top of page
  • れな

「オールドソウル」女性は恋愛に慎重すぎるかもしれません。

「オールドソウル」の女性は(男性もですが)、恋愛に慎重すぎるかもしれません。



聡明で慎重ゆえ、危険を回避する。

「オールドソウル」の女性は、頭がよく冷静です。

「この人と恋愛したらどうなるだろうか?」という事前の予測が働きます。「あまり良い内容になりそうにないない」と感じると、「ごめんなさい」と丁重に断るでしょう。

それは良いことなのですが、あまりに慎重すぎると、恋愛できなくなってしまいます。



体験しなければわからないこともある。

恋愛に慎重すぎると良くないのは、体験しなければわからないこともあるからです。

いずれは人並みに恋愛する必要があることは、あなたもわかっているでしょう。「恋愛に興味はないが、いずれ結婚はしたい」と考える場合も、結婚のために恋愛のイロハを理解しておくことは大切です。

世の中にはたくさんの恋愛漫画や恋愛指南がありますが、知識だけではわからないことが、数多くあるものです。


たとえば、「失恋の悲しみに浸りすぎるべきではない」ということが頭ではわかっていても、実際に体験してみると失恋の悲しみに振り回されずにはいられないでしょう。これは、幾つか失恋を体験する中で、あしらい方を身につけていくしかありません。

失恋の悲しみで食べ物がのどを通らない、仕事も手に付かない、といったことがあります。それは学生のうちに体験しておけばまだマシですが、30歳の中間管理職になってから初めて体験すると、仕事に大いに支障をきたし、人生がボロボロになってしまったり多くの人に迷惑をかけてしまったりします。



「善い男」とは?

「善い男」とはどのような人のことなのかも、恋愛を幾つかは体験してみないと気づけないものです。

冷静で聡明なあなたは、ひょうきんでもだらしない男性が良い彼氏になるはずもないことはわかっているでしょう。しかし、「公務員を目指す生真面目な男性が理想」と考えていたりはしませんか?

実際に恋愛をしてみると、仕事に真面目なだけでは、あなたに優しいだけでは物足りないことを痛感するでしょう。

しかし27歳になるまで恋愛を体験せず、初めての恋愛がそのような男性だと、理想の男性がどのようなものかわからないまま結婚を決断してしまい、結婚してから「この人では物足りなかった」と後悔することになってしまいます。

恋愛とは、結婚とは、安定収入のある男性に貢いでもらえれば幸せというものでもないのです。


特に、多彩な感性を持つ「オールドソウル」女性は、恋愛相手にも多彩さを欲するでしょう。

頭が良く芸術の感性もあり、真面目だけど面白くもあり、社会派でありながら少年のようでもあり・・・と多面的な魅力を持つ男性でないと、物足りなく感じるはずです。下ネタを言う男性を嫌うでしょうが、セックスの上手な男性を欲するでしょう。おしゃれで清潔な男性を欲するでしょう。



彼氏との距離感はなかなか難しい。

恋愛スキルも、体験しなければ身につきません。

「優しくあるべき」ということは、頭の良いあなたはわきまえているでしょう。しかし、気を遣いすぎると長くは一緒にいられないものです。

優しくしたり、おねだりしてみたり、背伸びしたり、疲れた体を癒してもらったり、と、恋人とは適度な距離感やコミュニケーションをとることが大切です。これらは、体験によってバランス感覚が身につくものです。



若いうちに、恋愛を体験しておいたほうがよい。

そのため、あまり慎重になりすぎず、若いうちに恋愛を体験しておいたほうがよいです。

少々の痛みを味わうことは、仕方ないことだと妥協しましょう。あなたは賢いので、同じ失敗は何度も繰り返さないはずです。

恋人を作り、デートをしたり、セックスの酸い甘いを体験したり、友達と恋人とどっちを優先すべきなのか悩んだり、恥ずかしがらずに恋愛話を出来るようになったり、しておいたほうがよいです。

セックスの中で男性がどのようなことに喜ぶのか、体験的に知っておいたほうがよいです。その技術を磨いておいたほうがよいです。


本当に素敵な人を見つけたとき、恋愛スキルがまったくなかったのでは、一世一代の恋に失敗してしまいます。恋愛体験がないと、尻ごみしてしまいます。



罪悪感を感じても、それも妥協をしましょう。

あまり好きでない男性と付き合うとき、罪悪感を感じたりもするでしょう。「あまり本気じゃないのに、好きなフリをして申しわけない」と。「あまり好きじゃないのに、高価なプレゼントを貰って申しわけない」と。

その良心はとても素晴らしいことです。しかし、恋愛を理解するためには、妥協しましょう。

あなたは美しく、性格も良いはずで、あなたと恋愛することで相手の男性が得るメリットや喜びはすさまじく多いはずです。申しわけないことはありません。



恋愛しないと気づかないことがある。

美しい容姿を生まれ持つでしょう。すっぴんでも人気者になっているかもしれません。それで周囲からの好感は高いですし、就職面接でも上手くいくので、美容にあまり興味がないかもしれません。

しかし、恋愛に意識を向けてみたとき、よくよく見ると周りの女性たちは非常にがんばっていることに気づきます。メイクがとても上手いですし、ムダ毛処理をしていたりして、彼氏を深く魅了するにはこうした努力も必要だな、と感じるでしょう。

「必要だ」と痛感しないとメイクの研究やムダ毛処理やボディメイクははかどらないもので、恋愛を体験することでこうした視点が身につくでしょう。



処女のまま年を重ねると、虚しさにさいなまれがち。

恋愛に慎重になりすぎると、すなわちセックスの初体験が遅れます。

処女のまま25歳、30歳を過ぎると、虚しさや焦燥感にさいなまれて不幸を感じてしまいがちです。

セックスにあまり興味がない、自己顕示欲などないとしても、この社会を生きる中で、「ある程度の年齢でセックスを知っておきたい」といった欲求は抱くでしょう。

処女であることを友人たちに隠したり、打ち明けたりすることに、苦痛を感じるでしょう。



「愛する喜び」を魂は知っている。

あなたはひょっとすると、「自分はサバサバした人間だ」と感じているかもしれません。恋愛にはあまり興味はないし、彼氏に夢中になることもないだろう、と。

しかし「オールドソウル」女性は過去世においてピンクのオーラで達観した経歴を持ちます。「彼氏を愛すことの喜び」を、魂はよく知っているのです。

「尽くすことが楽しい、うれしい」「おめかしして彼に褒められるのがうれしい」といった感覚を内包しているはずなのです。コスプレにさえも興味があるでしょう。

あまり好きでない男性と結婚してしまうと、そのあとに素晴らしい男性を見つけたとき、非常に後悔するでしょう。その素敵な男性に、「大好き!」と乙女のように愛情表現したり抱きしめてもらいに行ったりすることが、出来なくなるからです。不倫をするわけにもいかず、あなたは悶々とします。


人生の中で様々な喜びを体験したいはずで、愛する喜びや素晴らしいセックスの悦びも、体験したいでしょう。

そのためには幾つかの恋愛を経る必要がありそうです。

本当に自分好みの男性を、見極められるようになる必要があります。



ガイド霊はあなたの不倫をとがめないが・・・

過去世で13次元を達成済みの「オールドソウル」女性たちは、ジョーカーのような存在です。様々な事情から、あなたが結婚した後の不倫を、ガイド霊はとがめないことがあります。

そして旦那が不倫や風俗をした経緯があるなら、自分が婚外恋愛をすることに罪悪感も感じないでしょう。

しかし、実際に婚外恋愛をすると、旦那さんにバレたときにあなたも彼も大変なことになります。

ですから、出来れば結婚をする前に、恋愛やセックスの欲求は深く満たしておいたほうがよいです。

婚外恋愛をするなら、ガイド霊が「よい」と肯定しているとしても、慎重に立ち回る必要があります。



セックスにおいて、意外と大胆でしょう。

「清楚な人」というイメージを、周囲から持たれているのではないでしょうか?

しかし、「オールドソウル」女性は体質的に膣が濡れやすく、性感帯も敏感なはずで、セックスを知ればその魅力に夢中になるでしょう。

様々なプレイをしたいと好奇心を抱いたり、激しく官能させてほしいと願ったり、妖艶に躍動して彼を興奮させたり、セクシーなランジェリーを身に付けたいと思ったり、愛撫「する」ことが楽しかったり、と、大胆な性欲を隠し持っていたりするでしょう。


こうした欲求も、結婚してしまうと満たせなくなってしまいます。

あまり好きでない旦那と、濃密なセックスをしたいとは感じないでしょうから。



技術に自信がないとしても、彼を魅了するでしょう。

恋愛経験が少ないまま年を重ねていると、セックスの技術に自信がなくて恋愛に尻込みしてしまうこともあるでしょう。

大丈夫です!あなたは、男性を魅了する長所をたくさん持っているはずです。

顔が美しい、スタイルが美しい、服装がおしゃれ、下着がおしゃれ、声が可愛い、肌が綺麗、性器の形が綺麗、甘えるのが上手・・・などとたくさんの女性的魅力を持っていそうです。

極端に言えば、愛撫も何もしなくてもベッドに寝そべっているだけで彼を興奮させ、射精させてしまうでしょう。

ですから、尻込みしなくて大丈夫です。



素晴らしい男性と相思相愛になれるはず。

あなたは、美しい容姿と美しい心を持っているはずです。

女性的魅力が極めて高いため、非常に素晴らしい男性と相思相愛になれるはずです。

名作映画のような素晴らしい恋を、あなたは出来るでしょう。


しかし本当に誠実な男性は、女性を口説かないものです。

自分から声をかける度胸を持っておいたほうがよいですし、セックスの機会に動じない慣れを持っておいたほうがよいです。

本当に素晴らしいものは、棚からぼた餅のように落ちてはきません。自分でつかみ取る必要があるのです。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page