top of page
  • れな

「趣味に熱心な彼がカッコイイ」はちょっと危険です!

「サッカーに夢中で打ち込む彼の姿がカッコイイ!」といった恋愛観の女性は少なくないでしょう。

少年ジャンプの漫画などはこうした男性を賛美します。

しかし、その恋愛観はちょっと危険です!



スポーツや趣味一辺倒の男性は、身勝手な人が多い。

無気力に暮らしている人や、テレビゲームに夢中になっている人よりも、スポーツや楽器などに夢中に打ち込んでいる男性は魅力的です。その気持ちはわかります。

しかし、スポーツや趣味にばかり夢中になっている男性は、身勝手な人が多いです。交際する相手として魅力的でないのです。性格はオレ様であり、デートは気分屋であり、セックスは自己中心的で荒いです。


たとえば漫画の中で、サッカーに夢中に打ち込む主人公の姿にヒロインの女の子が好感を抱きます。すると、彼が宿題もせずに夜中までシュート練習して眠ってしまうのを見て、代わりに宿題をやってあげたりします。このような恋愛観に共鳴する女性がいるでしょう。

漫画では美化されますが、この彼はだらしないのです。何かに夢中だとしても、やるべきことをやらないのはだらしないです。彼は、宿題や勉強から逃げています。

このような男性と親密になれば、あなたは振り回されてばかりです!


このような、スポーツや趣味一辺倒の少年ジャンプのような男性は、「キリスト」に多いです。



「オールドソウル」は、勉強や宿題をやったうえで趣味に夢中になる。

ひたむきな男性に魅力を感じる、その気持ちはわかります。

しかし、上記のような欠点だらけの「キリスト」に対して、「オールドソウル」はもっと魅力的な人格をしています。

「オールドソウル」の場合、まず勉強や宿題を人並み以上にこなします。やるべき義務を果たしたうえで、スポーツや楽器など、趣味に夢中で打ち込みます。「キリスト」と同じように長時間練習したり、クラスメイトの都会遊びの誘いを断って一人で黙々と汗を流します。


彼は、宿題を女の子にやらせたりはしません。テストで赤点をとったりもしません。洗濯していない汗くさいTシャツを3日続けて着てきたりはしません。


このような男性が世の中にはいるのです。とても少数ではありますが。



「オールドソウル」は目立とうとしない。

「オールドソウル」も「キリスト」も、割合的には同じ程度存在しているのですが、少年ジャンプの主人公のような「キリスト」に心酔してしまう女性が多いです。

なぜなら、「オールドソウル」は目立とうとしないのです。

「キリスト」の場合、ゴールを決めたら大声でガッツポーズをして走り回るでしょう。その歓喜の仕草はサマになっていてカッコイイので、目立ちます。

「オールドソウル」の場合、ゴールを決めてもガッツポーズなどせず、もうキックオフのところにボールを置いて黙々と試合を進めます。隣のコートで授業をしている女子たちは、彼の活躍に気づきません。

彼はハットトリックを決めても、それを給食の時間に自慢気に話したりしないのです。


「オールドソウル」の男性は弾き語りが出来ても、文化祭のステージに立たないでしょう。

彼は弾き語りが出来るだけでなく、作詞や作曲までやってのけているかもしれませんが、しかし派手なパフォーマンスをしないので、誰も気づいていません。



少年ジャンプや青春ドラマの主人公よりも、もっと魅力的な精神を持った男性が、世の中にはいるのです。彼は目立とうとしません。

最新記事

すべて表示

くりっとした大きな瞳の童顔美人は、天使のクリスタルチルドレンが多いです。

「私はクリスタルチルドレンだろうか?」「私は天使の転生者なのだろうか?」そのような疑問や興味を抱いても、判別することは困難です。 1つ、非常にわかりやす手がかりがあります。 くりっとした大きな瞳の童顔美人は、天使のクリスタルチルドレンが多いです。 容姿の特徴として、くりっとした大きな瞳の童顔美人には、クリスタルチルドレンが多いです。クリスタルチルドレンの中でも天使の魂を持つ人が多いです。 すぐにで

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

Comments


bottom of page