top of page
  • れな

「オールドソウル」の男性はどんなことをすると喜ぶ?好かれる?

「オールドソウル」の男性と恋愛することに憧れる女性は多いようです。

彼に楽しませてほしいと願うだけでなく、「彼を喜ばせたい」と献身的に考える女性も、このサイトの常連読者さんには少なくないことでしょう。

「オールドソウル」の男性は普通の男性たちとはやや感性が異なりますが、どんなことをしてあげると喜ぶのでしょうか?

彼に好かれるにはどんな女性になるとよいのでしょうか。



もっぱら「癒し」を求めている。

昔は、「男女は足りないものを補い合う」と考えられていました。男性は家事や料理が苦手で、家庭的な女性を求める、という具合です。

しかし、現代の男性は家庭科の授業で料理を習ったり男女平等の社会常識の中で育っているため、「苦手なことを女性に埋めてもらいたい」という考えをあまり持っていません。「オールドソウル」は誰もが多才で、なおさらのこと、女性に何かの能力を求めはしません。すると彼らは、恋愛にはもっぱら、「癒し」を求めます。

セックス、スキンシップ、笑顔、柔らかい雰囲気、といったものです。

男性のほとんどは恋愛にこうしたものを求めており、「オールドソウル」の男性もそれは同じです。

女性は、可愛らしく柔らかい感じがモテるのです。それを期待されるのです。



知性的な女性は好まれるが、デートのときにそれを発揮する必要はない。

「オールドソウル」は、知的な女性や哲学的な女性に一目置きます。

イエローやロイヤルブルーの感性に長けるなら、自己紹介においてそうした面をアピールするのは有意義です。

しかし、それを彼に知ってもらったならもう、デートの際は知的な面をあまり発揮する必要はないです。知的な会話をすると、疲れるからです。

デートの時は癒されたいと思っているので、難しい話を話をするよりも微笑みあって手をつないでいるほうがよいのです。



レジャーに行くと「疲れる」。

多くの人は、休日やデートではこってりしたレジャーに行って楽しみたいと考えます。思い切り笑ったりフラストレーションを発散したり、新しいもの、流行なものを見て喜びます。

しかし「オールドソウル」は静的な人が多く、レジャーに行っても「疲れるばかりだ」と感じます。体が疲れるだけでなく、精神的に疲れるのです。むしろストレスが溜まります。

「オールドソウル」男性とデートの約束をこぎつけたなら、ホームデートや静的な内容のほうが喜ばれるでしょう。

お家で音楽を聴きながらまったりハーブティを飲む、そんなシンプルなものでよいのです。



「オールドソウル」男性は押し倒してこない。

「オールドソウル」男性はさわやかな外見をしている人が多いですが、セックスが好きですしスキンシップも好きです。手をつないで歩いたりすることを好むはずです。

しかし、デートをする女性に対してさえも、押し倒してはきませんし、彼から手をつなごうとすらしないかもしれません。

彼らは非常に思いやり深い人で、「女性に触れたら気分を悪くするかもしれない」と考えるのです。性欲が起きたからといってそれを好き勝手にぶつけたりはしないのです。

「女性を不快にしないかたちでセックスやスキンシップがしたい」と考えています。


すると、あなたがセックスが好きなら、あなたのほうから彼に触れてあげることが大切です。「あなたとスキンシップしたいのよ」「あなたとセックスしたいのよ」「今日もえっちがしたい気分なの」ということを、彼にわかるように伝えてあげましょう。

もちろん、「えっちしよう」とストレートに告げられればそれでよいのですが、それが恥ずかしい場合は、手つなぎやキス、表情などで、あなたのセクシュアルな欲求を彼に伝えましょう。


彼は、あなたと一度セックスをしたとしても、「でも今日は彼女はセックスの気分じゃないかもしれない」と考えます。女性の性欲がデリケートであることを彼はよく理解しており、それを気遣おうとします。とても優しいのです。

あなたが、大体いつでもセックスしたい人なら、「大体いつでもセックスしたい」と彼に教えましょう。彼のほうからも頻繁に誘ってくれるようになるでしょう。


手をつなぐことが好きなら、「私は手をつなぐの好き」と彼に笑顔で伝えましょう。するといつでも手をつないでくれるでしょう。



あまり欲求を言ってこない。

「オールドソウル」は欲の薄い人が多いです。

普通、恋愛では、互いの欲求をぶつけ合うものですが、「オールドソウル」男性はあまり「何々して」「どこどこに行こう」などと言ってこないでしょう。自分でやればいいやと考えますし、自分の予定に人を連れまわすことを申し訳ないと考えます。

そのため、「興味ある場所とかないの?」などとあなたのほうから聞いてあげるとよいです。



セックスでも、あまり欲求を言ってこない。

セックスは、性器同士を結合するだけのものではなく、相手に愛撫や何かをしてもらうことでより大きな恍惚を得られるものです。アダルトビデオなどのメディアを見て、「オールドソウル」男性も様々なプレイへの興味や欲求を持っています。

しかし、あまり女性に対してそれをねだってこないでしょう。「フェラチオして」すら言わないかもしれません。

それもやはり優しさに基づいており、「人に何かをさせるのは申し訳ない」と考えるのです。特にセクシュアルなことは、女性を不快にさせることも多いですから、彼らは自制しようとします。

そのため、セックスの際もやはり、「どんなことしてほしい?」「どこを舐めてほしい?」「コスプレとかって興味ないの?」などとあなたのほうから振ってあげるとよいです。あなたが嫌がっていないとわかれば、彼はおねだりがやしすくなります。



愛撫の得意な女性は「オールドソウル」を魅了するでしょう。

人に何かを頼むことが苦手な「オールドソウル」にとって、人生で最も手に入りにくいのはセックスであり、性的な献身です。「フェラチオして」と女性に請うことすら、女性に失礼だと考えていたりします。

すると、愛撫やセクシュアルな献身を自発的にどんどんするような女性は、「オールドソウル」男性を非常に魅了するでしょう。

「乳首も舐めてあげようか?」「上に乗ってもいい?」「コスプレしみてよっか」などと、提案してあげるとよいです。あなたに抵抗がないのであれば、ですが。


セックスの上手な女性が好きなのはどんな男性も同じなのですが、「オールドソウル」男性はあまりその欲求を言ってこないのです。恥ずかしがりや、というわけではなく、「女性を傷つけたくない」と考えるのです。優しくて謙虚なのです。



ギャップのある女性を好む傾向。

「オールドソウル」男性は多彩な感性を持ちますが、そのため、多面的な人をリスペクトする傾向にあります。

恋愛についてもこれが言え、「ギャップのある人」「多面的な人」を好みます。

たとえばこのようなことです。


  • 外見はギャルなのに料理が上手い

  • 清楚なのにベッドの中では大胆

  • キャリアウーマンなのに無邪気なところがある

  • 人気者なのに謙虚

  • おしゃれなのに倹約家


あなたの中の意外な一面を、「オールドソウル」の彼の前では隠さなくてよいです。それはむしろ、彼を喜ばせるでしょうし、尊敬されるでしょう。



誠実な男性は同じような傾向がある。

「オールドソウル」に限らず、誠実な男性は同じような傾向があります。

セックスへの望みは強いのですが、女性を傷つけないためにあまりそういう主張をしてこないのです。

「ギャップ好き」に関してはそうでないこともあります。人の多面性というのがあまり理解できず、清楚だと思っていた女性がベッドの中で大胆だと、彼女が信じられなくなってしまったりします。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page