top of page
  • れな

「恋をすると可愛くなる」は意外と真実です。

「恋をすると可愛くなる」といういわれがあります。

たしかに周りを見渡したとき、恋をして急速に可愛らしくなる子がいます。その反面、彼氏がいてもそんなに可愛くない子もいます。

「恋をすると可愛くなる」

迷信だろうと思う人が多いでしょうが、意外と真実な部分があります。



おしゃれをがんばるための大きなモチベーションになる。

おしゃれをするためには、お金も労力もかかります。メイクが上手になるために、スベスベの肌になるために、ファッションセンスを身に着けるために、長い期間と努力を要します。

おしゃれに興味のない人は、このお金と労力があまりかけられないのです。かけようという気になれません。

しかし自分が恋をすると、気持ちが変わるのです。「彼を振り向かせたい」「彼に飽きられたくない」「彼を喜ばせたい」といった気持ちから、おしゃれに力を入れるようになります。

このモチベーションが、多くの女性を大きく変えます。



セックスをすることで女性ホルモンの分泌が豊かになる。

恋人を手に入れると、セックスをするようになります。

セックスをすると、女性ホルモンが分泌されます。

女性ホルモンは、美肌やバストアップの効果があります。

セックスをした翌日にもう、お肌の色つやがいつもより良くてびっくりしたことが、あなたにもあるでしょう。


セックスの気持ちよさを知るとオナニーも好きになる傾向があります。オナニーも女性ホルモンを分泌させます。

この人は生活習慣の中で女性ホルモンの分泌が豊かになり、女性らしい体つきや美しい肌になっていくのです。



「尽くす」気持ちを持つことで、さらに女性ホルモンの分泌が増える。

ほとんど知られていない話です。

女性は、「尽くす」気持ちを持つことで、さらに女性ホルモンの分泌が増えます。尽くす感性は、ピンクのオーラを高めるのです。ピンクのオーラは女性ホルモンの分泌を高めます。


「追いかける恋愛」にも同じことが言えます。

気になる彼を喜ばせよう、振り向かせようとする気持ちが、ピンクのオーラを高めます。

ただし、追いかける恋愛と言っても、戦略ばかり立てて彼の気を引こうとするような卑怯なものでは意味がありません。



女性は結構、顔の造形が変わる。

「私は生まれつき可愛くないから、おしゃれをしても無駄だ」と思い込んでいる女性もいるでしょうか。しかしその諦めはよくありません。

女性は結構、生活習慣や努力によって「顔の造形」が変わっていくのです。男性よりも変化がしやすいです。

愛想のよい女性になろうと、目をいつも見開いているなら、瞳が大きくなっていくでしょう。

愛想のよい女性になろうと、いつも微笑んでいるなら、口角が上がって「アヒル口」になっていくでしょう。

スキンケアに取り組むにつれて、肌はスベスベになっていくでしょう。

穏やかな表情に努めれば、人相は良くなります。

もともと美しい人も、努力を継続すればさらに美しくなります。



「恋をする」というか「尽くす」ことが女性を可愛くする。

つまり、「恋をする」というよりも、「尽くそうとする」「追いかける」という献身的な恋愛が、女性を可愛く美しくするのです。

「誰でもいいから好かれたい、貢がれたい」という欲求からおしゃれに力を入れてもそれなりに可愛くなれますが、女性が尽くそうとするなら、もっと可愛くなるのです。



「なぜ男性のために可愛くならなければならないの?」と感じますか?

「なぜ男性を喜ばせるために女が美の努力をしなければならないのか?」と怪訝な顔をする女性がいるでしょうか。

しかし、人は誰にせよ、誰かを喜ばせるために何かをがんばっているのです。

お客さんを喜ばせるために細やかな接客をがんばります。

観衆を喜ばせるためにサッカーの細かい技術を身に着けます。


そして男性の多くは、女性を喜ばせるために正社員になり、仕事を懸命にがんばるのです。

女性たちは安定やお金、ぜいたくを好み、それを男性に期待するからです。

男性自身はあまりお金やぜいたくを求めていません。別に月収10万円でも暮らせるのですが、女性を獲得するために裕福になろうとがんばるのです。人生を掛けるのです。

また、先進国社会でサラリーマンがスーツを着るのも、女性に好まれるためという真意があります。女性の多くは男性のタイトなスーツ姿にセクシーさ、かっこよさを感じるのです。男性たちはその期待に応えるために、毎日きゅうくつなネクタイを締めます。

男性たちは恋愛において、「相手に尽くすのが当たり前」と考えています。その表現方法は様々ですが、とにかく相手のためにがんばります。それが当然だと思っています。

女性は女性で、恋愛を楽しむにあたって相手を喜ばせようとがんばることが、自然です。


「私はがんばることなく恋愛を得たい」とあなたが考えてもそれはそれで良いのですが、それは傲慢な姿です。人として善いこととは言えませんし、良質な恋愛も手に入らないでしょう。

その姿勢では、良質な恋愛は手に入らないでしょう。



尽くす価値のある男性に恋をすればよいのです。

「なぜ男性のために可愛くならなければならないの?」といったことを、少なからず感じている女性は結構多いでしょう。

尽くすどころか、「彼のためにがんばる」などということは気が引けるでしょうか。プライドが傷つくと感じるでしょうか。女性の8割くらいはこのように感じているでしょう。

であれば、尽くす価値のある男性に、恋をすればよいのです。

あなたが大してトキメキを感じない男性のために、可愛くおしゃれしたり1時間かけて会いにいくのは、気が引けるのでしょう。

しかし、あなたがトキメキを感じるような、魅力的な男性に恋をするなら?なかなか手に入りそうもない高根の花な男性に恋をするなら?

あなたは、懸命におしゃれをしようと感じるでしょう。彼と見つめ合うために1時間も電車に乗ろうと感じるでしょう。

セックスの素敵そうな男性のためには、ラブホテル代を払おうとも感じるでしょう。

そんなトキメキに引っ張られておしゃれをし、会いに行くのが、「本当の恋」なのです。

多くの女性は、貢がれることや甘やかされることを喜んでいるだけで、それは本当の恋ではないのです。


ある男性にトキメキを感じるとき、「彼を喜ばせたい」と感じるでしょう。

そして、「可愛い女の子が好まれる」「セクシーなことに男性は興奮する」ということを、すべての女性たちは知っているはずです。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page