セックス依存症とは?セルフ診断と改善方法。

執筆者:れなさん

「私は性欲が強すぎるかもしれない」と思っていて、私れなのコラムを読んで、「別に問題はないのだな」と胸をなでおろした人は多いようです。
日本はまだ性的抑圧の強すぎる国で、社会平均より自分が淫乱だと感じても、それは多くの場合、問題はありません。
しかし中には、セックスへの興味が問題レベルに強すぎる人もいます。いわゆるセックス依存症、性依存症、セックス中毒というものです。

 


セックス依存症とは?セックスだけでなくオナニーや性風俗への中毒も含む。

セックス依存症とは、性的な行為に過度に依存・中毒している状態を言います。性依存症、セックス中毒とも言います。精神疾患の1つですが、まだ明確に病気として定義が固まったものではありません。
セックス依存症は、セックスそのものだけでなく、他の性的行為への依存も含みます。オナニーやポルノ収集、ビデオチャット(の出演)に夢中になる、売春がやめられない、乱交を好む、覗き・盗撮などのことです。

セックス依存症に対して現代の医学は、明確な定義を定めていません。これはまだ議論の途中にあります。
ニュースメディアなどでこの言葉を見かけるようになってきましたが、なんとなくセックス過剰な人・状態を指してこの言葉が用いられています。

そして、霊的な観点から見た場合、医師やカウンセラーのセックス依存症の定義とはまた異なります。
この記事では、主に霊的な観点から、セックス依存症であるかどうか、それを治すにはどうすればいいか、を語っていきます。

 


私はセックス依存症?セルフ診断チェック。(女性向け)

繰り返しますが、これは霊的な観点から見た場合での、セックス依存症かどうかの手引きです。医師やカウンセラー、一般的な情報サイトの見解とは異なる部分があるでしょう。
なお、これは女性向けです。男性読者は想定していません。

  • 毎日オナニーしてしまう→セックス依存症でない

  • 一日に何度もオナニーしてしまう→セックス依存症!

  • 小学生の頃からオナニーをしていた→セックス依存症でない

  • 恋愛したいが、その動機は実はセックスがしたいから→セックス依存症でない

  • ナンパを求めてバーなどに繰り出してしまう→セックス依存症!

  • レディコミに興味があり、頻繁に見ている→セックス依存症でない

  • 女性なのにえっちな会話が好き→セックス依存症でない

  • デートの日、彼に会う前から濡れてしまう→セックス依存症でない

  • 手をつないだだけで濡れてしまう→セックス依存症でない

  • えっちな言葉をネットなどで検索してしまう→セックス依存症でない

  • 女性なのにアダルトビデオが好き→セックス依存症でない

  • 性風俗の仕事をしようか検討している→セックス依存症でない

  • たくさんのセックスを求めて出会い系サイトをしている→セックス依存症!

  • 乱交グループのようなものに入っている→セックス依存症!

  • SMが好き→セックス依存症でない

  • ローションプレイなど変わったセックスが好き→セックス依存症でない

  • 騎乗位(女性上位)に興奮してしまう→セックス依存症でない

  • フェラチオすることに興奮してしまう→セックス依存症でない

  • Sである(男性を愛撫する・攻めるのが好き)→セックス依存症でない

  • 言葉責めで興奮してしまう→セックス依存症でない

  • 毎日セックスがしたい→セックス依存症でない

  • 彼はだらしない人だが、セックスをたくさんしてくれるので別れられないでいる→セックス依存症!

  • 彼はセックスが乱暴だが、気持ちよくもあるので別れられないでいる→セックス依存症!

  • 彼のセックスが手放せないため、タバコやギャンブルなど悪いものの趣味を真似てしまっている→セックス依存症!

  • 合法ドラッグなどする男性と付き合っている→セックス依存症!

  • セックスに夢中で仕事を休む・遅刻することがよくある→セックス依存症!

  • セックスが手放せないため、不倫の恋がやめられない→セックス依存症!

要点としては、「セックスをすべきでない相手」「セックスをすべきでない状況」で自制ができるかどうかです。
毎日オナニーをすることは、セックス依存症でないのでご安心ください。それは人として自然なことです。性的なことを毎日考えるのも、自然なことです。

 


毎日オナニーすることはセックス依存症ではないです。問題ないです。

オナニーを毎日したくなる人がいることでしょう。それを後ろめたく感じている人は少なくないでしょう。しかし、オナニーを毎日しても問題ないです。人の体はもともと、毎日のようにオナニーを(セックス、性欲解消を)したくなります。
オナニーをすることは心身の健康によいです。
ただし、一日に何度もオナニーをする、というのはセックス依存症の状態にあると言えます。「一日に何度もオナニーしたらどうなるんだろう?」と好奇心から実験してみるのは、依存症とは言えません。
オナニーを頻繁にしたいがために仕事をしない、などと社会放棄的になっているなら、当然セックス依存症であり、問題です。

セックスを毎日することもセックス依存症でないです。
しかし、セックスが手ばせないために性格の悪い彼と別れられないでいる、というような状態はセックス依存症です。それは問題です。

女性が自分から彼にセックスを求めることは、もちろんセックス依存症ではないです。女性もセックスを求めてよいのです。それが自然なことです。

 


セックスに積極的でもセックス依存症ではないです。むしろ良いことです。

少女マンガや雑誌などの影響から、「女はセックスの際、受け身なものだ」という観念を持っている人は多いことでしょう。レディコミで、女性が積極的にセックスをするとき、そのキャラはなんだか異常者のような表情をしていたりします。
しかし、自分から彼にセックスを誘ったり、積極的に彼に愛撫をしたりすることは、セックス依存症ではないです。あなたはセックスの楽しさを知っており、また、相手を喜ばせたい慈愛が強いのでしょう。
セックス、愛撫、セクシーな演出に対して積極的であることは、むしろ良いことです。そんな姿にドン引きする男性もいるかもしれませんが、あなたが悪いわけではありません。相手を変えましょう。

女性の多くはフェラチオを嫌いますが、あなたがフェラチオを楽しい・好きと感じているとしてもセックス依存症ではないです。問題ではないです。男性の精液の匂いに興奮してしまう、などのフェチズムも、別に問題はありません。異常ではありません。

 


スピリチュアルなカウンセラーには性的抑圧者が多いです。

このサイトを読んでいるということは、あなたはスピリチュアルにも興味が強いでしょうか。「私はセックス依存症では?私の性欲には問題があるのでは?」と悩むとき、スピリチュアルなカウンセラー、霊能者、チャネラーなどに相談したいと思うかもしれません。しかし、相談相手選びには気を付けてください。
スピリチュアルなカウンセラーには、性的抑圧者が多いのです。
「セックスは良くないものだ」と考える人が、スピリチュアル業界には多いです。「オナニーを毎日している」などと打ち明けたら、ひどく説教されたりするでしょう。
また、逆に、モラルが全然ないカウンセラーも多いです。「人生は楽しければよい」「天使の力で願いを叶える!」などと書いているカウンセラーは、快楽主義でモラルがない傾向にあります。このような人ももちろん、性の相談をする相手に適していません。

なお、スピリチュアルでない分野のカウンセラーも、性的抑圧傾向の人が多いです。生真面目な人が多いのです。また、セックス依存症の定義についてあまり理解していない人が多いです。

人に相談したい、話したい、と願うでしょう。それはかまわないのですが、打ち明ける相手は慎重に選んでください。

 


セックス依存症の改善方法・治療方法は?

端的に言って、「自分で自制心を働かせる」しかないです。あなたが心を強く持つしかないのです。「この人とセックスして大丈夫だろうか?」一呼吸おいて考え、「よくないな」と感じたなら、「しない!」と断りましょう。お酒に酔っていても、ちゃらちゃらした男性の誘いに乗るべきでないのです。
お酒に酔っていることを、セックスする言い訳にしないでください!
言い方を変えれば、セックス依存症を治したいならばお酒の場に近づくのはやめましょう。お酒も自制しましょう。

 


セックス依存症は薬では治らない!

セックス依存症を医療機関に相談するとき、薬を処方されることがあるかもしれません。なんらかの精神薬でしょう。
しかし、医薬品でセックス依存症は治りません!医者が何かを力説するとしても、それを真に受けないでください。処方されても飲まないほうがよいです。
精神薬は副作用によるリスクが大きいですし、飲むことにほとんど意味がないです。

また、カウンセラーのような人があなたに薬を渡すとき、それは逆にあなたを昏睡させる睡眠薬や媚薬である危険があります!あなたがセックス好きであることを乱用して、あなたとセックスしようと陥れているのです!もちろん、お茶やジュースのような液体も飲むべきではありません。

 


セックス依存症はスピリチュアルでは治らない!

あなたがスピリチュアル好きである場合、セックス依存症を治すために、スピリチュアルなアイテムやヒーリングなどを頼ろうとするでしょうか。それも止めましょう。どれも効果はありません。
フラワーレメディ、アロマテラピー、独自に調合されたアロマオイル(ヤングリビングなど)、オーラソーマ、漢方、その他どのようなアイテムも、セックス依存症を改善する効果はありません。
ヒーリング、ヒプノセラピー(退行催眠)、セラピー、マッサージ、気功、呪術、お清め、祈祷、祈願、寺社仏閣、パワースポット参拝、まじない、厄払い、などといった行為も、セックス依存症を治す効果はありません。
「神秘的なもので治そう」と考えないでください!そのような怠惰な気持ちでいると、あなたはだまされ、お金や体を搾取されてしまいます!

低級霊の類に憑依されているゆえにセックスが制御できなくなることがあります。
それについては、低級霊を除霊してもらうことで治るでしょう。しかし、除霊師はペテンが多く、本当に除霊を行える人は数少ないです。慎重に選んでください。

 


セックス依存症のサークルに参加するのは効果がある?やめたほうがよい!

各種の依存症には、同じ悩みを持つ仲間同士で話し合い、改善を協力しあうグループのようなものが各地にあります。それはセックス依存症においても存在します。
しかし、セックス依存症においては、そのようなグループ・サークルに参加しないほうがよいです!
性欲を制御できない人同士が会ったらどうなるでしょうか?セックスが始まってしまう危険性が高いです!また、そもそも治す気などなく、セックス中毒者を漁る目的でそのようなグループに参加している腹黒い男性もいるでしょう。
セックス依存症同士で悩みを打ち明けあう、というようなこともしないほうがよいです。