「転生」って本当にあるの?

執筆者:れなさん

近年、アニメや漫画、ライトノベルなどの分野で、「転生もの」というジャンルが流行っているようです。
主人公は物語の冒頭で交通事故などで死んでしまい、まったく違う時代・違う場所の知らない人の体の中で目を覚まします。以前の記憶が残っており、「私、ぜんぜん違う人間になっちゃった!」と戸惑うところから、その体の人生を生きる物語が始まります。
「転生したら〇〇だった」といったタイトルのものが多く、見たことのある人も多いでしょう。

 

こうした作品で書かれる「転生」という事象、本当に起こりうるのでしょうか?

 

なお、私はこうしたアニメや漫画についてそう詳しいわけではありません。作品の解説に不備がありましたらご了承ください。

 


転生とは?本来の意味と漫画のものはやや異なる。

まず、「転生」という言葉の意味を確認したいと思います。
本来、転生とは、「死んだあとに新たな肉体に生まれ変わること」を指します。輪廻転生という言葉で語られるのがもっぱらでした。
本来の意味の転生は、生まれたばかりの胎児に宿って、新たな生を生きることを指します。

 

しかし、近年の漫画やアニメで語られる「転生」は、すでに10年、15年を生きている人の体に入ってその人生を生きる様子を指しています。

 


つまり、「転生」というよりも「ウォークイン」が描かれている。

すでに10年、15年と生きている人の体の中に、他の魂が宿る現象は、霊的真理としては「ウォークイン」と呼んでいます。
ウォークインの概念を知っている人はスピリチュアリストにもほとんどいません。
私のコラムでは時々言及があります。

つまり、「転生もの」の漫画やアニメで描かれている事象は、正しくは「ウォークイン」と言えます。
そしてつまり、こうした入れ替わりは、実際に起こりうるものです。
「朝気が付いたら、中世ヨーロッパの18歳のお姫さまだった!」ということは、起こりうるのです。

 


現実の世界で、ウォークインはほとんど起きていない。

「転生もの」の物語は非常にたくさんあり、「転生」する主人公は何千人もいるわけなのですが、実際にはそんなにたくさんのウォークイン現象は起きていません。

 

ウォークインは基本的に、新たな体に宿ったときに、「自分は入れ替わった」と気づく必要があります。そのためには、スピリチュアルや魂の知識をそれなりに持っている必要があり、かつ、ウォークインが起こせる特異体質である必要があるのです。
この条件を満たす人は非常に少なく、ウォークインが起こることはほとんどありません。

 


「転生もの」の影響で、ウォークインの発生が増える可能性がある!

「転生もの」のアニメや漫画は、大衆にスピリチュアルな教育をしようという意図は薄いでしょう。皆が注目するシチュエイションでエンターテイメントを描いているだけです。
しかし結果的に、ウォークインや魂の概念を理解する人は急増するでしょう。
これによって、「ウォークイン」が発生する機会が増える可能性があります。

 

たとえば、あなたの体に他の魂が宿ることが起こり得ますし、あなたのお子さんの体に他の魂が宿るかもしれないのです。

 


「あなた」が新しい人生を生きることはあまり期待できない。

「転生もの」のアニメや漫画では、主人公が新たな環境に生まれ変わり、その新鮮な環境で生き抜くさまを描きます。
このように、中世のお姫様だとかRPGのスライムだとか、まったく違った人生を生きることに憧れる人は多いのでしょう。
しかし残念ながら、あなたにウォークインが起こるとしても、「あなた」が新しい人生を生きることは、あまり期待できません。
ウォークインは人間にとって、「体を貸す・譲る」ことを指すものです。あなたは、リタイヤをする側です。今のその体を抜け出したあとは、少なくともしばらくは、霊界で人々を見守るような立場に就くでしょう。天使や妖精として浮遊するのです。
それはそれで新しい人生とも言えますが、肉体を伴って冒険や恋愛をすることはできません。

 

霊界でしばらく過ごしたあと、誰か他の人の体に、ウォークインの交代者として呼ばれることはあり得ます。あなたが何か得意分野を持っていればいるほど、呼ばれる可能性は高いです。
また、恋愛において自分から男性にアプローチできる女性は、ウォークインの交代者として呼ばれる可能性が高いです。

 


ウォークインが起こりうるのはどのような人?

ウォークインは、誰の体にも起こるものではありません。
特殊な体質を持つ人だけです。
これに該当するのは、クリスタルチルドレンです。天使や妖精の転生者の人々です。

 

地球人の魂は人生を放棄することはできないため、ウォークインが起こることはありません。一時的に霊媒的なチャネリングや低級霊憑依が起こることはあります。
インディゴチルドレンつまり宇宙人の魂を持つ人は、基本的にはウォークインが起こることはないですが、ごくまれに例外が発生する可能性が、0ではないようです。

 


ウォークインが起きたときの特徴は?

あなたやあなたの周りの人にこのような変化が見られたとき、ウォークインが発生した可能性が考えられます。

  • 大きな病気やケガで意識を失い、意識が戻ったあとから人格・好み・言動に変化がみられる。

  • 大きな病気やケガのあと、記憶喪失になった。

  • 異性の好みが大きく変わった。

  • 周りに貧困な「オールドソウル」がいる。

  • 食べ物の好みが急に大きく変わった。

  • 自分の体に大きな違和感を感じる。

ウォークインが起きたとには、異性の好み・食べ物の好みに変化が生じていることが多いです。

 

上記のような傾向があっても、ウォークインが起きたと確証することはできません。確実に知りたい場合、当サイトの管理人様にチャネリング相談で尋ねるとよいです。「私はウォークインをしましたか?」「娘はウォークインをしましたか?」といった具合です。
他のチャネラーで、ウォークインの概念を的確に説明できる人はほとんどいないです。

 


あなたのお子さんが「転生」することもありうるということ。

平成世代の日本人は、ほぼすべてがクリスタルチルドレンです。そして残りも宇宙人です。
すると、あなたのお子さんが、この「転生」を経験する可能性もあります。
そして、「転生もの」のアニメや漫画など好んでいるなら、なおさらその可能性は高いと言えます。
お子さんの好みや性格が大きく変化したとき、その新しい気質のほうにご家族が順応してください。

たとえば、これまでは「アニメーターになりたい」と言って美術の専門学校の資料など取り寄せていたのに、急に「旅行会社で働きたい」と言い出すかもしれないのです。
その好みの変化は、新しい人生を生きるために必要なものである可能性が高く、変化を受け入れてあげる必要がありそうです。