top of page
  • れな

「鳥かご」なのはイエローが低いからかもしれません。

「親の門限が厳しすぎる」

「旦那が外部労働をさせてくれない」

「彼氏が飲み会に行かせてくれない」

など、親やパートナーに厳しく行動を制限されて苦悩している女性がいるでしょう。

友人たちには彼のことを批判して回っているかもしれませんが、ひょっとしたらあなたのほうに要因があるのかもしれません。



イエローの低い人を自由にさせると、周囲は不安になる。

あなたは、イエローのオーラが低いのかもしれません。

イエローが低いというのは、知性や論理的思考力が低い、ということです。考える力が弱く、識別力が弱いのです。

学校の成績が良くても、論理的思考力の弱い人もいます。学校の成績は暗記力だけでも高い点数がとれ、暗記力は論理的思考力とは異なるからです。



「外に出すと危険!」と思われている。

論理的思考力が弱いというのは、親やパートナーからすれば「この子を外に出すと危険!」と感じるのです。

商売人に変なものを売り付けられたり、悪い男性についていってしまったり、お酒のトラブルに遭ったり・・・といったことが心配になります。



旅行をさせてもらえないのは、手続きが出来ないからでは?

「親が旅行を許してくれない」「彼が遠出を許してくれない」という人がいるでしょう。


あなたは、「心配なんて余計なお世話だ」と思うかもしれませんが、人はすべての相手に心配するわけではないのです。あなたの力量や感性を見て、心配と感じるかどうかが変わってきます。


自分で役所に手続きをしに行けますか?住民票が欲しいとき、親に行ってもらったりついてきてもらったりしていませんか?

映画の前売りチケットが欲しいとき、親にネット購入の手続きを頼っていませんか?


こうした作業が習慣化出来ていない人を、旅行に出すのは怖いのです。何かトラブルに遭うかもしれませんし、大きな金額のものを買わされて帰ってくるかもしれないからです。

「帰る」ということが出来ずに、警察に補導されるかもしれないからです。



フィーリングではなく、論理的にものを選択して見せて。

たとえば新しいパソコンを買ったとします。「可愛いから買ってきた」と言っていると、親も彼もあなたのことが不安になるのです。今の時代、男性たちは女性の「可愛いからこれにした」を怒ったりしませんが、不安に感じてはいます。

外見の可愛いものは、値段に対してスペックが低かったり、大切な機能が付いていなかったりしがちだからです。

「おまえ、DVDを焼きたくてノートパソコンを買いにいったんだろう?小さくて可愛いからって、DVDドライブの付いていないものを買ったら意味がないじゃないか!」と人に指摘されるなら、あなたは論理的思考力が弱いのです。

「外付けDVDを買い足せばいいよ」とアドバイスしてくれる友もいるでしょう。それを貸してくれる男の人もいるでしょう。解決方法はあるわけなのですが、そういう問題ではないのです。「最終的に解決したからいいじゃん」と考えているうちは、論理的思考には不安があります。このような人には、リーダーを任せられないですし、自由行動をさせるのが不安なのです。


「これが素敵と思ったから」とフィーリングで選ぶのではなく、自分の目的に合ったものを知性を使って見極め、選びましょう。



目的が何かを考え、それに合ったものを選択する。

本や新聞など読んだりすることで、イエローの知性は上がっていきます。しかし、読むだけでは上がりません。

文章を読んで身に付けた論理性を、実生活に活かすことが大切です。


日々の生活は選択の連続です。その際、「目的が何か」を考え、それに合ったものを選択するように気を付けましょう。


恋愛もそうです。

あなたは何を目的に恋愛しようと思ったのでしょうか?

その目的に合った男性を選ぶことが大切です。「優しい男性と優しいセックスがしたい」と思っているのに、目に飛び込んできたからといって出会い系アプリに登録するのは間違っているのです!男の人からタイミングよく食事に誘われたからといってついていくのは、間違っているのです!


彼と仲良くおしゃべりがしたいのに、無愛想な男性を選んではだめなのです。「付き合っているうちに愛想がよくなるかもしれない」などと考えるのは、馬鹿げているのです。

日本人女性は、驚くほど恋愛相手選びが下手です。自分の目的に合った男性を選んでいないのです・・・。(そして愚痴ばかり言っています)



ただ彼の独占欲が強いだけ、というケースもある。

「旦那が外部労働をさせてくれない」「彼氏が飲み会に行かせてくれない」というとき、あなたのせいではなく、彼に問題がある場合もあります。

彼の独占欲が強く、あなたを縛り付けておきたくて言っているのです。そういうこともあります。


あなたにも問題があり、彼にも問題がある、そういうケースもあるでしょう。



最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page