【詳述】「新月の願い事」と新月前後の体調変化について。

執筆者:れなさん

2019年の新月カレンダー

1月 1月6日(日)10:29
2月 2月5日(火)6:04
3月 3月7日(木)1:05
4月 4月5日(金)17:51
5月 5月5日(日)7:46
6月 6月3日(月)19:03
7月 7月3日(水)4:17
8月 8月1日(木)12:13
         8月30日(金)19:38
9月  9月29日(日)3:27
10月 10月28日(月)12:39
11月 11月27日(水)0:06
12月 12月26日(木)14:14

月は、他の天体と同じくエネルギー的な影響を地球に及ぼしており、特に新月は、満月と並んで私たちに大きな影響をおよぼす月の状態です。

新月とは、満ち欠けを繰り返す月の月齢が0日の状態を指すもので、真っ暗になってしまいその夜は月が見えません。スピリチュアリズムでは、新月は特別なエネルギーを発しており、新月の日に願いごとをすると叶いやすいと言われていますが・・・

 

「新月に願い事をすれば叶う」は残念ながらデタラメ。

結論から言えば、「新月の日に願い事をすれば叶いやすい」というのはでたらめです。新月の日に願い事をしたところで、紙に書こうが大声で宣言しようが、レイキなどのエネルギーワークと組み合わせようが、願い事が叶いやすくなったりはしません。

新月は月齢の中で「始まり」にあたり、それゆえ「ものごとの始まり」を象徴することから転じて、「新月に願い事をすると叶いやすい」「新月にプロジェクトをスタートすると順調にいきやすい」などと言われるようになりました。「大晦日にそばを食べれば長生きできる」といったものとおなじように、迷信なのです。

「願いごとを表明する」ということ自体は、自分の深層心理を整理するうえで有意義で、また、他者に願い事を伝えるなら協力してもらいやすくなるので、無意味とはいえません。とはいえ、それを新月の日にやる必要はないのです。

 

「新月の願い事」を掲げる人は大抵がサギ。

「新月の願い事」という概念は、サギ的なスピリチュアリストの商売の道具にされやすいので気をつけてください。「新月の願いが叶いやすくなる〇〇」というのは全部でたらめです。そのような神秘は存在しないことに気づいてください。逆に言えば、新月の願望成就テクニックについてあれこれと力説しているスピリチュアリストは、人をだまそうとする悪い人が多いということです。その人が発信・発売している他の情報や商品も、手を出さないほうが良いです。

「願い事の書き方が重要なのだ」と力説するスピリチュアリストも多いですが、書き方うんぬんの問題ではありません。どのような書き方であろうと、あなたの守護天使はその意図をくみとることが出来るので、別に問題はないのです。どのような書き方でも守護天使はあなたの意図をくみ取れますが、しかしハワイ旅行を当選させてくれたりダイエットを手助けしてくれたりはしません。

また、「〇月は恋愛に関する願い事が叶いやすい」などといった話も当然でたらめです。暦も星座も願い事の叶いやすさには関連しません。

本当にスピリチュアルなことを理解しているなら、「新月の願望成就」がでたらめであることを気づけますし、守護存在から「それは誤った情報だよ」と注意されているはずなのです。そうしたことがないから、適当な知識で人をだますのです。

あなたがどうしても新月の日にヒーリングを受けたいなら、「れな(※注 コラムの執筆者名)の遠隔ヒーリングを受け取ります」とでも宣言してみてください。何かの買い物をしなくても、ブロマガの登録をしなくても、遠隔ヒーリングを送ってさしあげます。

 

「新月の願い事が叶った!」何万人もいればそりゃ叶う人もいる。

「新月の願い事」やそれに付属するグッズで願いが叶った!と主張する人もいるでしょう。しかし、無数の人々が無数に願い事をしていれば、それは叶う願いもたくさんあって当然です。それが「新月の力で叶った」と、誰が言えるのでしょうか?それが、「〇〇のグッズ・〇〇のヒーリングで叶った」と、誰が言えるのでしょうか?

願い事の幾つかが叶ったとしても、それは別に新月の力は関連していないということに気づいてください。

 

願い事を紙に書き出す行為は違う意味で有意義ではある。

自分の意思を整理するキッカケとして、新月の日に願いごとを書き出してみるという作業は、内観ワークの1つとしては悪くはありません。(しかし新月の日である必要もないのです。)

「新月の願い事」に夢中になってしまう人は、効果の無いサギ商売にひっかかりやすい傾向にあるので、くれぐれも気をつけてください。あなたが購入したスピリチュアルグッズの数々、ヒーリングの数々、開運グッズの数々が本当に効果のあるものなのか、冷静に見直してみましょう。

 

ボイドタイムに願い事をしてもアクシデントなどは起こらない。

するともちろん、ボイドタイムに願い事をしてしまったことで悪い影響が起きてしまうなどというのもでたらめです。ボイドタイムに何を願っても、何を願わなくても、あなたの人生はおよそ何の影響もありません。

 

新月が特殊なエネルギーを放っていること自体は事実。

新月が特殊なエネルギーを放っていること自体は事実です。

レイキヒーラーや菜食主義者など、エネルギーに敏感な人は如実に感じ取っていることでしょうが、新月の3日前くらいから地球の磁場に大きな変化を及ぼすため、霊感の強い人は頭が痛くなったり吐き気を催したりすることがあります。プロテクションのグッズなどを使っても、これは防げません。

これは、満月においても同様です。

 

新月の体調影響は結構大きい。レイキ習得や菜食生活には気を付けて。

レイキの会得や菜食などの霊的な修行は、本来はアセンションを果たすために行われます。5次元文明に至るか、またはそれに近しい環境の修道院や僧院で生きるようになるなら、「新月や満月の前後は休息する」という生活リズムを作ることで大した問題ではなくなるのですが、現世社会で暮らし続ける場合、新月や満月だからといって会社が休めたり家事を休ませてくれたりすることはないため、新月の影響を受けやすいことは非常にリスクになります。

賃金労働や結婚などといった一般的な社会生活からドロップアウトする気がないなら、レイキの習得や菜食生活の徹底は慎重になりましょう。行ってもかまわないものですが、そうしたリスクがあることを覚悟しておくべきです。

 

新月周期を気に留めることは、生理周期を安定させる効果がある。

新月および満月の前後は、女性の生理を促しやすくなります。満月のほうがその作用は大きいですが、新月の周期で生理がくる人もいます。

そうした意味で、新月・満月の日をチェックしたり月齢を気にしたりすることは有意義と言えます。月齢を気にし出すことで生理の周期が安定し出すということは、たしかに言えます。

 

霊感の強弱で、新月の体調影響の強弱も変わる。

霊感の強い人や繊細な人ほど新月・満月周期の影響を受けやすく、霊感の乏しい人や体液の汚れている人(肉食やアルコール、タバコの盛んな人など)は影響を受けにくいです。

新月や満月の体調不良で悩んでいるなら、身体を少し鈍感にするように軌道修正しましょう。お肉の摂取を増やす、添加物などの入った加工食品も多少は食べる、お砂糖の入ったスイーツを食べる、無添加ではないシャンプーを使う、車に乗る、人ごみに出たり電車に乗る、といったことです。

それらが嫌で繊細な肉体を保ちたいなら、家で出来るSOHOのような仕事を探したり、世間から離れて自給自足のような暮らしをするしかないかもしれません。

スピリチュアリズムでは、菜食化やデトックスなどを推奨していますが、つまりそれは、従来のような社会的生活を続けるならあまり推奨できないということです。菜食もデトックスも決して悪いことではないのですが、現代日本の都市型生活には合っていないのです。気を付けましょう。

 

 

スピリチュアルで新月の体調不良を防げる?

スピリチュアルなグッズやセッションで新月の体調不良を防げないか?と期待する人は多いことでしょう。
しかし、スピリチュアルなグッズでは新月の体調不良を軽減できないです。「軽減できます!」と謳うグッズやヒーリングなど見るかもしれませんが、それはでたらめです。
赤いパワーストーンなどのプロテクション系のアイテムは、サイキックアタックの影響は軽減できないです。
浄化系のアイテムは、むしろ新月体調不良の影響を強めます。
エネルギーワークの類も、新月体調不良の影響を軽減することはできません。
だまされてお金を散財しないように、気を付けてください。

新月の体調不良を軽減する方法は、上述のように、「体内を粗くする」取り組みが必要です。お肉の摂取量を少し増やしたり、シャンプーやスキンケア用品を、多少は添加物の入ったものに変えましょう。都会の人混みに出たり、車、電車に乗る機会を増やしたりして、体をタフにしましょう。


 

願い事を叶える方法

要は願い事を叶える方法を知りたいのでしょう。

願い事を叶えるには、4つのポイントがあります。

(1)自分で努力してお金を貯める。

(2)自分で努力して実現する。

(3)口に出して人に協力してもらう。

(4)スピリチュアルな方法で叶えようとしないこと!

それぞれを詳しく解説しましょう。
 

(1)自分で努力してお金を貯める。

今の時代、大抵の願い事は、お金で解決することが出来ます。ですから、まずはお金を貯めましょう。これについても、他力本願でお金を得ようとしてしまう人が多いのですが、それはむしろ変な金運財布など掴まされて散財するので、控えましょう。

地道にアルバイトなどして貯めるべきです。

数十万円程度の物欲なら、半年も掛からずに叶えられるでしょう。

(2)自分で努力して実現する。

ダイエットなどの事象については、努力して実現するしかありません。

大抵の願い事は努力で叶います。

勝敗のあるものや他人の関連するもの、大学合格や恋愛などは努力だけではどうにもならないことがあります。これらは天使にも誰にも実現することは出来ません。

(3)口に出して人に協力してもらう。

女性はこれが出来ていない人が多いです。

特に、恋愛に関しては顕著です。恋愛したいのに友人たちには興味のないふりをしていませんか?あなたがもし「恋愛したいの!」と素直に言うなら、友人たちは次から次へと男性を紹介してくれたり、出会いをセッティングしてくれるでしょう。

また、教室や社内で恋愛欲求を口にしていれば、それを耳にした男性たちが積極的にあなたに言い寄るようになります。あなたが恋愛を欲しているそぶりをするかしないかで、男性たちの態度はかなり変わります。

他にも、欲しているものや欲している体験についても、とりあえず家族や友人、恋人など周りの人々に打ち明けておくべきです。「ねだる」のではなく、「さらっと言う」程度で良いです。あなたが欲しているものを、大した苦労も無しにあなたに提供できる人がいるかもしれません。
 

(4)スピリチュアルな方法で叶えようとしないこと!

スピリチュアリストはとかく、願望をスピリチュアルな方法で叶えようとします。しかし、それは成就しないばかりか、詐欺のようなものに散財を繰り返すばかりなので、控えましょう。

スピリチュアルな方法での願望祈願は、つまり他力本願な気持ちの現れです。それはまったく良いことではありません。

自分の願望は「自分の」「物理的な」努力で叶えるように努めましょう。

「新月の願い事」に夢中になる人がだまされがちなスピリチュアリズム。

新月の話からは逸れますが、「新月の願い事」に夢中になる人が同じようにだまされ、夢中になってしまいやすい物事について他にも解説します。


 

引き寄せの法則→言葉にするだけでは叶わない。

「新月の願い事」と同じような概念に「引き寄せの法則」というものがあります。引き寄せの法則を新月のタイミングで・・・と併用する人も多いことでしょう。

しかし残念ながら、「引き寄せの法則」もでたらめです。

欲しいものや叶えたいことを口にするだけで、それが具現化したりはしません。紙に書いてもだめですし、「願いごと手帳」のようなグッズを使ってもだめです。

「引き寄せの法則」は、アナログな力は少しあります。

単純な話ですが、「安価にソファーが欲しい」「恋をしたい」と人に話したりSNSで書いたりしていれば、それを見て協力しようとしてくれる人が現れることがあります。それであなたの願望は叶いやすくなります。

「引き寄せの法則」に神秘の力、魔法の力はありません。天使が叶えてくれるということもありません。アナログな力で、叶うことはあります。

また、部屋の目立つところに「目指せ5kgダイエット!」などと書いて貼ることも、多少の意味はあります。それを目にするたびに、ダイエットのことを思い出して気が引き締まるからです。気が引き締まらない人もいます。


 

パワーストーン→恋愛運も金運もアップしない。

パワーストーン(クリスタル)を、願望成就の期待を込めて身につけてる人は多いことでしょう。パワーストーンのブレスレットやネックスがスピリチュアリストに大人気です。

しかし、パワーストーンには恋愛運を高めたり金運を高めたりする効果はありません。ローズクォーツなどピンクの石は、ピンクのオーラを強化する力があるのですが、それによって彼の気持ちがあなたに傾く、ということはありません。

「宇宙の叡知と繋がる」「創造性を高める」「レムリアの叡知と繋がる」といった効果もありません。神秘的で特殊な効果はほとんど何もないと思ってください。

パワーストーンの効果は、その色と同じチャクラを活性化することです。それにより、病気の治りが少し早くなります。


 

パワースポット→訪れても開運しない。

パワースポット巡りを趣味にしている人も少なくないでしょう。

しかし、神秘的なことを期待して足繁く全国のパワースポットを巡っているなら、もうやめたほうが良いです。パワースポットに行っても開運効果やご利益はありません。天照大神など祀っているところでも、開運効果はありません。

パワースポットに訪れて、「荘厳なエネルギーを感じた」などと言っている人は多いですが、パワースポットに「荘厳なエネルギー」などというものは無いのです。神様がいたりもしません。天使は少しいますが、天使は近所公園にもどこにでもいます。

パワースポットはただ、プラーナの密度が濃いだけです。エネルギーが濃いのです。それにより、傷や病気の治りが速くなる効果は多少ありますが、行き帰りの筋肉痛のダメージのほうが大きいです。パワースポット旅行中に懐石料理やごちそうを食べるなら、むしろ糖尿病が近付きます。

寺社仏閣関連のパワースポットは、開運効果が無いばかりか低級霊にちょっかいを出されることがあり、頭痛や吐き気を催したりします。精神性の低い人は憑りつかれることすらあります。

日本のパワースポットは、自然豊かな場所が多い点だけは救いです。その自然で癒される効果が、少しはあります。

つまり、寺社仏閣に行くなら、境内に行くよりも、ご神木の周りや自然の美しい場所にたたずんでいるほうが癒しになります。


 

お守りや絵馬→効果はない。

寺社仏閣には、お守りや絵馬など、開運に関するグッズが様々に売られています。スピリチュアルなことを毛嫌いする人ですらそれらをたくさん買い込んだりしますが、寺社仏閣の開運グッズに効果はありません。効果は無いのです。

なお、おみくじもでたらめです。


 

ゾロ目の数字は天使からのメッセージ→でたらめ。

「1111」や「222」など、ゾロ目の数字は天使からのメッセージであると説く人がいます。エンジェルナンバーですね。しかし、これはでたらめです。

ゾロ目の数字を見ても、天使があなたに何かを告げたがっているわけではないのです。「555」を見ても人生が急展開したりはしません。


 

オラクルカード→今のあなたへのメッセージではない。(当たらない)

オラクルカードのオラクルは「神託」という意味ですが、オラクルカードを引く際に神秘的な力が働くようなことはありません。神に選ばれたカードが出てくるわけでないのです。つまり、引いたカードが今のあなたにふさわしいメッセージだったりはしません。

オラクルカードの占い師やチャネラーが引いても、神秘的な力は働きません。

オラクルカードに書かれている内容は、スピリチュアルな成長のために有意義なものも多いので、カードの解説書を熱心に読むならそれなりに勉強にはなります。

アセンテッドマスターのカードはアセンテッドマスターからのメッセージではなく、人間が勝手に考えたメッセージです。ドルフィンもユニコーンも、人間に何も伝えてはいません。「ドルフィンからのメッセージ」などというのは嘘なのです。


 

タロットカード→オラクルカードと同じ。(当たらない)

オラクルカードはうさん臭いと感じていても、タロットカードは信頼する、という人は多いです。古くからあるからでしょうか。

しかし、タロットカードも同じです。引く際に神秘的な力が働くようなことはなく、ランダムでカードが出てくるだけです。特殊な並べ方や引き方をしても、魔力が発動したりはしません。チャネラー、サイキッカーが使っても、神秘的な効果が起きたりはしません。

タロットカードは各カードの内容が抽象的なため、オラクルカード以上に役に立たないと言えます。


 

ヒプノセラピー→トラウマは癒されない。

ヒプノセラピー(退行催眠)では、霊視能力のある人なら過去世の自分を視ることがあります。しかし、過去世で虐待されているところを視たからといって、それでトラウマが解消されることはありません。セッションを終えた直後は、トラウマが癒えたような気にもなりますが、実際には恐怖や嫌悪は消えていないでしょう。トラウマの原因を見るということだけでは、トラウマは癒えないのです。

霊視能力のない人は、高いお金を払ってヒプノセラピーのセッションを受けても何も視えません。つまり、意味がありません。

また、霊視ができるなら、自分で家で目を閉じ、「〇〇の過去世が視たい」などと念じれば、それだけで過去世を視ることができます。

ヒプノセラピーは、お金を出して行う価値はほとんど無に等しいです。


 

天使とつながるワークショップ→何も起こらない

「天使とつながるワークショップ」などといった名前で人を集めているスピリチュアリストがいます。

しかし、こうしたものに参加しても、天使とのつながりが強化されたりはしません。

そもそも、人は誰しも生まれたときから天使と繋がっています。誰にでも守護天使がついており、365日24時間そばにいてくれています。

「霊視や霊聴で天使の存在を感じたい」という願望からワークショップに興味を持つでしょうが、ワークショップに通っただけで霊視や霊聴が開くことはありません。そのワークショップの中で、講師や他の生徒が天使の声を聞いているのを見てわっと驚いたりすることはあるかもしれませんが。

霊視や霊聴を身につけたいなら、座禅瞑想を続ける必要があります。


 

星占い→運勢を予測する力はない。

星座占いなど、占いに興味を持つ人も多いことでしょう。

星占いは、気質や得意分野を当てる力はそこそこあります。仕事選びに迷ったとき、適職を知ることなどは参考になるでしょう。

しかし、星座占いに運勢を予測する力はありません。「乙女座のあなたは、9月に大恋愛が待っていそう!」などというのはでたらめなのです。無料の占いだけでなく、お金を払って鑑定してもらう星座占いも同様です。

未来は決まっておらず、占いで予測することはできません。出来ないのです。また、天体の動きで人の言動が決まることはありません。金星が動いたからしし座の彼が恋愛をしたくなる、というようなことは無いのです。

人生の指針が欲しい場合は、チャネリングに頼ると良いです。チャネリングにも未来を予測する力はありませんが、すでに決まっている出来事を知ることはできます。たとえば、あなたの運命の人が来月に沖縄旅行に行くことが決まっているなら、それをチャネラーが知ることは出来ます。


 

風水→何も起こらない。開運の力は無い。

風水には様々なテクニックがありますが、およそ何も起こりません。玄関の正面に鏡を置いても、邪気を跳ね返すようなことはないのです。

観葉植物を置く、トイレ掃除をする、といったことは、それらが物理的に持つ効果は起きます。観葉植物を置けば気分が癒されますし、空気を清浄化する力はあります。トイレの掃除をすればみんなの気分が良くなります。トイレの劣化を防げます。しかし、神秘的な力が働いて運気を上げるようなことはありません。

龍の形のパワーストーンや干支の置物、八角形の鏡など、何の開運効果もありません。金運財布などというのも完全に悪徳商売です。

まが玉の形のパワーストーンに特別な効果はありません。


 

浄化グッズ→洗浄や殺菌の効果があるだけ。

セージの葉や天然塩、オーラソーマのスプレーなど、浄化効果を謳うスピリチュアルグッズがあります。ずいぶんと高額なものが多いですが、残念ながらほとんど何の効果もありません。

浄化とはもともと、掃除や体を洗うことの意味で、清潔にしている人にとって浄化は必要ないのです。セージの葉を部屋に焚いても、あなたの罪が浄化されるようなことはなく、憑りつかれている低級霊を退治することもできません。カルマを浄化することもできません。

天然塩には体をきれいにする洗浄力が少しある(ナトリウムの作用です)だけで、神秘的な効果はありません。天然塩の中にパワーストーンを浸けておいても、浄化にはなりません。

スプレー系の浄化グッズには、クッションに溜まったダニなどの微生物を殺菌する効果はあります。ぜんそくの人などはそれによって発作を防げるでしょうが、それはアルコールスプレーに同じ効果があります。神秘的な効果ではなく、科学的・物理的な効果です。アルコールスプレーは100円ショップで買えます。


 

霊視による予知→当たらない

予知に関する文章を読み漁る人も多いことでしょう。特に今の日本では、南海トラフなどの大地震や富士山噴火の起きる日を予知・予言するようなものに群がる人が多いです。

予知を発信する人のほとんどは、霊視によってまぶたの裏に視た映像を「未来予知」だと思い込んで話します。大地震の映像を見て「近いうちに地震が起こる!」と言うのです。

しかし、まぶたの裏に視たもののほとんどは、守護存在からのメッセージではないのです。まぶたの裏の映像のほとんどは、当人の願望や妄想、恐れなどです。

そもそも守護存在たちは、地震や火山噴火、天変地異による警告を伝えることはまずありません。


 

直感は魂の意思→魂の意思ではない。

「直感は魂の意思である」といった情報をどこかで読んだために、不意に思いついたやりたいことを口にしては、「これは魂の意思だから素直に従おう!」などと言う人が多いです。

いきなりオラクルカードの占い師をはじめたり、デパートで見かけた高価な花柄の食器を衝動買いしたり、といったことです。

しかし、それらは直感ではなく、魂の意思でもありません。

直感というものはとても曖昧で、正しい使い方をされていません。多くの人が直感だと思っているものは、「思いつき」や「感情」にすぎず、魂の意思とは関連していません。

直感という形で魂(ハイヤーセルフ)から伝言があることも、あるにはあるのですが、それはもっぱら、自己成長や奉仕に関することです。

たとえば、生まれた町から離れたがらなかった人が突然「インドに行きたい!」と感じたならば、それは直感による魂からの伝言である可能性が高いです。あまりやりたくなかったはずのことを急にやりたい、やらなきゃ、と感じるとき、魂からの直感メッセージであることが多いです。なお、商売に関することは魂からの直感メッセージではありません。


 

ガネーシャや大黒様、龍神が願いを叶えてくれる→叶えない。

象の顔をしたガネーシャや七福神の大黒様、その他さまざまな神に、願望成就をする人は多いです。安産祈願、交通安全など、祈願も多いでしょうか。

しかし、〇〇神と呼ばれるような者たちに、人の願いを叶える力はありません。事故から守る防御力もありません。

そもそも〇〇神と呼ばれるような者たちは、人間の願望成就のために存在しているわけではありません。単なる教育者です。そして、「〇〇神」と崇められていても実際には精神性の低い者もいます。七福神は精神性の低い者です。ガネーシャはそもそも、存在していません。

これは、大天使やその他の天使についても同様です。


 

ペンジュラムは誰でも回る→少数の人しか回らない。

小さな石のおもりがついたチェーンを回すペンジュラム。最も簡単なチャネリングだと思っており、誰でも回ると思っている人が多いです。

しかし、それは誤りです。

ペンジュラムが回る人は第6チャクラの非常に発達した人だけで、回る人はごく少数です。霊視や霊聴ができても、ペンジュラムは回らない人が多いです。

あなたが回っていると感じているそのペンジュラムは、ただ「揺れている」だけでしょう。

ペンジュラムが回るとき、ビックリするほどグルグルと回ります。回っているのか疑う余地もなく、右か左かよくわからないこともありません。(YESともNOとも断定できない答えのときは曖昧な回り方をしますが。)

ペンジュラムを販売している人たちも、ペンジュラムが回せていないことが多いです。「ペンジュラムは筋肉の反応で回る云々・・・」と書いている人は、ペンジュラムが回せていません。

ペンジュラムが回る人にとって、パワーストーンのおもりが付いている必要もありません。何でも回ります。(つまり、ペンジュラムを買う必要はなく、売る必要もないのです。)

ペンジュラムが回る人は、とても精神性が高く無欲な人です。スピリチュアルな視野を持っていつつ、疑り深い慎重な人です。(その人の子供などが回せることはあります。)

もともとペンジュラムとは、霊能者がチャネリングをした際に、その繋がった存在が高次の者かどうか、霊能者の語る言葉にエゴが無いかどうか、それを審判するために存在しました。審議のためのツールなのです。お金儲けのためのものではないですし、願望を叶えるためのものでもありません。


 

ADHDの子は優秀なインディゴチルドレン→誤り。

ADHD、多動性障害、やたらと落ち着きなくハシャぎまわる子について、それは優秀な魂を持つインディゴチルドレンだと書かれていることが多いです。

しかしこれは誤りです。

親や周囲を困らせるような落ち着きのない子は、ただ精神が未熟なだけです。それは個性ではなく未熟な状態なので、辛抱強くしつけていく必要があります。

優秀なインディゴチルドレンも、授業中に突然、「先生、校庭に出て遊んできてもいいですか?」などと言い出したりします。しかし彼は、誰よりも早く課題のプリントを終えています。高い知能と協調性を持ったうえで、自由に生きたがるのが優秀なインディゴチルドレンです。自由を好みますが、学級委員など上手にこなす優等生でもあります。そして人助けばかりしています。


 

アセンションで楽園に行ける→アセンションとは成長のこと。

「人はアセンションを果たすと楽園に行ける」と思っているスピリチュアリストは多いです。近年の場合さらに、「神秘的な波動で地球人全員が自動的に集団アセンションできる」などと思っている人も多いです。

しかしアセンションとは楽園に行けるものではありません。救済のことではありません。

アセンションとは、自己成長の果てにあります。細かい説明はここでは割愛しますが、アセンションを果たした有名な人物はイエスキリストやゴータマ仏陀くらいのものです。商売などせずに、スピリチュアルな成長・啓蒙に身を投げ打つような人です。

アセンションを達成すると、守護天使から旅立ちを促されます。アセンションした人々の住む里へいざなわれますが、そこが楽園かというとそうとも言い切れません。きわめて質素で原始的な生活をする場所で、仏教僧の僧院のようなところです。現代日本人には、楽園とは感じられない人が多いでしょう。

なお、「地球がアセンションした」などという情報もでたらめです。地球は物質なのでアセンションすることはありません。


 

夏至や冬至で流れが変わる→変わらない

夏至や冬至の日を境に、社会の流れが変ったり個人の局面ががらっと変わったりすると思っている人は多いです。しかし、そんなことは起こりません。

夏至や冬至、春分、秋分には、地球や地球人に影響を及ぼす作用があります。しかしそれは、月が潮の満ち欠けに影響したり、生理周期に影響したりするようなことと同じです。

夏至や冬至などの境が、人の運気を変えたり人生の流れを変えたりすることはありません。

「先日の夏至から流れが変った」などと言う人がいますが、それはそう思い込んでいるだけです。たまたまその人にとって、その夏至の頃から色々な出来事が続いたというだけです。または、別にその夏至の後に特に大きな変化があったわけではないのに、そう思い込んでいる人も多いです。なんでもスピリチュアルな事象に関連付けたいのですね。こういう人は多いです。

つまり、夏至や冬至が来るのを待っていても、運気がアップしたり幸福な出来事が訪れたりはしないのです。


 

サイキックプロテクションで低級霊を防御できる→できない

「大天使ミカエルのサイキックプロテクション」なるエネルギーワークがあちこちで発信されています。それを受ければ低級霊からの攻撃を防げるというのですが、これはでたらめです。

大天使の名がついていようが、アセンテッドマスターの名がついていようが、サイキックプロテクションやその他のエネルギーワークで低級霊を防御することは出来ません。サイキックアタックも防げません。何の効果もないのです。

低級霊からの防御の効果があるのは、赤っぽい色や黒っぽい色の石です。パワーストーンとして売られているものだけでなく、道端に落ちている石でも効果があります。100円玉くらいの小さな石で充分です。


 

チャネラー・霊能者はすごい人→そうとは限らない

スピリチュアリストの中には、チャネラーや霊能者を崇拝のまなざしで見ている人が多いです。彼女らの書くブログを熱心に読みます。

しかし、チャネラーや霊能者は、ただチャネリングの能力があるというだけで、精神性が高いとは限りません。

精神性が高くなるとチャネリングができるようになる、というわけではないのです。

スピリチュアルな知識についても、そう詳しいわけではなく、間違った情報ばかりを発信する人も多いです。

チャネラー・霊能者の中でも、あまり化粧をしない人、派手な格好やパフォーマンスをしない人、目立とうとしない人は、精神性も高い傾向にあります。


 

土着のシャーマンは神聖である→そうとは限らない

アメリカインディアンなど、原住民族の中でシャーマンをやっている人に対して、非常に神聖視していませんか?シャーマンに占ってもらうためにセドナに行こうと計画していたりしませんか?

土着のシャーマンも日本のチャネラー・霊能者と同じです。ただサイキックな力を持っているだけで、精神性が高いとはかぎらず、スピリチュアルな真理をよく知っているとも限りません。

特に、外国人観光客相手に商売をしているようなシャーマンは、欲深い精神性の低い人ばかりです。

土着のシャーマンは軒並み、あまりスピリチュアルな知識には長けておらず、魂や霊の存在を知っている程度のものです。魔術で占いをする部族なども同様です。


 

ヨガをやるとサイキックが芽生える→芽生えない

インドの古代ヒンドゥー教に由来するヨガは、非常にスピリチュアルなイメージがあります。そして、ヨガを実践していればサイキック能力が芽生えると思っている人が多いのですが、それは誤りです。

ヨガは、シンプルに言えば柔軟体操と座禅瞑想を組合わせたものです。座禅瞑想はサイキックを開く力を持っているため、ヨガを実践していればサイキックが開くこともあるにはあるのですが、巷で教えられているような方法でヨガをやっていても、サイキックが芽生えることは無いでしょう。

インドやタイのヨガスクールに学びに行っても、サイキックが芽生えることは無いでしょう。

現代のヨガは体技(ポーズ)に対する比重が重すぎています。ポーズをとることに夢中になっているなら、サイキックが芽生えることにはならないでしょう。

ヨガは、チャクラなど神秘的な事柄を数多く教えていますが、しかしヨガ教師やヨガ実践者に霊的成長の高まっている人はあまりいません。

ヨガ実践者は座禅瞑想を単体で行う人も多いですが、しかしそれでサイキックが開いている人はほとんどいません。俗世間のヨガ実践者には、雑念の多い人が多いようです。

ヨガをサイキック開発につなげたいなら、もっと無心になったほうが良いです。

インストラクターになろうなどとは考えず、神秘的な人になろうとも考えず、「ただ気持ちいいからストレッチを長時間する」くらいの無欲な気持ちでいたほうがサイキックの発達には有効です。毎回、30分くらいは無心で続けている必要があります。おしゃべりも無しです。


 

ヨガをやると悟りに達する→達しない

ヨガを実践していれば、崇高な精神に達する日が来るだろうと期待している人は多いです。しかし、ヨガ行為そのものにそうした力はありません。

ヨガでは、菜食やオーラなど、非科学的なことを数多く教えます。それを知ることで多少、精神性が上がったり価値観が変わることはあるでしょう。しかし、ゴータマ仏陀やアセンション達成者の境地に至れるというものではないのです。

ヨガのポーズはあくまで柔軟体操と筋トレで、それ自体に神秘的作用はありません。座禅瞑想のように心を鎮めますが、そこで何を感じるかは人それぞれで、崇高な気づきを何も得ない人もいます。座禅瞑想中に崇高な気づきを得たなら、ヨガインストラクターはしないでしょう。商売しようと思わなくなるはずなのです。

つまり、ヨガ講師の中にあまり精神性の高い人はいません。宇宙の真理を悟っているような人もいません。インドやタイの本場ヨガスクールのインストラクターにも、あまり精神性の高い人はいません。インドの精神性の高いヨガ行者は、山にこもっています。

悟りとは、簡単に言えば、「お金や数字に振り回されるのは愚かだな」と気づくことです。物や生に執着しなくなることです。「感情的になってもあまり良いことは無いな」と気づくことです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon

芸術家応援プロジェクト!

イエスの子らよ 匿名希望

匿名希望さん

ジャンル:小説、児童文学

関連サイト:特設ページ

​SNS:なし

 
>>芸術家応援プロジェクト!とは?

© 2017 by 運命の人が当たる!365日誕生日占い スピリチュアルWiki