インディゴとクリスタルは生き方が違う?

執筆者:れなさん

アセンション達成に興味がないとしても、ある程度は自己成長に興味を持つべきでしょう。または、社会に貢献しながらハツラツと生きるべきでしょう。
「自分なりに自己成長したい!」と意気込んでいる人は多いのではないでしょうか。
そうは言っても、虹の7色を多面的に鍛えていくのは至難の業です。
その場合、まずは「自分のやるべきこと」を強化していくとよいです。
そしてこれは、インディゴチルドレンかクリスタルチルドレンかで大まかに大別できます。

 


インディゴは切り拓く人。クリスタルはサポートをする人。

大まかに言って、インディゴチルドレンは指導者の役割を果たすべきです。
物事を始動させ、それを采配していきます。
これを実現するためには、高い知性と識別力が大切です。オーラで言えばイエローとロイヤルブルーですね。

大まかに言って、クリスタルチルドレンはサポートの役割を果たすべきです。
精神性の高い指導者を見極めて、彼のプロジェクトを手伝います。スタッフであり、メイドさんです。
これを実現するためには、体力と献身性が大切です。オーラで言えばレッドとヴァイオレットですね。

 


インディゴチルドレンは世界を切り拓く。

インディゴチルドレンは、今の社会に迎合するのではなく、より良い概念に気付き、より良い概念を切り拓くことが大切です。
会社の規則に従順に従うことよりも、「女性社員のためにはオフィスを禁煙にしたほうがよいのでは?」と提案し、その改革を行っていくような生き様が理想的です。持ち前の知性を使って、戦わずに平和に改革を行いましょう。
マンションでの物々交換会を催したり、自給自足の魅力を発信したりします。
自ら頭を使って動くことが大切です。
宗教信仰をすることはあまり良くないです。

 


クリスタルチルドレンはサポート役で後押しをする。

クリスタルチルドレンは実働部隊です。
知性も識別力もあまり高くないため、ビジネスなどプロジェクトを企画しようとしてもあまり上手くいかないでしょう。人を甘やかすようなもの、快楽的なものになってしまいがちで、かえって社会の精神性を下げてしまいがちです。
それよりも、「この人は素晴らしいプロジェクトをしている!」と尊敬できる人を見つけたなら、その人のお手伝いをしましょう。実務をこなしたり、宣伝をしたりします。

 


クリスタルチルドレンは頭が良くなくてもよい。

極端に言えば、クリスタルチルドレンはあまり聡明でなくてもよいです。
勉強の能力はあまり高くなくてもよいので、誰かの手伝いをしてあげましょう。頭ではなく、体を使って貢献すればよいです。
ビラ配りを手伝ってあげたり、ご飯を作ってあげたりします。可愛い顔や微笑みで癒してあげる、といったことも良いです。チアガールのようなこともクリスタルチルドレンたちの重要な役割です。

 


誰を助けるのか?その識別力は大切!

クリスタルチルドレンはあまり頭がよくなくてもよいです。難しい論文が読めなくてもよいです。
しかし、「本当に優れた人は誰?」それを見極める識別力は大切です。
たとえば、握手券商法をする音楽プロデューサーに献身することは有意義でしょうか?それは悪魔に仕えているのと同じです・・・

 


恋愛と手助けを兼ねてもよいです。

クリスタルチルドレンは、霊界にいたときの習性から、献身性が強い傾向にあります。主人を見つけて、誰かに従いたいのです。しかし、身を挺して奉仕をするほどの自己犠牲心はないでしょう。何かの見返りがないとがんばれない傾向にあります。
そのため、「奉仕をしよう」などと崇高に気張らなくてもよいです。
恋愛的な動機によるものでもよいでしょう。「彼のお手伝いをすれば彼と二人で会えるから」といった動機でよいので、優れた(精神性の高い)人のお手伝いをしましょう。

あなたの尊敬する人が特に手助けを欲していないなら、彼のチアガールになってあげるのもよいです。

 


チャネリング鑑定を受ければわかります。

私はインディゴチルドレンかクリスタルチルドレンか?
それは、当サイトの管理人様にチャネリング相談を依頼すれば的確にわかります。メールで回答してもらうことができます。
巷のチャネラーの中には、インディゴチルドレンやクリスタルチルドレンの定義をあまりよくわかっていない人も多いので、注意が必要です。