)を助けてほしい」と思っているなら、「運命の人」とは結ばれないのです。



「ツインレイが統合する」とは?あなた自身の人格統合のこと。男性性と女性性が両立し、成熟するという意味。

「ツインレイが統合する」といった表現も、それと同じ意味です。「白馬の王子様に尽くしてもらいたい」と甘ったれているうちは「運命の人」と出会うことも恋愛することもなく、「愛とは尽くしを期待するものではなく、自ら愛することである」「互いに自立していないと良い恋愛にはならない」という真理に目覚め、シャキっと生きるようになることを、「統合する」と形容するのです。

厳密に言えば、「統合する」のはあなたの「人格」です。男性性と女性性が統合する=男性性と女性性の両方の質を身に付ける、ことによって、「運命の人」と恋愛する条件が整うのです。

もちろん、両者の精神が成熟する前に「運命の人」に出会ってしまうこともありますし、「運命の人」と恋愛関係やセックスの関係に至ることもあります。しかし、その恋愛は良質なものにはならないでしょう。



「運命の人」の相手が幼なじみであることは無い。ツンデレな腐れ縁は「運命の人」ではない。

「運命の人」がどのような人か、その特徴や手がかりを知りたがっている人は多いですね。

特徴については後述しますが、まず先に、よくある誤解を解きます。

「運命の人」の異性は、幼なじみであることはありません。

幼なじみと結ばれる(結婚する)恋愛を美談として描く物語を、漫画や映画などでよく見かけますが、「運命の人」との恋愛はそういうものではないのです。

幼なじみと結ばれる物語は大概、彼氏がツンデレな性格をしていて、「俺はお前になんて興味ねぇんだよ」などとぶっきらぼうな言葉をよく口にします。このような言葉の悪い人・素直でない人と親密になっても、女性は幸福な日々を送ることは出来ません。時々お金やセックスを得られて快感を感じますが、ハラハラ、イライラ、ヤキモキする時間のほうが長く、心底幸せだとは感じられないでしょう。

「運命の人」との恋愛というのは、もっと優しさに満ちていて、柔らかく暖かく美しいものです。彼はあなたに尽くしてはくれませんが、しかし、いつでもとても優しいでしょう。



「運命の人」と結婚している日本人はほとんどいない!

よく、「結婚は神様からの授かりものである」といい、結婚が決まると「運命の人に出会えてよかったね」と祝福しますね。

しかし、「運命の人」と結婚している人は、現代日本にはほとんどいません。

ほとんどの日本人女性にとって、結婚は、「養ってくれるからこの人でいいや」といったような妥協の産物ですが、収入の高さや妥協で決めた相手が「運命の人」であるわけがないのです。

そのため日本の女性は、結婚をしても幸福は感じられず、女子会で夫の不満を愚痴ってばかりいるのです。生活費の安定は手に入れたかもしれませんが、まともな恋愛をしていないのです。



「運命の人」とは、不倫のような形で交際している人が多いのが実情・・・。

現代日本に不倫が非常に多いのも、このためです。

多くの日本人女性は、依存心を動機に(精神性が未熟なまま)結婚をしますが、子供が生まれ、子供を育てるなかで、人を守る強さが芽生え、自立的になり、精神が成熟してきます。

そんな頃に「運命の人」と出会うと、夫よりも「運命の人」のほうがはるかに魅力的に感じるし、気が合うので、その彼と恋愛をしたくてたまらなくなってしまうのです。

そのため、現代日本人にとって、「運命の人」との恋愛は不倫のようなアンモラルな、人に言えない交際になっていることが多いです。



「運命の人」を見極める方法は?人それぞれ異なるのだから、顔にも外見にも明確な特徴は無い。

「運命の人」の異性を見極める方法はあるのでしょうか?

「運命の人の男性は瞳に特徴がある」などと書いているメディアを見かけますが、それは誤りです。「運命の人」は人によって異なりますから、明確な外見的特徴があったりはしません。しかし、手掛かりはあります。

顔で「運命の人」がわかるというようなことはないのです。


霊感を持っているなら、「運命の人」に出会ったときにサインが出ることはある。

少なからず霊感を持っている人であれば、「運命の人」の相手に出会ったときに、「ビビっとくる」感覚があるでしょう。その人が草食系な男性であり、にプレゼントを贈ってくれたわけでもないのにあなたが無性に高揚する感覚を覚えるなら、その男性があなたの「運命の人」である可能性は高いです。

たとえば、体がボワっと熱くなったり、セックスが好きな女性の場合には性器の周囲がカっと熱くなってサインとなることも多いです。

あなたに霊視が使えるなら、その男性の周りにキラキラとした光のツブが視えることもあります。これは、彼がキーパーソンであることを示す非常に重要なサインです(「運命の人」ではない異性にキラキラが視えることもあります)。もし、ある特定の男性にキラキラの光の粒が視えたなら、その人をの逃さないようにしましょう。これは、結婚せよというわけではなく、恋愛を交わし、特別な気づきと悦びを得るべき相手です。

あなたに霊聴が使えるなら、「この人が運命の人だよ。」「この人がツインレイだよ。」といった言葉で、守護天使が具体的に教えてくれるでしょう。


「運命の人」とはセックスの肉体的な相性が良い。

「運命の人」の肉体的な特徴を強いて挙げるならば、セックスをしたときに「性器の相性がとても良い」と感じるでしょう。魂の片割れですから、性器もぴったりとフィットするように作られるのです。


出会った瞬間に「運命の人」だとわかる!・・・わけではない。

「出会った瞬間に、互いにそれが運命の人だとわかります」と説明しているスピリチュアルメディアは多いですね。しかし、そのようなことはほとんどありません。それは誤りです。

霊感の強い人なら、上記のようにサインが送られて「あ、この人が運命の人だ」とわかる可能性も高いです。しかし、霊感に乏しい一般人は、ほとんど気づきくことはできません。

そして、霊感が強いのはもっぱら女性で、男性に霊感の強い人は少ないので、彼があなたを「運命の人」だと気づいて教えてくれることはまずないのです。


そもそも、男性側の守護天使は、彼が「運命の人」の女性に出会っても、「この女性があなたの運命の人だよ」と教えることはほとんどありません。なぜかと言えば、「運命の人」を捕まえるゲームは、基本的に女性たちのテーマだからです。

恋愛が大好きな女性たちは、「最高の恋愛(運命の人)を掴まえる」という動機で自立心や思いやりを身に着け、大きく成長するのです。実際問題として、アセンションに達するような女性というのは、恋愛を動機に大きく成長を果たす人が多いです。


また、ある男性から「キミはオレの運命の人だよ!だから付き合ってくれ!」と言われて、「そうなの?わかったわ。」と応じる女性はほとんどいないでしょう。女性たちというのは一般的に、強引なナンパを嫌います。


多くの女性たちは、「運命の人」との出会いに対して、相手男性側からリードしてくれたらいいなと願っていますが、それは叶いそうもないことなのです。「運命の人」と恋愛したいなら、女性であるあなたのほうから積極的に動き、相手が誰であるかを調べ、アプローチをすることが重要になります。

どのみち、自分から男性にアプローチするくらいの積極性を培っていないと、「運命の人」と恋愛するのは難しいです。

西洋占星術で、恋愛運の高まっている時期まで待てば彼がアプローチしてくれる、というようなものではありませんから、雑誌の占いを読んでいても「運命の人」との恋愛は成就しないのです。