top of page
  • れな

「心開ける人」を大切にしましょう。

人生で一番大切なものは何でしょうか?

それは人それぞれで、それでよいでしょう。

しかし「心開ける人」というのは、人生で一番大切なものの1つです。その重要性を、あなたは気づいているでしょうか?噛みしめているでしょうか?



「心開ける人」は、女性にとっては特に大切。

「心開ける人」の存在は、女性にとっては特に大切です。

女性は男性よりもおしゃべり好きですし、寂しがりだからです。寂しがりでない女性もいるでしょう。しかしそれでも、男性よりは語りたがるようです。

私のコラムを読むような女性は、精神性が高いでしょう。流行や快楽にはあまり興味がなく、大人びた考えをしているはずです。

すると、「心開ける人」を見つけるのがとても難しいでしょう。親友と呼べる人が一人もいないでしょうか?それも仕方ないと言えます。親友がいないとしても、恥ずかしがらなくてよいです。


女性でなく男性でもよいです。「心開ける人」を見つけたなら、その人を大切にしましょう。

あなたは人間関係に対して受け身かもしれませんが、1年に一度くらいは「久しぶりに語ろうよ」とあなたから声をかけ、語る機会を作るとよいです。ありのままのあなたを伝え、ありのままの笑顔で微笑みましょう。それは何よりもあなたを癒すはずです。



「幼なじみ」ではなく、「心開ける人」が大切。

映画や漫画では、幼なじみを美化する描写をよく見かけます。

幼なじみには幼なじみなりの愛着や心地よさがあるかもしれませんが、「心開ける人」とはまた違うのではないでしょうか?価値観は大人になるにつれて変わっていくからです。


「幼なじみ」よりも、「心開ける人」を見つけ、語ることが大切です。

あなたのすべてをさらけ出せるような相手です。



「聖」と「性」をどちらも受け止めてくれる相手が理想的。

女性にとって最も打ち明けづらいことが、セクシュアルなことでしょう。「本当は不倫してみたい!」なんてなかなか友人には話せないものです。

そして、私のコラムの読者さんの場合、「聖」の話し相手がいなくて物足りなさを感じていそうです。

「社会の役に立ちたい」「誰か人を助けたい」といった崇高な思いがあっても、友人にそんな話はできないでしょう。「頭がおかしくなったの?」とか、「何いい子ぶってんのよ!」などと一蹴されそうです。

しかし、崇高な思いを持つ人は、それを想いのままに語りたいと強く願ったりするでしょう。


セクシュアルなことと崇高な思い、その両方を真摯に聞いて受け止めてくれる人は、なかなか見つかりそうもありません。あなたがもしそのような相手を見つけられたなら、それは宝くじで1等を当てるよりも希少なものだと気づいてください!それはとても大切なものなのです!!



女性の場合、最高のセックスの相手は「心開ける人」。

あなたが女性の場合、「心開ける人」は最高のセックスパートナーにもなり得ます。

女性は、特に繊細な感性を持つクリスタルチルドレンたちは、「優しく抱きしめられたい」という願望を持つはずです。セックスに対して、強烈な快楽よりも、「優しく、安全に、暖かく抱きしめられたい」という願いのほうが強いでしょう。

あなたが心開ける相手には、「この人は私を傷つけることがない」と確信しているはずです。そんな男性とベッドの中で抱き合うとき、あなたは恐れや緊張が溶け、最高のエクスタシーを感じます。


中学生の女の子が、ジャニーズやサッカー部のイケメンの先輩に憧れるのは自然なことです。

しかし、女性は心が成長していくと、イケメンの男性よりも優しい柔らかい雰囲気の男性にトキメキを感じるようになります。それも自然なことです。

または、優しく微笑むその表情を「かっこいい!」と感じるようになるでしょう。



「絶縁したくないから友達のままで」という恐れは不要です。

深く語り合える素敵な男性を見つけたとき、抱きしめてほしいと願う反面、「でも恋愛関係になってしまうと、別れがきたら絶縁することになってしまうのが辛い。だから友達関係に留めておこう」と躊躇する女性は多いです。

しかし、その男性が誠実で優しい、精神性の高い男性なら、心配は不要です。

彼は、あなたとの恋愛が終わったあとも、あなたの親友でいてくれるでしょう。彼があなたとのセックスに飽きたとしても、冷たくなって着信拒否をしたりはしないです。

精神性の高い男性は、恋愛が終わっても友達として優しくしてくれます。精神性が高いからです。


並の男性ならば、あなたの恐れる通りです。並の男性は、あなたとセックスをするかあなたのセックスに飽きると、絶縁しようとするでしょう。セックスにしか興味がないからです。



「心を開ける相手」というのはとても大切なものなのです。

「心を開ける時間」というのはとても大切なものなのです。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

コメント


bottom of page