top of page
  • れな

「惚れたほうが負け」は間違っています。

恋愛レクチャーでよく語られるものの中に、「惚れたほうが負け」というものがあります。

自分を好きになってくれた男性と付き合うほうが幸せだ、という論です。

美人はこの説を鵜呑みにする人が多く、貢がれる恋愛をしていますが、しかしはたして、「幸せな恋」をしているのでしょうか?



貢がれても「幸せな恋愛」とは言えない。

惚れられると、貢いでもらえやすいです。それは金品を得られるので、ある意味では幸せでしょう。とはいえ、親から服やヘアアイロンを買ってもらうことの延長でしかないのです。

「幸せな恋愛」というのは、男性との交流によってトキメキやドキドキ、わくわく、恍惚を感じることを言います。これは親に代用してもらうことはできず、友だち遊びでも得られません。


あなたが好きにならないと、恋愛の本当の喜びは得られない。

すると、あなたが男性を好きにならないことには、恋愛ならではの喜びというのは、得られないのです。

わかりますか?

あなたが好きになった、気になった男性を追いかけ、振り向かせ、彼と見つめ合い抱き合うからこそ、大きなエクスタシーを感じるのです。それが幸せな恋愛であり、恋愛の本当の喜びです。


デートや食事、プレゼントの豪華さを喜んでいるなら、あなたは良質な恋愛をしてないということ。

あなたは今の恋愛で、どんなことを喜んでいますか?

どんなことをSNSで友人に自慢していますか?

デートの豪華さ、食事の豪華さ、プレゼントの豪華さを喜んでいるなら、あなたは良質な恋愛をしていないのです。彼自身に魅力が薄く、彼との交流に恍惚を感じていないから、食事やプレゼントに意識が向くわけです。


あなたが本当に好きな男性と恋愛するなら、夜景レジャーなどどうでもよく感じられるでしょう。プレゼントも外食も欲しなくなります。

彼と家でおしゃべりし、セックスしているほうが幸せだからです。

そのような恍惚は、「惚れられる恋愛」では得られないでしょう。あなたが好きになった、気になった男性を追いかけないことには、得られないです。



自分からアプローチして、恋愛をしてみましょう。

本当に素晴らしい恋愛を体験したいなら、自分からアプローチして恋愛してみましょう。

裕福そうな男性を口説き落とすのではなく、「感性に惹かれる男性」を口説き落とすのです。

彼にコンタクトを取り、お茶に誘いましょう。「好意がある」と打ち明けましょう。

フラれるのが怖いですか?

その気持ちはよくわかります。しかし勇気を出さないと、恋愛の喜びは得られないのです。

勇気を出して、アプローチをしましょう。

大丈夫です。女性に誘われて断る男性はほとんどいません。



ルックスで選ぶと失敗するかも・・・

好みの男性を追いかけることはとても大切です。

とはいえ、顔の好みばかりを重視して男性選びをすると、傷つく恋愛になりやすいです。

イケメン男性は、不誠実な人が多いです。わがままな人も多いです。


ルックスが重要なのはよくわかります。しかし、まずは性格や感性を重要視しましょう。「優しそう」「趣味が似ている」「考え方が尊敬できる」そんな長所から男性を選別し、その次にルックスも検討しましょう。



可愛いだけでは、すぐに愛想を尽かされてしまいます。

「惚れたほうが負け」という恋愛観を持つ女性は、可愛いことが恋愛に有利だと心得ている人が多いです。そしてモテるでしょう。

それは間違ってはいないのですが、しかし、可愛いだけではすぐに愛想を尽かされてしまいます。

男性は、可愛いだけの女の子とセックスがしたいですが、一緒に暮らしたいとは感じません。わがままやぜいたくを日常的にぶつけられると、イライラしますし、くたびれます。「もうセックスしたし、いつ別れてもいいや」という気持ちになり、あなたへの態度が雑になります。


可愛さを磨いたなら、次は内面も意識しましょう。

誠実で思いやり深い女性になりましょう。大好きな彼の前では、そうあるように努めましょう。ちょっと背伸びをするくらいでちょうどよいです。

あまりぜいたくを言わないこと。

待ち合わせの時間に遅れないこと。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page