top of page
  • れな

「芸能人になってチヤホヤされたい!」と思ったときに。

アイドルや芸能人になりたいと志望する人は、益々増えているようです。

スターになりたい、という気持ちはわかりますが、くれぐれも慎重に検討をしましょう。



アイドルの熱狂的なファンに魅力的な男性は多いだろうか?

アイドルになってステージに立ち、大勢の男性に声援を送られ、ペンライトを振ってもらうような自分に憧れているでしょうか。非常にモテそうです。

しかし、業界をよくよく凝視してみてください。

アイドルの熱狂的なファンには、「オタク」「アキバ系」と呼ばれるような人が多いです。

おしゃれにはまるで興味がなかったり、えっちなアニメやゲームばかり夢中になっていたり、様々な可愛い女の子を見境いなしに追いかけていたりします。


「声援を浴びたい」という欲求なら、彼らは満たしてくれるでしょう。しかし、あなたが、恋愛的な面でモテたいと考えているのなら、満足のいく結果にはなりそうもありません。モテはするでしょうが、魅力的と感じられる男性はとても少なそうです。



お金持ちになれるのは、ほんの一握りのアイドルだけ。

芸能人は一攫千金、と言われています。

しかし、アイドルや若手タレントの飽和する現代において、お金持ちになれるのはほんの一握りの人気者だけです。AKBグループのアイドルになってもなお、ほとんどお給料をもらえずに活動している子が多いのです。こうしたニュースを見聞きしたことがあるでしょう。

白石麻衣さんよりも人気者になれる自信があるのであれば、高収入を求めてアイドルに就業するのも良いでしょう。しかし、それほどの自信がないのならば、少ない収入でもがんばる覚悟が要ります。



意中の男性に褒められるほうが、嬉しい。

「可愛いと言われたい」「褒められたい」「異性を夢中にしたい」そんな思いを抱く気持ちはわかります。

しかし、不特定多数の男性に「可愛い!」「大好き!」と言われても、実際にはあまりうれしくはないでしょう。そこに恍惚を感じても、すぐに飽きてしまいそうです。

結局女性は、多くの男性に「可愛い!」と言われるよりも、意中の男性に「可愛いね」「大好きだよ」と言われるほうが、エクスタシーを感じます。


「可愛いね」「大好き」といった反響を求める気持ちが強いなら、芸能人になるよりも、意中の男性を振り向かせるために努力を割いたほうが、幸せになれるでしょう。

アイドルになるためにおしゃれをするのではなく、あなたの意中の男性をドキっとさせるために美容を磨くほうがよいです。そして彼だけにそれを見せたほうが、喜ばれます。


「自己顕示欲」と言われるものです。

これを満たすには、芸能人になったりTik Tokの人気者になったりすることが有効、と思われていますが、実はそうでもありません。

意中の男性を振り向かせることに意識を向けたほうが、満たされます。



有名人に、誠実な男性は少ない。

「有名人になれば、ジャニーズや企業社長と付き合えるかもしれない」と目論む女性も多いでしょう。

「有名人や富裕者と付き合いたい」という憧れも、わかります。

しかし、有名人に誠実な人は少ないものです。少々の恍惚を感じたあとに、落胆させられ、傷つけられるでしょう。

富裕者の男性にも誠実な人は少ないものです。


その憧れが幻想にすぎないことに気づきましょう。



有名になると、プライバシーがない!

大恋愛に憧れて有名人になっても、逆効果です。

有名になると、週刊誌やファンに追い回されるので、プライバシーがなくなってしまいます。

思いきり恋愛を楽しむことが出来なくなってしまいます。

ニコニコと手を繋いで歩いているだけでも、騒がれて辛い思いをします。路上でキスも出来ません。


多くの恋愛の機会に恵まれますが、男性をとっかえひっかえしていれば厳しいバッシングを受けるでしょう。



芸能界は腹黒いところ。

芸能界は、今も昔も腹黒いところです。

映画監督が女優さんにセックスを強要した、などというニュースがたびたび世間をにぎわせますが、似たようなことがあちこちで繰り返されています。芸能界は、お金とセックスにまみれています。

「やらせ」を求められたり、セクハラめいたことを求められたりするのが日常茶飯事です。それを拒むと、「そんなこともできないの?」と侮辱されます。逆切れされます。

芸能界とは、そういうところです。



芸能人を目指した努力は、無駄にならない。

ここまで芸能人を目指して、美容やダンスの訓練などしてきたなら、それを悔やむ必要はありません。

それらの努力は、芸能界入りを辞めたとしても決して無駄にはならないものです。

それをキッカケに美しくなったでしょう。その美貌は、どんな男性に恋をするのにも役に立ちます。就職や営業、社交にも役に立ちます。

ダンスや、歌、楽器、芝居の技術なども、人生の役に立つでしょう。

それらに関連する仕事をしないとしても、健康の役には立ちます。

強靭な体力や行動力、社交性が身についたでしょう。

悔やむ必要はまったくありません。これまでの努力は、まったく無駄ではありません。



タレントのような華やかな魅力と、仙人のような深い精神を身に着けたなら・・・あなたはアセンションに匹敵するような精神性に達するでしょう。

そう。あなたの成長は順調です。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page