辛いものや熱いものが苦手。霊的な意味はあるの?

執筆者:れなさん

辛い食べ物や熱い食べ物が、周囲の人と比べて苦手であるように感じる。そして女子会など友人付き合いに不便を感じて悩んでいるでしょうか。

 


高次天使のクリスタルチルドレンに多い。

辛いものや熱いものを苦手とする人は、高次天使のクリスタルチルドレンに多いです。
それは過去世の懲罰ではありませんし、何かの能力が未熟なわけではありません。
その特徴は、あなたが心地よい人生を生きるためのセンサーです。

 

辛いものや熱いものを好む人は、オレンジのオーラが低いバブリーな人が多いです。彼ら彼女らと意気投合しないように、あなたは異なる味覚の好みを与えられています。

 

たとえば学校で、辛いものを好まない子たちと仲良くすると、穏やかな交流になるでしょう。そのようなイメージがあるのではないかと思いますが、その通りです。

 


基本的には、食べることで強くなる。

辛いものが苦手でも、高次の魂ゆえのこととは限りません。
辛いものも熱いものも、基本的には「慣れ」の問題です。
辛いものを頻繁に食べる人は辛味に強くなります。熱いものを頻繁に食べる人は熱い食べものに強くなります。母親が過保護で、逐一フーフーして食べさせていると、猫舌になります。猫舌の子は大抵、母親が過保護です。
親が辛いものを好むと、自然と食卓には辛いものが数多く並び、子は辛味に強くなりますし好きになりやすいです。
親が辛いものを好まず、「辛いものなんて美味しくないよね」と言っていれば、子は辛いものに興味を抱かず、あまり辛いものを食べられない舌でしょう。

 

このように、家庭環境や生活環境の影響で辛いもの・熱いものを苦手としていることもあるので、強くなろうと意識的によく食べるなら、あっさり克服することもあります。

 


高次の魂でもある程度までは適応できる。

高次の魂ゆえに辛いものが苦手な場合でも、繰りかえし食べていればある程度は辛いものに適応します。
市販のカレーやレストランのカレーでいうところの「中辛」程度までは食べられるでしょう。

 


辛いものに強くならなくてよいが、バックパッカー旅をしたいならご注意を。

辛いものの食べ過ぎは体によくありません。辛いものばかり食べていると味覚が鈍感になってしまいます。そして辛いものの好きな人は精神性の低い人が多く、このような食の好みを持たないほうがよいです。

しかし、バックパッカー旅に挑戦したいと思っているなら注意が必要です!
バックパッカー旅の象徴である東南アジアには、辛い食べ物がとても多いからです。辛いものが食べられないとなると本当に食の選択肢が狭まってしまいますし、欧米っぽいカフェやコンビニの菓子パンばかり食べることになってしまいそうです。それでは旅が味気なくなってしまいますし、栄養が心配です。
少なくとも日本の「中辛」程度は食べられるようになっておいたほうがよいです。旅立ちの前に意識的に辛さ慣れをしておきましょう。