ピンクのオーラで100点に達するには?(セックスに関連する記事です)

執筆者:れなさん

私はここで様々なコラムを書いていますが、時折コラムの内容に関するリクエストを頂きます。
その際、霊的真理に関するものよりも、セックスに関するものが多いです。また、「セックスや愛撫のテクニックについて教えてほしい」という内容が最も多いです。
このサイトのコラムの本質は霊的真理の啓蒙ですので、セックスに関する反響のほうが大きいことは複雑な気分ではありますが、世の中の女性たちは、セックスについての上品な、真面目な情報を求めていることはとても共感できます。セックスについて知りたいけれど、巷の性情報は下品なものやでたらめなものばかりですね。

そこで今回は、「ピンクのオーラを高める方法」という内容について、細かく書いてみたいと思います。自然とセックスの技術的な情報にもなります。

 

※この記事は女性向けです。ピンクのオーラを高める条件としては男性もほぼ同じなのですが、女性が読むことを前提に言葉を選んでいます。

 


ピンクのオーラを高めるとどうなる?

まず、ピンクのオーラの役割からおさらいしましょう。
ピンクは第10次元の色です。しかし、次元の数はあまり気にしないほうがよいです。総合的な精神性が1次元でも、ピンクのオーラが60点以上ある人もいます。ピンクのオーラを高めなくても、アセンションは可能です。

ピンクのオーラを高めると、女性の場合は女性ホルモンの分泌が高まります。これによって、美肌やバストアップなど、女性的な魅力が高まります。若々しい外見を維持しやすくなります。体臭や口臭が減ります。髪の毛の色素が薄くなる(自然な茶髪になる)こともあります。
膣が濡れやすくなり、セックスやオナニーが楽しみやすくなります。

 

そして、今生で10次元に達し、ピンクのオーラを80点以上にまで高めて死んでいったなら、あなたは来世において、「ピンクの顔」を選んで生まれてくる権利を得ます。
ピンクの顔とは、くりくりとした美しい二重まぶたの目のことです。目がぱっちりしているだけでなく、顔の造形が全体的に可愛らしく、タレントのような顔立ちになります。(敢えてそれを選ばないことも可能です)
美しい容姿は、恋愛はもちろんこと仕事や人生全般に役立つため、魅力的なものです。

 

つまりピンクのオーラは、「美しい容姿」「恋愛的魅力」に非常に直結します。多くの女性が憧れるものでしょう。
それは努力によって、誰でも手に入れることが出来るのです。

 


ピンクのオーラを高める数々の方法。

ピンクのオーラを高めるためには、数々のスキルを磨いていく必要があります。
ピンクのオーラを高めると、「美しい容姿」「恋愛的魅力」を生まれ持つことが出来るようになりますが、ピンクのオーラを高めるためには、「美しい容姿」「恋愛的魅力」を高める努力が必要です。ピンクの課題のほとんどが、これらに関連します。
1つ1つ、詳しく解説していきます。

 

外見的魅力を磨く、おしゃれをする。

ピンクのオーラを高める最も基本的な課題は、外見的魅力を磨くことです。おしゃれの努力をすることです。
ただおしゃれに力を入れるだけでなく、「異性が喜ぶようなおしゃれ」を意識することが大切です。
ピンク系の色の服を着たり、スカートやワンピースを着たり、ときにはミニスカートでセクシーに気取ること、などです。
この内容は時代・文化によって多少変化しますが、現代日本で言えば「萌え系」と言われるテイストもピンク的です。猫耳を付けてみたり、モコモコ素材のレッグウォーマーを着けてみたり、などです。
パステルカラーの服を好んで着ることもピンクのオーラを高めます。
セクシーな下着を好み、身に付けることもピンクのオーラの感性です。

 

逆に、「おしゃれ」と人から言われるものであっても、黒いパンツスーツをさっそうと着こなすようなファッションでは、ピンクのオーラはあまり伸びません。


柔らかい言動をする。

女子アナウンサーやお店の店員のような、優しくおだやかな、好感度の高い言動をすることも、ピンクのオーラを高めます。これについても、近年のアニメの萌えキャラの女の子たちが、意外とお手本になりそうです。
いくら外見が可愛くても、ヤンキーっぽいギャルや小悪魔系の美女たちはピンクの点数がそう高くありません。もう少し穏やかに、おしとやかになる必要があります。または、おしとやかを「演じられる」必要があります。
女子アナウンサーやスチュワーデスさんなどの振る舞いは良いお手本です。
可愛くなろうとするよりも、「社会マナーを身に付けよう」「接客スキルを身に付けよう」と努力をするほうが、このスキルは伸びそうです。
なるべくいつでもにこやかに微笑むよう心掛けることも、ここに含まれます。

 

女性も自分から恋愛アプローチをする。

「あなたが好き」「デートしたい」「セックスしたい」と、素直に伝える行動力・素直さです。日本人女性は「恋愛は受け身であるべき」と考えますが、本来恋愛は、女性がリードすべきものなのです。
女性は恋愛やセックスを不快に感じやすいですから、誰とデートするか、いつセックスするか、男性任せにせずに自分で主導すべきなのです。
「あなたとセックスがしたい」「明日のデートではえっちがしたい」と素直に言えるようになりましょう。

 

尽くす恋愛をする。

あなたが女性であっても、恋愛において「自分から愛する」「自分から尽くす」という感覚を持つべきです。それがピンクのオーラを高めます。
オーラソーマにおいてピンクは「無条件の愛」というキーワードを持ちますが、それはつまり、「尽くす愛」のことです。「彼が貢いでくれなくても、あなたは彼を愛せますか?」それが試されているのです。
ここで言う「尽くす愛」は、子供や後輩への愛情のことではなく、「恋愛を意識した、異性との恋愛」です。
現代日本人女性で、尽くす恋愛の出来る人はほとんどいません。女性たちは、「恋愛では尽くされないと損」という価値観に染められているからです。
あなたがある男性に尽くそうとするとき、「あんた、おかしいんじゃないの?損してるよ」と周りの女友達や母親は言うでしょう。それでも流されずに、尽くす恋愛を貫けるでしょうか?

 

「尽くす恋愛」とは、必ずしも金銭を貢ぐ必要はありません。

自分から彼の町まで会いに行ったり、ときにはラブホテル代や外食代を出したり、といった、男性たちが当たり前のように行ってくれることを、出来る必要があります。
誕生日やクリスマスなどの記念日に「高価なプレゼントなんていらないよ」と彼に言ってあげるのも、尽くす愛情の一部と言えます。
好きな男性を金銭的に養っている女性は、「尽くす恋愛」を完全に全うしていると言えます。

「女が男を養うなんて無理だ!」とあなたは思うでしょうか。
だから、ピンクは第10次元の色なのです。第7次元の奉仕の精神と第1次元のレッドの力が強くないと、ピンクのオーラを極めることは困難です。

尽くすセックスをする。

「尽くすセックス」とは、相手を喜ばせることを強く意識したセックスです。
彼を気持ちよくしてあげるために進んでフェラチオをしたり、フェラチオの技術を高めようと努力したりすることを指します。
セックスの際、セクシーな下着を身に付けたり、セクシーなコスプレ衣装を着てみたり、恥ずかしくても騎乗位で相手を興奮させてみたり、ローションやアダルトグッズを差し出してみたり、可愛いあえぎ声を出したり、などが該当します。
適度な言葉責めもここに含まれます。「まだイっちゃダメ!」とか、「ほら、お隣さんに聞こえちゃうよ!」といった相手が興奮するようなささやきのことです。
セックスの最中以外では、オナニーしているセクシーな姿を見せる、メールでえっちな会話をする、下着姿などセクシーな写真を見せてあげる、といったことです。
こうした行為を、「楽しい」と感じている必要があります。

 

こうした「尽くすセックス」を極めると、彼を愛撫しているだけでも、あなたの膣が濡れて官能するようになってきます。愛撫されなくても、愛撫「する」だけで濡れてしまい、挿入の準備が整ってしまうのです。

 

この「尽くすセックス」のスキルは、淫乱だというわけではなく、とても崇高で大切なものです。なにしろ、性的な官能というのは、人を最も喜ばせるものだからです。
とはいえ、あまり好きでない男性に対して、「尽くすセックス」をするべきでははありません!セックスで尽くすと、彼はあなたに中毒する危険性が高いからです。別れを切り出しても泣いてすがりついてきたり、ストーカーになったりするでしょう。
あなたが「尽くすセックス」を提供するのは、精神性の高い男性、自制心の高い男性に対してだけに留めるべきです。すると、あなたがこのスキルを高めるためには、「オールドソウル」のような精神性の高い男性をセックスパートナーに選べるようになる必要があります。精神性の高い男性は、あなたに高級品を貢いでくれたりはしないです。お金持ちでもないでしょう。

 

大好きな彼のために美しくあろうとすること。

一番最初に挙げた「外見的魅力を磨く」に似ていますが、動機が違います。
外見的魅力を磨こうとする女性は多いことでしょう。しかし、それはあくまで、「モテたいから、お金持ちになりたいから、チヤホヤされたいから」といった我欲に基づいた動機でしょう。
そうではなく、「大好きな彼を喜ばせるために、おしゃれやスタイル磨きをがんばろう!」という利他的な美意識を持ち行動に移すことで、ピンクのオーラはさらに伸びます。
すでに愛してくれている彼のために、「美しさを保ち続けよう(もっと可愛くなろう)」と心がけ続けることが、大切です。気に入られるためにがんばるのは、この概念とは違うのです。

 

昨今、可愛い女性は多いですが、この「大好きな彼を喜ばせるために、おしゃれやスタイル磨きをがんばろう!」という感覚に達している女性はほとんどいません。日本人女性の1%もいないです。(欧米人女性にはそこそこいます)
おしゃれをするだけでなく、ヘルシーな食事や運動、姿勢などへの努力も含みます。美しいバストを保とうとすることもそうです。
こうした努力を、30歳を過ぎても、40歳を過ぎても、付き合いが10年を過ぎてもなお、続けようとする心がけです。

 

この人はつまり、30歳になっても40歳になっても、子供を産んでもなお、美貌がほとんど衰えないです。美しい顔立ちとスリムな体型を保ち続けています。その努力をし続けています。
それは大好きな彼を喜ばせますが、あなた自身の喜びにもなるでしょう。

 

オーラ向上の愛撫を会得すること。

彼のオーラを向上させられる愛撫を会得することも、あなたのピンクのオーラを高めます。彼を性的に喜ばせるだけでなく、彼を健康にします。
この技術については他の記事で詳しく解説していますが、簡潔に言えば、「ペニスのカリの部分を上手に長い時間愛撫すること」です。
男性は、カリの部分に長い時間刺激を受けると、オレンジのオーラが高まるのです。
ペニスの筒全体を愛撫してしまうと、射精感が高まってしまい、すぐに射精して性的な官能が終わってしまいます。カリの部分だけを上手に愛撫すると、射精感が高まらずに性的官能だけを味わうことができます。オーラが高まるだけでなく、長い時間性的な快感を楽しんでいられるのです。

知識だけではなかなか上手くいきません。練習を重ねる必要があります。

 

しかし、これに関しても、実践する男性を慎重に選ぶべきです!彼があなたに中毒しては困りますし、精神性の低い男性に大きな官能を提供するのは良くないことです。

 

ペニスの尿道口への愛撫を会得すること。

フェラチオの中でも、特殊な愛撫を会得することでさらにピンクのオーラが向上します。
それは、「ペニスの尿道口」を愛撫することです。
ペニスの尿道口には強烈な性感帯があるのですが、普通、筒型のペニスを差し出されるとその筒の部分を刺激しようとするのが人間の反射なので、尿道口の性感帯に気づいて丹念に愛撫することは難しいです。
この性感帯に気づいて、大きな喜びを与えてあげようとすることが、1つのスキルなのです。
アダルトビデオなどの影響で、この性感帯を知る男女は増えており、普段のセックスの中でもすでに愛撫してあげている女性はいるでしょう。

ペニスの尿道口は、なんとなく触ると痛みを生んでしまいます!要注意です!
唾液やアロマオイル(キャリーオイル)などで濡らして潤滑してあげてください。手で触るよりも、舌で舐めるほうが気持ちいいようです。
上手くやらないと痛いので、彼に「もっと優しく?」「もっと手前?」などと尋ねながら行ってください。

ペニスの尿道口を愛撫しても射精をしにくいです。そのため男性は、性的な快感を長い時間楽しむことができます。
ピンクのオーラの加点としては、10分くらい丹念に愛撫してあげれられる必要があります。愛情の乏しい女性は1分で飽きてしまうでしょう。

この愛撫も非常に強烈な快感なので、施してあげる男性は慎重に選んでください!男性がセックスに中毒しないように、あなたに中毒しないように、気を付けてください。精神性が高く、自制心の高い男性を選ぶべきです。
あなたの恋人や夫であっても、快楽への自制心があまり高くない男性には、長い時間この愛撫をしないようにしましょう。1分でも充分です。「もっと!もっと!」と彼がせがんできたとしても、「首が痛いから」などと言って断りましょう。


愛撫「する」だけのセックスを楽しめること。

ちょっとわかりにくいかもしれません。
セックスは普通、自分の性的快感を期待して行います。彼を愛撫することが好きな女性でも、自分の快感も期待しているでしょう。彼を愛撫してあげる代わりに、私も愛撫してもらいたい、ペニスを挿入してもらいたい、という期待があるでしょう。
それを超越して、「彼を喜ばせるためだけのセックスでも、たまにはいいや」と思える境地です。彼を愛撫し、喜ばせ、そこでセックスを終わりにするのです。「私は気持ちよくしなくていいよ」と断るのです。
いわゆる、セックスにおける「無条件の愛」です。
「無条件の愛」の感覚に達していないと、この自制は難しいでしょう。

しかし、これを経験したことのある女性も、いるはずです。
たとえばあなたが生理のときに、「今日はえっちは無理だから、フェラチオしてあげるね」と一方的に喜ばせてあげたことのある女性はいるでしょう。
たとえばあなたが妊婦のときに、「挿入するのは無理だから、手で射精させてあげるね」と一方的に喜ばせてあげたことのある女性はいるでしょう。

女性も男性も、ときには相手のためだけにセックスをすることが出来たほうがよいのです。

風俗嬢は、これに近いことをよく行っているでしょうが、金銭的な見返りをもらって行っているので、このスキルの観念とは異なります。


高度な美容を実践する。

なんとなくおしゃれをするだけでもピンクのオーラは伸びますが、高度な美容に取り組むことでピンクのオーラはさらに伸びます。
たとえば、ムダ毛処理です。必ずしも永久脱毛である必要はありません。
性器のムダ毛処理(ぱいぱん)も高度な美容です。
たとえば、ピーリングです。体を洗うだけでなく、ピーリングをすることでよりすべすべになり、女性的魅力は高まります。
たとえば、柔軟性です。180度開脚のようなことです。
たとえば、美しい姿勢です。美しい姿勢を保つには、意識や筋力が要りますね。

この要素については、時代や文化によって多少変わっていきます。

 


100点を超えることも可能です。

ここに書かれてあることをすべて実践できるようになるなら、ピンクのオーラの点数で100点を超えることも可能です。
ピンクのオーラが100点を超えるくらいにもなると、美肌やアンチエイジングの自然治癒力がかなり強力になります。衰えが緩やか、というよりも、30歳を過ぎているのに年々若返っているような・・・というくらいです。
瞳がより二重(ふたえ)っぽくなったり、大きくなったりもするようです。

 


実質的に、ある程度の精神性が必要です。

ピンクのオーラを80点以上にも高めたいと願うなら、恋愛やセックス、ピンクの事柄にのみ熱中しているだけでは無理でしょう。
精神性の高い男性を選んで恋愛する(セックスする)感性が必要不可欠で、それだけの感性が、あなたにも必要になります。
男性を収入や肩書きで選んでいるようでは無理です。男性をルックスで選んでいるようでは無理です。
ジャニーズタレントよりもスナフキンと付き合いたい、というような感性をしているなら、あなたはこれを可能にするかもしれません。
グリーンのオーラが、少なくとも60点以上は必要でしょう。

ピンクのオーラを高めたいがために、適当に男性を選んで恋愛するのはやめましょう。その感性では、何をがんばってもピンクのオーラは上がりません。
悪魔に魂を売る女性は、ピンクのオーラは上がりません。
あなたにふさわしい男性が見つからないなら、無理にセックスでピンクのオーラを上げようとしないでください。

セックスが好きでないと、80点を超えるのは無理。

ピンクのオーラで80点を超えたいと願うなら、セックスが好きでないと無理でしょう。
ピンクは結局のところ、「人を性的に喜ばせる色」「セクシーをシェアする色」なのです。
セックスが嫌いな人にとって、ここに書かれた課題の幾つかは、「性的に搾取されている」と感じられるでしょう。そのような人がセクシーのシェアを心から楽しむことは不可能です。その人にとって、これらに取り組むことはとても苦痛で、トラウマにすらなってしまうでしょう。そのような人は、無理に取り組まないほうがよいです。決して、無理をしないでください。
あなたは、女性がスカートをはかされることも不快に感じているかもしれません。しかし世の中には、ミニスカートをはいて男性の視線を集めることを「楽しい」と感じる女性もいるのです。ミニスカートのシルエットを「可愛い」と感じる女性もいるのです。
まずはオナニーを楽しむことから始めてみると、セクシュアリティに対する観念が変わってくるかもしれません。

ピンクは10次元の色ですから、この色が苦手でもアセンションの条件を満たすことは可能です。ピンクは10次元の色ですから、7次元・ヴァイオレットの奉仕の精神がないと、達観することは困難です。自分の性欲を満たしたいだけでは、ピンクで70点や80点を超えることは無理です。
ピンクは、おしゃれを楽しめさえすれば40点程度まで達するのはとても簡単で、13色中最も簡単でしょう。しかし、70点を超えるのは相当に難しいのです。

 


「オールドソウル」の女性などは、こうしたことをやってのけた過去世を持ちます。

あなたは、ここに書かれてある内容を見て、「無理に決まっている!」と感じたでしょうか。たしかに、ほとんどの女性には無理でしょう。ほとんどの日本人女性には、恋愛において尽くす感性が希薄だからです。
しかし、「オールドソウル」「ソフィア」「ドルフィン」の女性などは、過去世でこうしたことをやってのけたことがあります。だから彼女たちは、生まれつき美人なのです。きわめて愛情深い女性は、このような情報を読まなくても、自分の感性でこのような振る舞いをするのです。
なお、クリスタルチルドレンにも生まれながらに美人な人が多いですが、彼女たちは天使の特性としてピンクのオーラと美人の顔立ちを与えられているだけで、こうしたことを過去世でやってのけたとはかぎりません。

また、私のコラムの常連読者さんの中に、ピンクのオーラが100点を超えた女性がいるそうです!私はその方が誰なのか、具体的には知りません(お手紙をくださったことはあるのかもしれません)。その方も自分が100点を超えたことを知らないかもしれません。私のガイド霊が、「100点を超えた人がいる」と報告するのです。
最初から100点を超えていたのではなく、当初は60点程度でしたが、私のコラムを熱心に読みながら理解を深め実践し、徐々に100点に達したようです。
現代人がどれかの色で80点を超えることはほとんど不可能だと思っていました。が、そのような人もいるのです!
また、私のコラムを人生や恋愛に活かしてくださる方がいることを、私はとても嬉しく思います。おそらくこの女性の努力は、幸せな恋愛となって彼女に報いたことでしょう。

 


※この記事は、あまり多くの人に見せないでください!

セックスに関するトラブルや、スピリチュアルに関する誤解、当サイトに対する誤解を招きかねません。
あなたのブログなどで不特定多数の人にシェアすることはお避けください。高い精神性を持つ人、私のブログの常連読者さんのみが読むべきです。
あなたが「この人は読んでも大丈夫だろう」と感じる知人に、個別にURLを教えたりするのはかまいません。
男性には読ませないほうがよいです!この記事の内容を口実に、あなたに性的なことを強要する男性が現れるでしょう。あなたは性奴隷にさせられてしまうでしょう。
セクシーなことは、女性が自発的に行うべきです。女性にとって不快でない範囲で行うべきです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon

芸術家応援プロジェクト!

イエスの子らよ 匿名希望

匿名希望さん

ジャンル:小説、児童文学

関連サイト:特設ページ

​SNS:なし

 
>>芸術家応援プロジェクト!とは?

© 2017 by 運命の人が当たる!365日誕生日占い スピリチュアルWiki