top of page
  • れな

「キリスト」らしい芸能人2 安達祐実さん

魂の質を解説する記事です。

「キリスト」というコードネームの魂が、人類の進化において非常に大きな影響力を持っていることを書きました。

従来「キリスト」は、あらゆる地域に毎年、出生者の1パーセントほどの割合で誕生しています。

キリスト教の家庭に生まれることが多く、自由奔放で信仰心の篤い面白い人物となって、宗教普及や大衆啓蒙の影響を与えてきました。



1980年以降の日本には「量産型キリスト」がいる。

1980年以降の日本には、集団アセンションを見越して、「キリスト」の魂が非常に大勢、転生しています。1980年~2011年までは、出生児の4パーセントほどが「キリスト」です。

私はこの人々を「量産型キリスト」と呼んでいますが、従来の「キリスト」とはやや性質が異なります。キリスト教の家庭に生まれることはあまりなく、霊的な教育をあまり受けない人も多いです。

スピリチュアルを得意とするわけではなく、それぞれが興味を持った分野において、目覚ましい活躍を見せたり、多才な魅力で人々を振り向かせたりします。


この現代型「キリスト」について、1つ前の記事では広末涼子さんを例に挙げました。今回は、安達祐実さんをとりあげたいと思います。



安達祐実さんも「キリスト」らしい生きざま。

子役の時代から一世を風靡し、40歳に近づいた今でも少女のようなルックスを保つ可愛らしい安達祐実さん。知らない人はいないでしょう。

特に、インディゴ世代(1980年代生まれ)くらいの人にとっては、子役時代の安達祐実さんに衝撃を受けたことを忘れられないのではないでしょうか。

「同情するなら金をくれ!」のフレーズを叫ぶ家なき子の彼女は、可愛い顔からは想像もつかない迫真の演技で世間を震撼させました。


大人になり、子役時代ほど目立つ活躍をしているわけではないかもしれませんが、全力投球の俳優であることをやめません。

芸者さんの役を担い、セックスシーンを披露したことは記憶に新しいです。


これは非常に「キリスト」らしいと言えます。

「キリスト」女性はくりくりした瞳の可愛らしい人ですが、裸体や自分の恥ずかしい側面をさらけ出すことにあまりためらいがないようです。それを気持ちいいとすら感じていたりします。



「セックスは重要だ」と理解している。

「キリスト」は、体質的に膣が濡れやすく、性欲が強いです。クリスタルチルドレンの中でもさらに、この傾向が強いです。

幼いうちにオナニーを覚えるでしょう。そして性的快感やオーガズムを知ると、「人にとって性欲の解消はとても重要なことだ!」と痛感するでしょう。そして、皆が性欲を隠しながら上品に振る舞おうとすることに違和感を感じます。

「みんな、もっと性欲に素直になればいいのに」と思っており、学校やみんなの前で自分の性欲を素直に口にしたりえっちなジョークを言ったりして、みんなの本音を刺激します。

これは立派な大衆啓蒙で、とても素晴らしいことです。

「少々のリスクを背負っても、私はこれをやらなければならない」と少なからず使命感を感じて、意気込んでいるでしょう。


「キリスト」はえっちな人が多いのですが、ただえっちなだけの快楽主義者ではなく、勉強をすごくがんばっていたり、学級委員として頼もしく皆を束ねたり、ピアノ伴奏者として合唱祭を引っ張ったりします。

彼女は「えっちな人」なのではなく、「えっちなことも扱える人」なのです。

非常に多彩な感性の持ち主で、その駒の1つにセックスもあるのです。

そのため、皆は彼女を尊敬します。そして「優等生でえっち、という生き方もあるんだ」と気づきます。



ある意味では、性が最も重要な使命。

ある意味で、「キリスト」の女性にとって最も重要なことは、「セックスの啓蒙」です。

他の分野のことは他の魂の人にも出来るのですが、「学級委員を頼もしくこなしながら、性欲に素直な様を見せる」というのは、およそ「キリスト」の人にしかできないことだからです。


「キリスト」の女性は、「私は淫乱すぎるのではないか?」と悩むこともあるでしょう。しかし、あなたのその性欲の強い性質は魂由来のもので、啓蒙のためのものでもあり、それでよいのです。

「私はえっちよ。でもみんなもえっちでしょう?」と涼しく笑っていればいいのです。

えっちなことは、人の役に立つこともできるのです。


ただし、精神性の低い下品な男性に夢中にならないように、気を付けてください。

「キリスト」女性は、襲われたときにひっぱたいてでもはねのける強さはあるはずです。その強さを自覚しているからこそ、えっちなことを言っても大丈夫だと、思っているのではないでしょうか。



無名なグラビアアイドルを担い続ける。

「キリスト」の女性は、セクシーな格好をすることを好む傾向にあります。

会陰のチャクラが活発なため、股間が蒸れやすく、ズボンを嫌いスカートを好みます。ミニスカートすらも好んだり、スカートすらはきたくない、とパンティ一枚で家の中をうろついていたりもします。

また、プリキュアのようなセクシーで可愛らしい格好にトキメキを感じ、それを好む傾向にあります。

この人は自然と、外でも露出の高い格好をします。しょっちゅうミニスカートをはいたり、股がゆるんでいても気にしなかったり、パンツが見えても気にせず鉄棒をしていたりします。バレエなどのセクシーなスポーツに打ち込みます。

周りの男の子たちは、彼女のセクシーな姿を見て興奮し、幸福に感じます。


世の中に、セクシーを提供してくれる女性は希少で、その多くはお金をもらうプロです。グラビアアイドルや風俗嬢のことです。

しかし「キリスト」は、そのリスキーな役割を、一銭のお金ももらわずに子供の頃から提供し続けるようなところがあります。


平成世代のクリスタルチルドレン女性には、このような女性が結構多いのですが、もとはほとんどいないものでした。



当然ながら、非常にモテる。

「キリスト」女性は、非常にモテます。

そこそこ美人な顔立ちがあり笑顔がよく、そのうえセクシーな格好をいとわないのですから、男性にモテるのは当然です。

顔立ち自体はものすごく良いわけではないため、自分ではモテている自覚はないでしょう。魅力的な女性だという自覚も薄いでしょう。


周りの女性たちは、彼女がモテていることに気づきます。

そんなに美人でなくても、いつも笑顔で誰にでも話しかけ、セクシーを隠さず、快活に暮らしているならモテるのだ、ということを学習します。

そして幾人かの女性は、「キリスト」のような振る舞いをするようになっていきます。多才で明るくセクシーな女性になるのです。

これも「キリスト」にとっての大衆啓蒙です。


あなたも、「キリスト」の女性を真似ましょう。

「がんばり屋で、明るく、ちょっとえっち」そんな女性になれば、モテるのです。

ブランドの服は必要ないのです。



自分らしく生きていればいるほど、感性重視で男性を選ぶ。

「キリスト」女性は、自分らしく生きていればいるほど、収入や肩書きなど気にせず「感性」の魅力で男性を選びます。

安達祐実さんもお笑い芸人の男性と結婚した過去を持ちますが、このような傾向を見せます。

多才で体力があるため、お金を稼ぐことを苦にしません。人並みの月収を得ることはたやすく、公務員や特殊業界人になったりして高給稼ぎになったりもします。

そうして生活に充分なお金があると、「お金持ちの男性と恋愛したい、公務員と結婚したい」などという打算を持たなくなるのです。

そして、たとえ自分より収入や地位が低くとも、面白い人や尊敬を感じられる男性を好いて、追いかけていきます。

ミュージシャンを好む傾向があり、哲学的な男性を好む傾向があります。

無欲な芸術家を好きになり、彼のパトロンをしたりします。


こうして、恋愛を通して精神性の高い人を助けるのも、「キリスト」の使命の1つです。

すると「キリスト」は、無欲で貧しい「オールドソウル」の社会活動や生計を助けることが多いのです。

最新記事

すべて表示

濃密な愛撫をしてほしいが言い出せない?

セックスをしていると、「たくさん愛撫をしてほしい」という欲求を抱くようにもなります。美味しいものをお腹いっぱい食べたいように、愛撫の快感も「もうギブアップ!」と思うほどに享受したいのです。 しかしそれは相手も疲れることだと察せられ、彼におねだりできずにいるでしょうか。 誕生日など口実にするとよい。 「長い時間愛撫してほしいが、遠慮心から言い出せない」と戸惑っているなら、あなたの誕生日など利用すると

容姿がいまいちでも男性を夢中にさせることは出来る。

物心ついて、自分の顔があまり美人ではないと気づいたとき、そこでもう恋愛をあきらめてしまう女性は多いものです。または、出産など経て体型が崩れると、あきらめてしまう女性も多いものです。 しかし、容姿がいまいちでも男性を夢中にさせることは出来ます。 愛撫が上手なら、男性はあなたとセックスしたいと感じる。 率直に書きます。あなたがフェラチオ上手なら、男性はあなたとセックスしたいと感じます。 男性は美しい女

ハーフやクォーターには成熟した魂が多いです。

ハーフやクォーターの人は、「感性が少し周りと違う」と感じて悩んだり戸惑ったりすることが多いようです。「自分は未熟なのか」と自信を失うかもしれませんが、逆でしょう。 あなたのほうが、成熟していそうです。 ハーフやクォーターには成熟した魂が多いです。 ハーフやクォーターには、成熟した魂を持つ人が多いです。 上級天使やピュア・インディゴが多いです。ピュア・インディゴとは「オールドソウル」「ドルフィン」「

Comments


bottom of page