top of page
  • れな

「シェアハウスをしたい」などと感じるなら、良い感性です。

「メッセージソングを好んで歌う」といったように、高次の魂の人たちが好む事柄があります。

あなたがもし、「シェアハウスをしたい」などと感じるなら、それはとても良い感性です。



シェアハウス、民泊、ペンション、下宿、ゲストハウス経営など。

シェアハウスだけでなく、民泊、ペンション、下宿、ゲストハウスなどして知らない人々を自分の家にかくまいたいと願うなら、それも良い感性です。

今の世相からすると、シェアハウスが最も思い浮かびやすいのではないかとは思います。


「ビジネスがしたい」のではなく、自分の家で人をかくまってあげたい、大きな家を建ててそこで人をかくまってあげたい、といったニュアンスです。



マジェンタや13次元的な人に多い。

「シェアハウスで人をかくまいたい」と願う人は、マジェンタのソウルカラーを持つ人に多いです。マジェンタは第11次元の色で、アセンションを超え、11次元まで達したことがあるのです。またはそこまで達していないとしても、マジェンタを得意とした過去世を持ち、今生でマジェンタをソウルカラーに選んで生まれてきています。

面倒見の良い慈愛を持っているはずです。


そして13次元的な魂の人にも多くいます。

「オールドソウル」や「キリスト」「ソフィア」には非常に多く、大天使やそれに匹敵するクリスタルチルドレンにも多いです。

13次元を超越していても「ドルフィン」には少ないようです。「ドルフィン」は個人主義者が多く、人の世話をすることはあまり好みません。ただし、シェアハウスやゲストハウスなどに客人として参加することは好んだります。


ヴァイオレットパーソンや人なつこいピンクパーソンの中にもいます。共同生活の距離感を計るのが上手く、そして気前よく自分のものや空間を差し出します。

「花の鎖」にも多いです。


アセンションとは「お金の介入しない共同生活」ですが、マジェンタや13次元的な人々は、本能的にこうした共同生活を好み、自分でその場を作りたいと感じたりします。

お金のことなど気にせずに、人と助け合ったり仲良く暮らしたいのです。「家族」という枠を超えて、博愛的に人とコミュニケーションがしたいのです。


「共同生活を楽しみたい」というだけでなく、「弱者に手を差し伸べたい」という慈愛があるでしょう。



不動産や資産を得やすい境遇にある。

この人は、不動産や資産を得やすい境遇にあったりします。

親・親族が富裕者でその遺産を引き継ぐ、芸術やタレントの才能を持つ、容姿が良い、頭が非常によく高給職に就ける、人なつこっくて商売に向く、商売の能力を親から教わる、裕福な芸能人・有名人の子として生まれる、親が医者や弁護士などで大きな家を持つ、といったことです。

不動産もタレント的境遇も持ち合わせていないことがありますが、古民家を買うなどして自分で築こうとするかもしれません。



プチ・アセンションである。

これらはアセンションではないですが、アセンションに近しい暮らしです。

特に、シェアハウスや下宿など、住人と非常に近い距離感の中で共同生活をしたりご飯を与えてあげたりするのは、アセンションに近い暮らしです。

見返りを気にせず、人の世話をしたいのでしょう。お金を介入させずに物やサービスを循環させることが楽しいのでしょう。それはアセンション的な感性です!

それは非常に良い感性です!


現代では、学生寮などは非常に商業的になっていますが、昔はこのような感性のお婆ちゃんがあまり報酬も気にせず貧しい学生たちを支えていました。


21世紀の初頭にジブリ映画に「コクリコ坂から」という、下宿を舞台にした物語がありました。この映画は非常に啓蒙的魅力が高いです。「アセンションは無理でもこういう共同生活をしてみては?」という問題提起になりました。

海ちゃんのような多面的な優等生はそうはいないでしょうが、もっとラフに共同生活を楽しむだけでも素晴らしいです。



寝床に限らず、物質を人にシェアしたい感性はとても素晴らしい。

「寝床を提供したい」という思いはないとしても、生活に必要な様々を人にシェアしたい感性を持っているなら、あなたはなかなか素晴らしいです。

たとえば、友人にヘアアイロンやメイクアイテムなど、気前よく貸したがる人がいるでしょう。「汗がついても汚れても気にしない。貸してあげることが楽しい」と思っているでしょう。

シェアハウスではないが子供食堂をしたい、家で安価な学習塾をしたい、などももちろん良い感性です。



不特定多数でなくてもよいです。

寝床を提供してあげるような慈愛に興味はあるが、不特定多数の人とのシェアハウスは嫌だ、という人もいるでしょう。

それでもよいです。

「大好きな彼氏ならかくまってあげたい」とか、「精神性の高い人ならうちの空き部屋に泊めてあげたい」といった感性でもよいです。

潔癖症な人や容姿の美しい人、名前の知られている人などは、不特定多数の人と暮らすのは怖いでしょう。それは自然なことです。


とにかく、あなたがもし、「居住空間をシェアしてあげたい」「生活物質をシェアしてあげたい」といった慈愛を持っているなら、その感性を大切にすることです!その感性に誇りを持って絵ください。とても素晴らしいことです。

相手を選んでかまわないので、いつか誰かを助けてあげられるように、その準備をしておいてください。

「助けてあげるわ」と言うより、「あなたがうちに来てくれたら、私も楽しいの♪」と言ってあげるほうが、相手は世話になりやすいでしょう。

あなたはその人にたくさんのものを与え、あなたはその人からたくさんのものを貰うでしょう。たくさんの喜びを、貰うでしょう。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comentários


bottom of page