ガイド霊(守護霊)は嘘をつくことがあるの?

執筆者:れなさん

「真実を知る者」というイメージがあり、占いや心理カウンセリングよりも有効に思える、ガイド霊(守護霊)からのアドバイスです。
しかし、実は、ガイド霊も嘘をつくことがあります。

 


「嘘をつく」というか「真実を言わない」ことは非常によくある。

「嘘をつく」というニュアンスとはやや異なりますが、「真実を言わない」ことはよくあります。
たとえば、「私の旦那は信頼のおける人ですか?」とガイド霊(チャネラー)に尋ねたとします。あなたが不倫に対して視野が狭い場合、旦那さんに不倫の事実があるとしても、それを敢えてあなたに知らせないことがあります。
「信頼のおけない人です。お金の使い方がルーズで夫・父として頼りないです」などと説得力のある事情の1つを告げ、それで質問者の疑問自体は解決させます。

 

ガイド霊やアセンテッドマスターは、質問者の次元(視野の広さ)に合わせた回答をします。
理解できそうもないことは、初めから話さないのです。

 

私たちは、幼稚園児に虫歯の危険性を説明する際、バイキンマンのような生き物が歯を三又フォークで突き刺している絵を見せたりします。実際には虫歯菌とはこのようなものではないのですが、幼稚園児に理解しやすいように嘘をつきます。
これと似たようなことを、ガイド霊たちはたびたび行います。

 


出来そうもない使命は告げないこともある。

これも「真実を言わない」のニュアンスです。

「私の使命は何ですか?」とあなたがガイド霊(チャネラー)に尋ねたとき、本来の使命が今のあなたに出来そうもないものであったとき、それを言わずに他の課題を告げることがあります。
たとえば、本当の使命は「孤児院のようなものを造ること」なのですが、「子供を立派に育てることがあなたの使命です」と告げたりします。

 


天変地異についての情報は誰にも告げない。

これも「真実を言わない」のニュアンスです。

 

「富士山がいつ噴火するか」のような天変地異に関する情報は、基本的に誰にも告げません。
「人々が混乱するから」「負うべきカルマから逃避する人が現れてしまうから」「ストレスを背負うことになってしまうから」などと色々な理由があります。

ごく一部の人に対して、ごく一部の天変地異情報を告げることもあります。
しかし、それはブログで震災予知情報を発信するような人に対してではないです。大衆に知らせることは目的ではないからです。

 

逆を言えば、「来年の2月に関東大震災が来る!」などと地震予知などを書いているスピリチュアルブロガーは、ガイド霊ではなく低級霊と繋がってしまっているわけです。その人のチャネリングも人格も、信頼に値しないです。

 

「天変地異がある」とは告げずに「引越しなさい」とだけ告げて、天変地異から回避させることは、あります。とはいえ「引越しなさい」という忠告のすべてが天変地異の訪れを意味しているとはかぎりません。

 

なお、善人を天変地異で敢えて殺そうとすることもあります。生き延びることが幸せとは限りませんし、すでに使命を終えている人などもいます。

 


わかりにくいことは簡略化して伝える傾向。

たとえば、「私は精神の病気を抱えていますか?」とガイド霊(チャネラー)に尋ねたとします。その病気が霊能者や質問者の知らないものであったり、解釈の難しいものであるとき、「あなたは精神の病気ではない」と告げたり、「ウツ病の気がある」などと簡略化して告げたりすることがあります。
肉体的な病気についても同様です。

たとえば、「なぜ彼は私のもとを去っていってしまったのですか?」と尋ねたとします。こうしたケースも、彼の複雑な心理をありのままに告げるわけではなく、「あなたが感情の起伏が激しいからです」などと簡略化したりすることがあります。

 


古風な霊能者に、アセンション的な話はしない。

霊能者や占い師に対して、「年配の人のほうが信頼できる」と考えている人が多いでしょうか。しかし、そうでもありません。
年配の霊能者、古風な生き方をしている霊能者に対してガイド霊は、アセンション的な話をまるでしない傾向があります。
たとえば、アセンション的な理念から言えば、人はいつかは家族と絶縁して旅立たなければなりません。しかし古い世代の人々はこうした取り組みを必要としていないため、ガイド霊は霊能者に対して「人は家族の世話を全うすべき」といった家庭的な道徳観を繰り返し説いたりします。

 

古い道徳観念しか告げられない霊能者には、このような例があります。

  • 東北のイタコ、沖縄のユタなど伝統的な霊能者

  • 神社、教会などの宗教神職者

  • 宗教への信仰があつい霊能者

  • 陰陽師など伝統的な肩書きを名乗る霊能者

  • 着物めいた服装でセッションをする霊能者

  • 専業主婦など保守的な暮らしをする霊能者

  • バリ島、インド、ホピなどの土着的な霊能者(シャーマン)

 

また、1975年以前に生まれた霊能者の多くが、該当します。
(1976年生まれからがインディゴ世代です)

このような霊能者に「私は離婚すべきですか?」と相談すると、まず間違いなく「我慢すべき」と回答されるでしょう。「結婚すべきですか?」と相談すると、まず間違いなく「はい。立派な母になりなさい」と回答されるでしょう。
「芸術家を目指すべきですか?」と相談すると、「安定した職に就きなさい」と回答されるでしょう。

 


霊視はそもそも、ガイド霊からのメッセージでないことが多い。

「私はミュージシャンとして成功しますか?」などと相談しにいったとき、「あなたが大きなステージで歌っている姿が視えます。あなたはミュージシャンとして成功するでしょう」などと言われたことがあるでしょうか。
しかし、霊視で視えるものは、ガイド霊からのメッセージでないことも多いのです。霊能者のほとんどはこの事実を理解していません。
その霊能者の妄想、願望、決めつけなどが映像化されることがあります。
また、低級霊とつながっているのであれば、低級霊がでたらめな答えを視せることもあります。
霊視の霊能者は、あまりあてにならないのです。

そもそも、ガイド霊にもモナドにも神にも、未来を予知することはできません。

 


ツインレイ(運命の人)を教えないことがある。

仮に、あなたが私れなのツインレイ(運命の人)であるとします。あなたがチャネラーに「私のツインレイは誰ですか?」と尋ねても、ガイド霊は「答えられない」と告げてくるでしょう。
管理人様、匿名希望さんのツインレイにもこれが起こるはずです。一部の芸能人・有名人のツインレイにも起こり得ます。

 


オーラ診断で異なる数字を示すことがある。

管理人様の提供している「オーラ診断」においても、ガイド霊の中には真実でない数字を示すことがあります。
これには様々なケースがあります。

まず第一に、初級・中級のガイド霊は採点能力が低く、真実を回答しているつもりでも、やや誤った回答になる傾向です。
また、初級・中級のガイド霊は採点がやや甘いようです。

第二に、オーラの成長に夢中になるべきでない人に対して、敢えて高めの採点をして満足させ、気を反らそうとすることがあるようです。
オーラの成長に夢中になるべきでない人というのは、ウツ病気質の人、完璧主義すぎる人、現実生活の中で背負うべきことがある人、などです。
たとえば、小さな町の町長さんを優秀にこなしている人に対して、「全色70点」などと示したりするでしょう。オーラ成長のことを考えると地方自治がおろそかになったり、役職を放棄したりしなければならないことがあるからです。

 


低級霊に繋がってしまっている可能性がある!

「ガイド霊が嘘をついた」のではなく、「低級霊に嘘をつかれた」ケースが多いです。
管理人様にチャネリング依頼をする場合はこれは起こり得ないですが、巷の霊能者・チャネラーに依頼したり、あなたが自ら霊視・霊聴をした場合には、これが起こり得ます。

 

低級霊は「私は大天使です」「私はアシュタールです」「バシャールです」と名乗ったり、ガイド霊のフリをしたりします。よほど悟った人でないと、それが低級霊かどうかを暴くことはできません。
大天使の姿を視せたり、観音様、ギリシャ神話的な女神の姿などを視せたりもします。簡単に変装が出来るのです。

 

ガイド霊が大天使のフリなどすることが、少々あります。
小さな子供や、スピリチュアルの初心者に対して、女神のような姿を示して真面目な啓示を告げることがあります。甘やかすような内容ではないでしょう。「あなたは宇宙人ですから皆を引っ張ってください」とか「あなたの資産で孤児院を建てなさい」といったことです。
ドリーン・バーチューの本を読んだことがある、ヒーリングを幾つか受けたことある、といった人は「初心者」には該当せず、このようなスピリチュアル好きな人々が女神や大天使めいた姿を視た場合、それはほぼ間違いなく低級霊のそそのかしです。

 


他にも様々な事例があります。

ガイド霊は、嘘をつくことがたしかにあります。
基本的に、悪意はなく、何かやむない事情があってのものです。

しかし、ガイド霊のフリをした低級霊にでたらめを告げられているケースは多いです!商業チャネラーは大抵、低級霊とつながってしまっています。(低級霊とつながっていることに気づいていません)

ガイド霊に、「あなたは自由に生きていい」とか「その不倫に飛び込んでかまわない」などと誘惑的なことを言われ、それが真実なのか戸惑う場合、当サイトの管理人様に、チャネリング相談をするとよいです。「ガイド霊に〇〇と言われたのですが、これは真実ですか?低級霊にたぶらかされてしまっていますか?」などと聞くとよいです。
(「不倫してもよい」とガイド霊が言うことも、まれにあります。)

 


ガイド霊(守護霊)だけでなく、アセンテッドマスター、大天使、妖精、龍などについても同様なことが言えます。ガイド霊じゃなくて大天使をチャネリングすれば真実を教えてくれる、という問題ではありません。