「オールドソウル」は友達が少ない?孤独に陥りがちなのはなぜ?

「オールドソウル」はたしかに、友達が少ない傾向にあります。男性は特にそうです。

優秀で誠実、明るく優しい性格を持つ宇宙人の魂である「オールドソウル」が孤独に陥りがちなのは、なぜなのでしょうか?



「オールドソウル」は中学生くらいになると友達が少なくなる。

「オールドソウル」は、小学生低学年の頃はむしろ非常に人気者で、クラスメイトに囲まれているでしょう。みんなを引き連れて広い公園で遊んでいます。彼が号令をかけて、色々な遊びをするでしょう。

しかし、中学生くらいにもなると友達が少なくなる傾向です。孤独にぽつんと本を読んでいたります。

なぜなのでしょうか?

同学年の大衆と価値観が合わなくなってくるからです。

中学生くらいになると、子供たちは反抗期めいてきて、素直でなくなり、悪いことをしはじめます。たとえば、「掃除をするのはダサい」といった風潮が出てくるでしょう。「オールドソウル」は真面目で、無意味に反抗することは嫌います。掃除をサボることは嫌います。

友達とは価値観が合わなくなり、会話が合わなくなるため、自然と孤独になってきます。



男性は特にそうなる。中高生の下品さについていけない。

「オールドソウル」の男性は、特に友達が少なくなりがちです。

中高生になると男子たちは性に目覚め、セックスにまつわる言葉や性器にまつわる言葉を、大きな声で叫びたがります。しかも、セックスしたい願望について、「ヤリたい」「犯したい」といった女性を侮辱するような言葉を平気で使います。

「オールドソウル」男性は誠実で優しいため、大衆男性たちのこうした下ネタ・下品な発言が嫌でたまりません。彼らに合わせて「オレもヤリたい!」と叫ぶことが出来ないのです。そのため、性的なことに素直なクラスの明るいグループの男の子たちとは仲良くできなくなるでしょう。

そして、下ネタを言わないクラスの大人しい男子たちは、ガリ勉すぎるかゲーム・アニメに熱中しすぎており、やはり価値観が合いません。彼は価値観の合う子が周りにおらず、孤独に陥ります。


「オールドソウル」の男性もセックスがしたいですし、アダルトビデオを見て興奮したりします。しかし、女性たちを侮辱するような下品な言葉を放つことを嫌います。



スポーツや車に興味が薄く、感性が女性的。

「オールドソウル」男性は子供の頃は運動神経が良いですが、段々スポーツに熱中しなくなるでしょう。勝ち負けにこだわることを嫌いますし、だんだん卑怯になってくるエースたちを嫌います。

また、車だとかミニ四駆だとか、多くの男子が好むものをあまり好まない傾向です。

そして、芸術を愛します。音楽や文学を好みます。テレビゲームやアニメ、ライトノベルなども好きでしょうが、それだけでなくシリアスな芸術を好むでしょう。

他の男子たちとは好みが合わないですし、感性が女性的なため、やはり孤独になりやすくなります。



友達が少ないことで自信を失い、笑顔が陰るかも?

成績も素行も良いはずで、優秀な能力を誇ります。それなら自信に満ちるはずですが、「友達が少ない」という実情に対して恥ずかしさやコンプレックスを感じ、持ち前の笑顔をひそめていくかもしれません。「オレが学級委員やったるわ」などと立候補することもしなくなるでしょう。

高校生頃が最もナイーヴかもしれません。

小説を読んだりしながら、教室のすみで孤独に佇んでいます。


それでもなお一部の女子たちからはモテているでしょうが、自分が孤独なので自分に自信がないでしょう。女性と積極的に恋愛しようとはしないでしょう。


吹奏楽部に入るなど、自分の趣味に特化した場所に行き、価値観の合う仲間が多くいる場所では、本来の明るい気質を取り戻して陽気に笑うでしょう。彼の太陽のような笑顔が完全に消えることはないはずです。



彼を好きな女性にとっては、彼の孤独は好都合。

「オールドソウル」の男性に好意を寄せる女性は少なくないでしょう。そんな女性にとって、彼が友達が少なく孤独でいるのは、むしろ好都合であるはずです。

しょっちゅう一人で佇んでいるので、声をかけやすいのです。それに、あなたが彼と話していても、男の子たちが冷かしてくることは少ないはずです。

彼は他の男子と一緒に帰ったりもしないので、「一緒に帰ろうよ」と誘えば、それは実現するでしょう。



裏があって友達が少ないわけではない。

「オールドソウル」の男性は、教室や職場で眺めているととても明るく優しく優秀で、人望を集めそうに見えます。それなのにあまり友達がおらず孤独であったりするのを見ると、「彼は何か裏があって、男の子たちに嫌われるのだろうか?」といぶかしげる女性もいるでしょう。

そうではないはずです。

上述したように、「オールドソウル」男性は大衆男性たちの幼さについていけないのです。男性たちの下ネタに合わせられないのです。だから孤独になります。

あなたから見て彼が魅力的なら、彼は魅力的なのです。裏はないでしょう。



啓蒙的なことをしたがるが、友達が少ないので広がりにくい。助けてあげて。

「オールドソウル」男性は、啓蒙的な感性を強く持ちます。

たとえばメッセージ性の強い歌詞を書いて、シンガーソングライターになろうとします。しかし、友達が少ないため、ライブに客を動員することが得意でありません。友達が少ないため、CDや本がなかなか売れません。

こうした活動は、まずは身近な友人たちが起爆剤となって盛り立てていくものですが、彼にはそのブーストがないのです。彼の活動を手伝ってくれるキーボーディストもおらず、ポスターを作ってくれるデザイナーもいないでしょう。

非常に素晴らしいものを作りながらも、それが評価されにくい人です。


あなたが彼を好いているなら、あなたがそれを助けてあげましょう。彼のライブやCDをみんなに宣伝したり、代わりにラジオ番組に売り込んだり、ファンクラブを作って盛り上げましょう。

彼は性格がよいので、友人に手間を掛けさせることを嫌います。こうした助けを欲していても、自分から知人に「僕の活動を盛り上げてよ」などと頼んだりしません。ですから、彼を理解できる人が自発的に助けてあげることが大切です!



表現者を目指しても、成功しにくい「オールドソウル」。

「オールドソウル」は世にメッセージを発信したいと願い、ミュージシャンや作家などを目指すことが多いです。

しかし、上述したように協力者を得にくく、その活動は成功しにくいです。

非常に素晴らしいものを作っていても、「売れない」「人気が出ない」ので商業活動には乗らず、成功しにくいです。


たとえば、彼の曲を可愛いルックスの女性が代わりに歌ったり、彼の小説をキャッチーなセンスの人が漫画に描き起こしたりすると、それは成功を収めることがあります!