悪夢が毎日連続するのはなぜ?解決方法・治療方法は?

執筆者:れなさん

悪夢を見る夜が続いてストレスが募る・・・。そんな人は少なくないようです。

「悪夢は逆夢で、幸運の予兆だ」などと書く人もいますが、幸運などやってくる気配もなく・・・。

悪夢とは何なのでしょうか?どのような原因で見てしまい、どうやって解決すればよいのでしょうか?


 

悪夢を頻繁に見る原因は2つ。

悪夢を毎日のごとく頻繁な頻度で見るとき、その原因は主に2つあります。


悪夢の原因1:オーラが汚れてしまっているから。

1つは、オーラがけがれてしまっているときです。

オーラが汚れる要因は幾つかあります。

ベッドシーツが汚れている。

ベッドシーツが汚れると、それが影響で悪夢を見ることがあります。汚れというよりもオーラの問題が大きいです。

たとえば、快楽的な男性を連れ込んで一緒に寝たりすると、その彼の濁ったオーラがシーツにこびりつきます。彼が帰ったあともそれは残り、あなたが悪夢を見る原因になるのです。

タバコを吸う男性は、あなたのベッドには入れないほうが良いです。また、その彼の横で眠るだけでも悪夢を見ることがあります。

この要因の場合、シーツを洗濯すれば悪夢はおさまるはずです。

洗濯ができないソファーベッドなどの場合、アルコールスプレーをするか、3時間ほど日干しをしましょう。アルコールスプレーは100円ショップで買えます。
 

衣服が汚れている。

これも上と同じような概念で、あなたの着ている衣服が汚れていることで悪夢を見ることがあります。

クラブなどに遊びに行き、タバコやアルコールの臭いがこびりついた服でそのまま眠ってしまったりすると、悪夢を見ることがあります。

部屋がカビている。

普通の家庭ではまずないことです。古びた施設を掘り起こして使うようになったときなどに起こります。

長年放置したことによってカビた部屋で眠ると、悪夢を見ることがあります。

部屋を水拭きで掃除すると、悪夢はおさまるはずです。

それでもおさまらない場合、アルコールスプレーを部屋中にまきましょう。セージの葉をたいたりしても効果はありますが、アルコールスプレーのほうが安上がりです。


 

悪夢の原因2:人生から逃避している。

やらなければならないことから目をそらして逃避しているときなどにも、悪夢を頻繁に見るようになります。この場合、何か怖いものに追いかけられるような内容の夢が多いです。かつ、上手く走れないでしょう。

「もう離婚すべきだな」と感じている夫婦間系なのに、経済的困窮などをおそれて離婚を回避していたりすると、こうして悪夢を見ることがあります。

辞めるべき会社を、不誠実な会社を、お給料が良いという理由から離れられずにいるケースなどもよくあります。
 

何かをがんばっていても、それはもう終わりにして次のプロセスに変化すべき、という場合にもこうした悪夢を見ます。


 

悪夢を見ない方法。

悪夢を見ない方法について、浄霊だの除霊だのといった話に振り回されないようにご注意ください。スピリチュアルなセッションやグッズで改善できるものではありません。

また、近年は「悪夢障害」などといって精神症の1つとして捉えられることがありますが、もちろん病院で治療をしても治りません。
 

「悪夢を治してあげます」と言う人は、あなたにとって楽な方法を示そうとするでしょう。そのためすがってしまう人が多いのですが、これは「依存商法」で、サギなのです。カモにされてしまうだけです。精神科医、西洋医学でさえもそのような人が多いです。

悪夢を見ない方法はとてもシンプルで、「健全な生活を送る」ということだけが唯一の解決法です。

怠けたり、だましたり、快楽に中毒したりなど、後ろめたいことをしているならどんな対処をしても悪夢はおさまらないでしょう。


 

スピリチュアリストが悪夢を見る場合、商売をやめましょう。

スピリチュアリストには悪夢を見る人が多いです。そしてその人は、スピリチュアルなセッション、ヒーリング、グッズ、セミナーなどを扱う商売をしていることが多いです。

その商売、サギ的なものではありませんか?

その商売をやめましょう。あっさりと悪夢は改善するはずです。


 

商売をしていないスピリチュアリストは、「行動」をしましょう。

商売などしないスピリチュアリストにも、悪夢を見る人は多いです。

この場合、現実逃避が原因のことが多いです。困難な問題を自分の努力で解決しようとせず、天使の力や具現化の法則、ヒーリングなどで解決しようとしていませんか?自社に祈願に行ったりしていませんか?

そうした「神頼み」「神秘主義」的なことはやめて、現実的に努力をしましょう。

オラクルカード(タロットカードの類)を好む人も、悪夢にさいなまれやすいです。オラクルカードを引いても問題が解決しないことに気付いてください。


 

なぜ「悪夢は吉夢」などというメディアが多いのか?

「死ぬ夢は新しいことが始まるサイン」

「火事の夢はむしろもっと大きな家が手に入る吉兆」

「大便をもらす夢は運がつく吉夢」

などと、悪夢を吉兆サインだと説明するメディアがあります。この記事の解説内容とはまるで逆ですね。なぜ吉夢だというのでしょうか?

それは、「良いサインだよ」と耳心地のよいことを言ったほうが、読者の注目を集められるからです。スピリチュアル業界には非常に多いのですが、真実ではなく「都合の良い内容」を書いて、人を集めようとしています。

実際多くの人は、こうした「耳心地の良い言葉」に心酔し、集まっていきます。

しかし、悪夢はどれも、吉夢などではありません。改善すべき何かがあることを、あなたに告げています。目をそらしていては悪夢はおさまりませんし、スピリチュアルなヒーリングやグッズに頼ってもおさまりません。

風水で間取りを変えても、悪夢はおさまりません。

悪夢を改善するために、お金は必要ないのです。人を頼る必要もないのです。


 

「悪夢が続くのウツのサイン」は本当?

「悪夢が続くのはウツ病だから」という説明もよく見かけます。

これも正しい情報とは言えません。

ウツの人は、現実逃避をしている人が多いのです。現実逃避をするゆえにウツになっています。悪夢の要因は「現実逃避」にあり、ウツという病気だから、ではないのです。

「悪夢はウツのサインだからあなたは悪くないのよ。病院にいきましょうね」と言われると安心しますが、しかしそれで病院に行ってもお金が飛んでいくだけで解決はしないのです。

「悪夢が続くのウツのサイン」を言うのは、医療関係者が多いですね。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon

芸術家応援プロジェクト!

イエスの子らよ 匿名希望

匿名希望さん

ジャンル:小説、児童文学

関連サイト:特設ページ

​SNS:なし

 
>>芸術家応援プロジェクト!とは?

© 2017 by 運命の人が当たる!365日誕生日占い スピリチュアルWiki